Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

コ・ビョンワンのプロフィールとドラマ情報

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 2

コ・ビョンワンのプロフィールと出演したドラマなどを紹介しています。

KBSの120部作連続ドラマである『憎くても愛してる』では、ピョ・イェジンと姉弟のケミを発散して、20%に近い視聴率を維持するのに一助しました。

-スポンサーリンク -

テコンドー選手から心機一転

テコンドー選手としてスタートして、俳優の道に入ることになったコ・ビョンワン。

彼は選手として活動した当時、テコンドーというスポーツをやっているだけに、負傷も多く、苦労もしていました。

テコンドー選手出身の彼は、運動もしたのに何が不可能だろうかという思いで、俳優の道に挑戦したらしいです。

最後まで運動を専門にしようとしましたが、結局役者としての道を選ぶことになりました。

俳優としての目標

長い呼吸を必要とするドラマに相次いで出演した彼の覚悟もひとしおです。

今すぐ売れるか売れないかが重要なのではなく、演技力を通じて長く生き残ることがもっと重要だと思うとのこと。

ちょっと売れてから、また消えてしまう星にならないようにしようが、まさにコ・ビョンワンが言う俳優としての目標です。

そのため、誰よりも演技で輝く俳優になりたいと考えています。

コ・ビョンワンのパーソナルデータ

  • 名 前: コ・ビョンワン
  • 生年月日: 1993年7月5日(25歳)ソウル特別市
  • 学歴:世宗(セジョン)大学映画芸術学科休学
  • デビュー:2017年MBCドラマ『泥棒め、泥棒様』

コ・ビョンワンのドラマ・映画出演作品

ドラマ
  • 2017年『憎くても愛してる』(KBS)
  • 2017年『泥棒め、泥棒様』(MBC)
2017年『憎くても愛してる』(KBS)

連続ドラマである『憎くても愛してる』で、ヒロインのギル・ウンジョの弟であるギル・ミョンジョを演じた彼。
ミョンジョは序盤に、ヘンジャとウンジョの間で二人を仲裁する役割をしていたのですが、グンソプとインウ。そしてブシクという敵が登場し、ますますヘンジャの息子ポジションで、断固に行動する姿が格好よく感じられるキャラクターでもありました。
実際、彼はこのキャラを演じるために、1年の間努力して、体と心まで疲れてしまい休憩を取っている状態だということです。

憎くても愛してる

2017年『泥棒め、泥棒様』(MBC)

この作品は、文化放送で2017年5月13日から11月5日まで放映された週末ドラマで、韓国を操縦する既得権勢力に対抗し、て致命的な打撃を与えた泥棒たちの話を描いています。
特に、不正な方法で金を横領する悪徳官吏らの財物を盗んで、これを生計が困難な者に暗暗裏に分けてくれて助けることが、洪吉童伝や一枝梅のオマージュのように見えて印象的な作品でもあります。
この作品でコ・ビョンワンは、ハン・ジュンヒやカン・ソジュと一緒に仕事をする、捜査官のソン・グクヒョンを演じましたが、この作品が、彼のデビュー作であるだけに、新人であるにもかかわらず、比重のある役を担当して安定的な演技を見せ、視聴者たちによい印象を残したりもしました。

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る