Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

ユ・スンホ(韓国俳優)のプロフィール

この記事を読む時間は: 2

ユ・スンホ-韓流スターのドラマとプロフィール

ユ・スンホ(韓国俳優)のプロフィールとドラマ情報


ユ・スンホのパーソナルデータ

2000年のドラマ『カシコギ』で子役として出演、以来ドラマを中心に、映画でも芸能活動を続けています。
2002年には、映画『おばあちゃんの家』で主演を務めるなど、人気実力とも認められていきました。
2007年には、話題のヒットドラマ『大王四神記』では、ぺ・ヨンジュンの子供時代を演じ、好評を博しました。
2010年には日本でヒットしました韓国版『ドラゴン桜』に高校生役で出演、大人気になり、韓国では、“国民の弟”と呼ばれ、親しまれています。 photo by: wowkorea
-スポンサーリンク -
  • 名 前: ユ・スンホ(You Seungho)
  • 生年月日: 1993年 8月 17日
  • 身長: 175cm
  • 趣味/特技 : インターネット、コンピューターゲーム、ローラーブレイド
  • 学歴:白新高校
  • デビュー:2000年ドラマ『カシコギ』

ユ・スンホのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2012年 MBC 『会いたい』
初恋の痛みを抱える主人公ジョンウを演じた、パク・ユチョンの演技力の素晴らしさに“ユチョン病”にかかる廃人を多く生み出した、ドラマとして話題になりました。
主人公たちが心の傷を乗り越え、互いに癒し合っていく姿は、涙なしには見られない感動作です。
ユン・スンホは、死んだ会長の遺産を引き継ぐ子、ヒョンジュン役を見事に演じています。
会いたい
2010年 KBS 『ドラゴン桜 韓国版』
経営破たん状態に陥った三流高校を立て直すべく、学校を訪れた弁護士のカン・ソクホ。
そこで韓国トップの天下大学に、5名以上の合格者を出すことを約束することになります。
その 5名に選ばれたのが、落ちこぼれの 5人組であった。
その中の一人、ベクヒョンを演じていますのがユ・スンホです。
成績は 5人の中でもビリという最悪の生徒だが、TARAのジョンから思いを寄せられる役です。
2007年 SBS 『王と私』
悲劇の王妃ク・へソン演じるソファを愛した男が、辿る数奇な運命を描いた時代劇ラブ・ストーリーです。
その悲劇の男は成宗で、1469 年第 9 代王となり、王室安定のため大臣の娘を王妃に迎えることになります。
その成宗の子供時代を演じているのがユ・スンホです。
ソファの子供時代を演じたパク・ボヨンと息の合った演技を見せています。
王と私
映画
  • 2011年 『ブラインド』
  • 2009年 『71』
  • 2009年 『プサン釜山』
  • 2009年 『4時間目推理領域』
  • 2008年 『ソウルが見えるか?』
  • 2006年 『マウミ』
  • 2004年 『非日常的な彼女』
  • 2002年 『おばあちゃんの家』
最近の受賞歴
  • 2010年 第26回コリアベストドレッサースワン賞『ローラーブレイド』
  • 2009年 MBC演技大賞 新人賞
  • 2009年 第4回アンドレ・キム・ベストスター賞
  • 2008年 SBS演技大賞 子役賞
  • 2007年 第1回大韓民国映画祭演技大賞 子役賞
  • 2005年 KBS演技大賞 青少年演技賞
参考サイト
ユ・スンホの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る