Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

ハン・ジェソク(韓国俳優)のプロフィール

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 3

ハン・ジェソク-韓流スターのドラマとプロフィール

ハン・ジェソク(韓国俳優)のプロフィールとドラマ情報


ハン・ジェソクのパーソナルデータ

洗練されたマスクとスマートな演技でドラマの人気に帆をかけたハン・ジェソク。
1994年「最後の恋人」でデビューし、翌年SBSドラマ「ジャズ」でスターダムにのし上がります。
エキゾチックな顔立ちとしっかりした演技力の持ち主でもあり、最もハン・ジェソクの演技が光った作品はMBCドラマ「バラとモヤシ」でした。
2013年には女優パク・ソルミと結婚しました。 photo by: wowkorea
-スポンサーリンク -
  • 名 前: ハン・ジェソク(hanjaeseuk)
  • 生年月日: 1973年8月12日(45歳)
  • 身長: 175cm
  • 趣味/特技 : スキー、水泳
  • 学歴:延世大学体育教育科
  • デビュー:1994年 MBCドラマ『最後の恋人』

ハン・ジェソクのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2018年 テレビ朝鮮『大君』~愛を描く~

photo by: TV朝鮮

15世紀の李氏朝鮮初期を時代背景に王座と1人の愛する女性ジャヒョンを巡って二人の王子が相争う姿を描いたドラマ。
イ・ガン(チニャン大君、後にスヤンテグン、世祖)は王(世宗)の次男であり、偉大な祖父イ・バンウォン(李成桂の5男で第3代国王の太宗)に憧れ、次期国王を狙う野心家。
王世子イ・ヒャン(世継ぎ)の兄、八方美人的天才の弟イ・フィ(ウンソン大君)の間に挟まれその才能を認めさせる事ができないままでした。
そして友達のようにして育った弟を・・・。
ハン・ジェソクは、ジャヒョンの兄役で登場します。
『大君』~愛を描く~
2012年 チャンネルA『キムチ~不朽の名作~』
現代版「宮廷女官チャングムの誓い」とも呼ばれる、 韓国のソウルフード“キムチ”を題材にした家族の絆、愛と葛藤のドラマです。
ハン・ジェソクは、ユギョン病院神経外科医、宗家24代目のキム・ソンジュン役を演じました。
キムチ~不朽の名作~
2012年 KBS『ウララ・カップル』
ダンナが私で私がダンナ? ある日突然入れ替わり!?本当の愛を見つけるために、2人 に起こったミラクルなアクシデントストーリーになっています。
ハン・ジェソクはヨオクの初恋の相手、新任のホテル総支配人チャン・ヒョヌ役として出演しております。
ウララ・カップル
2010年 KBS 『キム・マンドク』
18世紀の朝鮮王朝時代が描かれた作品です。
朝鮮時代最高の巨商で、済州島の女性商人で都の漢陽で孤児として育ったキム・マンドク(ホン)役をイ・ミヨンが熱演しました。
ハン・ジェソクはホンの初恋の相手、平市署主簿のチョン・ホンス役を好演しております。
キム・マンドク
2008年 KBS 『太陽の女』
運命に逆らい大陽を求めた女の孤独と悲しみを描いたドラマです。
キム・ジスが、ヒロイン、ドヨンの孤独と悲しみを見事に体現し、深みのある人物像を作り上げています。
開始直後の視聴率は、さほどのものではありませんでしたが、回を追うごとに、緊張感に満ちたストーリー展開で、数字を伸ばし、最終回は最高視聴率 27.3%を記録した作品です。
太陽の女
映画
  • 2010年 『クイズ王』
  • 2010年 『ビールが恋人よりいい七つの理由』
  • 2010年 『オンピックス』
最近の受賞歴
  • 2002年 SBS演技大賞10大スター賞 演技賞
参考サイト
ハン・ジェソクの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る