Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

キム・ボムレのプロフィールとドラマ情報

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 3

キム・ボムレのプロフィールと出演したドラマなどを紹介しています。

彼は1995年に音楽劇で先にデビューし、2005年にドラマで本格的に俳優にデビューしましたが、それに続いて2012年には映画にも出演しました。

最近は、ミシングナインのジャン・ドパル役で多く知られています。

photo by: kstyle
-スポンサーリンク -

声が魅力的

2017年の春には、MBCの『覆面歌王』に出演して、アコディアンメンという芸名で準決勝まで上がったことがありました。

特有の太い低音の声なので非常に印象的であり、声が格好いいという理由で彼が好きな女性ファンもかなり多いようです。

響く低音の声と逞しい体格で男らしいながらも、神社のような魅力を持つキム・ボムレ。
彼はミュージカルから始めてドラマ、そこに続き映画まで多様に活動しているんですが、演技力も素晴らしいので多くの作品にサブキャラとして登場する俳優でもあります。

キム・ボムレのパーソナルデータ

  • 名 前: キム・ボムレ
  • 生年月日: 1970年7月24日(48歳)
  • 学歴:慶煕(キョンヒ)大学声楽科学事
  • デビュー:1995年
  • 所属事務所:JUSTエンターテインメント

キム・ボムレのドラマ・映画出演作品

ドラマ
  • 2017年『憎くても愛してる』(KBS)
  • 2017年『品のある彼女』(JTBC)
  • 2017年『ミシングナイン』(MBC)
  • 2016年『獄中花』(MBC)
  • 2015年『華やかな誘惑』(MBC)
  • 2015年『仮面』(SBS)
  • 2015年『ジャンビロク』(KBS)
  • 2015年『輝いたり狂ったり』(MBC)
  • 2014年『ドクター・プロスト』(OCN)
  • 2014年『三銃士』(tvN)
  • 2014年『トロットの恋人』(KBS)
  • 2013年『ツーウィークス』(MBC)
  • 2005年『ドラマシティ:みんなで一緒にチャチャチャ』(KBS)
2017年『憎くても愛してる』(KBS)

最近に出演した『憎くても愛してる』でキム・ボムレは、従来のイメージにふさわしくジーニアスビューティーセンターの理事であり、主人公であるソクピョの遠い親戚であるク・チュンソを演じました。
この作品は幼い時に母を失ったウンジョが母のような存在であるヘンジャとの葛藤から、真の家族としての連帯感を探してすべてを失った後に再び始める時期に人生の花を咲かせる女性の人生を描いたドラマです。

憎くても愛してる

2017年『品位のある彼女』

この作品は、江南のセンターに位置している富裕層上流社会と、その上流社会に入城するための下流の赤裸な戦いと暗闘そして上流層の富豪たちの傲慢でけれん的な生活の虚像が明らかになり、亀裂する姿を描くドラマです。
ここでキム・ボムレはヒョジュの夫であり、元ヤクザ出身でありながらレジデンスグランプリの社長であるソ・ムンタクを演じました。

映画
  • 2017年『南漢山城』
  • 2015年『悪人は生きている』
  • 2013年『隠密に偉大に』
  • 2013年『愛のじゃんけん』
  • 2012年『スパイ』
ミュージカル
  • 2018年『三銃士』
  • 2015年『風と共に去りぬ』
  • 2014年『ボイチェク』
  • 2014年『ボニー&クライド』
  • 2013年『ジャック・ザ・リッパー』
  • 2012年『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』
  • 2011年『愛は雨に乗って』
  • 2010年『ブロードウェー42番街』
  • 2008年『本当に本当に好き』
  • 2008年『クレオパトラ』
  • 2008年『ロミオ・アンド・ベルナデット』
  • 2008年『ノートルダム・ド・パリ』
  • 2007年『明成皇后』
  • 2006年『風の国』
  • 2005年『お嬢さんとやくざ』
  • 2005年『カルメン・ザ・ミュージカル』
  • 2005年『ルーナティック』
ユン・ジョンフンの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る