Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

ユ・ドングン(韓国俳優)のプロフィール

この記事を読む時間は: 2

ユ・ドングン-韓流スターのドラマとプロフィール

ユ・ドングン(韓国俳優)のプロフィールとドラマ情報


ユ・ドングンのパーソナルデータ

1980年にTBC公募タレント23期としてデビューしたユ・ドングン。
「龍の涙」や「明成皇后」などの時代劇ドラマへの出演が多く「王様俳優」と呼ばれていましたが、本人はそれにこだわっておらず、現代劇やコミカルな演技を披露し、今ではいなくてはならない俳優となりました。 photo by: innolife.net
-スポンサーリンク -
  • 名 前: ユ・ドングン
  • 生年月日: 1956年 6月 18日
  • 身長: 177cm
  • 趣味/特技 : 水泳
  • 学歴:ソウル芸術大学演劇科
  • デビュー:1983年 KBSドラマ『霧』

ユ・ドングンのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2014年 KBS 『鄭道伝』
高麗末の乱世を乗り越えて易姓革命を成し遂げ、朝鮮建国の功臣として名を馳せた鄭道伝(チョン・ドジョン)の波乱万丈な生涯を描いた作品です。
朝鮮建国の功臣として名を馳せた鄭道伝役をチョ・ジェヒョンが演じています。
鄭道伝
2013年 MBC 『九家の書』
気分爽快な勧善懲悪人間ドラマと切ないラブロマンスを行き来する絶妙な演出、それに加え幻想的な世界観と映画並みの映像美で視聴者を魅了した作品です。
九家の書
2006年 SBS 『淵蓋蘇文』
高句麗後期の英雄たちの姿を描く歴史スペクタクルドラマです。
ユ・ドングンは主役ヨンゲソムンの壮年期役を演じました。
韓国歴史ドラマ『ヨンゲソムン(淵蓋蘇文)』全話のあらすじ
2001年 KBS 『明成皇后』
19世紀末の朝鮮時代における実質上最後の王妃・明成皇后(閔妃)の生涯を描いた作品。
ユ・ドングンが演じた興宣大院君は英祖の直系の曾孫である南延君の4番目の息子で、明成皇后と比肩する人物と言えるでしょう。
明成皇后
1996年 KBS 『龍の涙』
朝鮮建国のきっかけとなった“威化(ウィファ)島回軍”という歴史的な事件から始まり、朝鮮の建国、朝鮮王朝最大の骨肉争いと言われる「第一次・二次王子の乱」を経て、「ハングル発明」という朝鮮王朝最大の偉業を成し遂げた第4代目王「世宗(セジョン)王」までの話を壮大なスケールで描いていた作品。
龍の涙
映画
  • 2005年 『野獣』
  • 2003年 『肩組み』
  • 2003年 『初恋射手決起大会』
  • 2002年 『家門の光栄』
最近の受賞歴
  • 2007年 コリアドラマフェスティバル 演技大賞
  • 2002年 青竜映画祭助演男優賞
  • 2002年 KBS演技大賞
  • 2002年 第38回百想芸術大賞TV部門人気賞、第25回韓国放送大賞男タレント賞
  • 1998年 第34回百想芸術大賞 TV部門男演技賞
  • 1997年 KBS演技大賞
  • 1897年 第33回百想芸術大賞TV部門男演技賞
  • 1990年 KBS演技大賞
参考サイト
ユ・ドングンの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る