Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

チ・チャンウク(韓国俳優)のプロフィール

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 3

チ・チャンウク-韓流スターのドラマとプロフィール

チ・チャンウク(韓国俳優)のプロフィールとドラマ情報


チ・チャンウクのパーソナルデータ

チ・チャンウクは高校生時代に俳優を目指して、檀国大学校公演映画学部へ進学しました。
大学生時代は、短編映画やミュージカルに出演し、21歳の頃に大学路の小劇場のオーディションを受けてミュージカルに出演して2008年には、映画「スリーピングビューティー」で本格デビューを果たしました。
2009年ドラマ「ソル薬局の息子たち」に末っ子として出演し注目を集め、2010年最高視聴率51.4%を記録したドラマ「笑ってトンヘ」で主演に抜擢され、一躍名前を知られるようになります。
2013年ドラマ「奇皇后」では、元の皇帝を好演し、愛嬌を振る舞う姿や権力者の顔色を覗う姿、そして父の復讐を誓い狂気に満ちた姿など、さまざまな姿を完璧に演じ高く評価されました。 photo by: wowkorea
-スポンサーリンク -
  • 名 前: チ・チャンウク(Ji Chang Wook)
  • 生年月日: 1987年 7月 5日(30歳)
  • 身長: 182cm
  • 趣味/特技 : 運動、ゲーム、映画鑑賞
  • 学歴:檀国大学校文化芸術大学院公演芸術学科
  • デビュー:2007年 映画『スリーピングビューティー』

チ・チャンウクのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2014年 MBC 『奇皇后』
元皇后「キ・スンニャン」の波乱の人生ドラマです。
元の皇帝タファン役のチ・チャンウクはチュ・ジンモと恋のライバル争いを繰り広げます。
「奇皇后」のあらすじと感想
2012年 SBS 『蒼のピアニスト』
チュ・ジフン、5年ぶりのドラマ出演作品として、注目を浴びたドラマです。
会社の後継者と最高のピアニストの座を巡り、母と子、兄と弟、それぞれの葛藤がリアルに描かれているドラマです。
イケメン 2人の主役、チュ・ジフンとチ・チャンウクの対決がこのドラマを一層盛り上げています。
このイケメン二人に愛されるヒロインは、『わたしの娘 コン二ム』のチン・セヨンが演じています。
また心のうちに、野望を抱えた母を演じているチェ・シラの鬼気迫る演技も注目です。
蒼のピアニスト
2011年 チャンネルA 『僕らのイケメン青果店』
青果店に夢をかけた青年たちのサクセス・ストーリーです。
チ・チャンウクは、屈託のない笑顔を武器に、青果市場のシンドロームとなるテヤンを伸びやかに演じています。
僕らのイケメン青果店
映画
  • 2013年 『男子取扱説明書』
  • 2010年 『コ死2』
  • 2008年 『スリーピングビューティー』
最近の受賞歴
  • 2014年 KBS演技大賞 ベストカップル賞
  • 2014年 KBS演技大賞 男性人気賞
  • 2013年 MBC演技大賞 特別企画部門 優秀演技賞
  • 2013年 第7回 ザ・ミュージカル・アワード 新人男優賞
  • 2011年 SBS演技大賞 ニュースター賞
  • 2011年 KBS演技大賞 連続ドラマ部門 優秀演技賞
チ・チャンウク公式サイト:
参考サイト
チ・チャンウクの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る