Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

クァク・ヒソンのプロフィールとドラマ情報

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 4

クァク・ヒソンのプロフィールとドラマ情報

小学校卒業後フランスへ留学し現地の音楽学校を終了したクァク・ヒソンはチェロ、ピアノ、ギターなど楽器を巧みに弾くことができ、多彩な音楽活動を可能にしています。

2012年結成されたK-POP 3人グループのEDENは翌年2013年7月に日本デビューを果たします。

『花を咲かせろ!イ・テベク』の挿入歌でもある「Never Cry」が日本で発売されました。

7月のライブでは坂本九さんの「スキヤキ」という歌が好きで、ライブでも披露しています。

2014年6月に再度来日しています。

フランス語、英語、日本が堪能で、通訳業もこなす知的な俳優です。

国際的な舞台で活躍が期待されます。

2018年入隊し、仲間たちとの仲の良い写真が公開されています。

photo by: wowkorea
-スポンサーリンク -

男優としてのクァク・ヒソン

2012年デビュー作『約束の恋人』では北朝鮮軍部のホープという重要な役を演じています。

また財閥の御曹司の役や婚約者がありながら他の女性を好きになる役も演じています。

時代劇や短編ドラマなどにも精力的に活動しています。

それぞれ全く違った役柄を演じて人々を驚かせました。

多彩な芸能活動

EDENというK-POPグループのギターとヴォーカルを担当しており、日本の大阪と東京でのコンベンションライブは大変な盛り上がりを見せました。

CM でも活躍しOlleh KTの広告撮影を行い、月刊誌「The Lotte Homme」にも掲載されました。

理想のタイプ

ダソムとのツーショットの写真をクァク・ヒソン自身のツイッターに載せています。

クァク・ヒソンの理想のタイプはダソムで、『愛は歌に乗って』の制作発表会では「ダソムが好きです」と語っています。

筋肉トレーニングを欠かさず行う運動マニアで体脂肪率はとても低いです。

クァク・ヒソンのパーソナルデータ

  • 名 前: クァク・ヒソン
  • 生年月日: 1990年4月18日(28歳)
  • 身長:185m
  • 学歴:中央大学 仏語仏文学科卒?
  • 特技:フランス語、チェロ、
  • 趣味:射撃、カーレーシング、柔道、インラインスケート、スノーボード
  • デビュー:2012年『約束の恋人』

クァク・ヒソンの主なドラマ・映画出演作品と解説

ドラマ
  • 2012年 TV朝鮮『約束の恋人』
  • 2013年 KBS『花を咲かせろ!イ・テベク』
  • 2013年 SBS『結婚の女神』
  • 2013年 KBS『不寝番を立てろ』
  • 2013年 KBS『愛は歌に乗って』
  • 2014年 SBS『秘密の扉』
  • 2015年 MBC『幸せのレシピ~愛言葉はメンドロントット』
  • 2015年 KBS『嫁は崖っぷちアイドル』
  • 2015年 SBS『ジキルとハイドに恋した私?Hyde, Jekyll, Me?』
  • 2015年 MBC『最高の恋人』
  • 2017年 SBS『猟奇的な彼女』
  • 2017年 DORAMAX『シングルワイフ』
  • 2017年KBS『あなたは思ったより近くにいる』
2015年 MBC『最高の恋人』

ブティックで働く見も知らないアルム役カン・ミンギョンにいきなり偽恋人役を頼まれ、あたふたしながらもアルムを助けるドリームファッション部長役をクァク・ヒソンは演じています。
ミンギョンはフィアンセがいますが次第にアルムを好きになっていきます。
全116話の長編ドラマです。

2015年 SBS『ジキルとハイドに恋した私?Hyde, Jekyll, Me?』

除隊後初のドラマ出演したヒョンビンが題名通り2つの人格を持つ難しい役に挑戦したドラマです。
『イ・サン』でおなじみのハン・ジミンがヒョンビンの恋人役ハナを務めます。
ソジン役ヒョンビンの運転手の役をクァク・ヒソンが演じていますが、運転手は仮の姿で実は警護チーム長です。
寡黙でソジンと共に行動しいつもソジンを守ります。

2017年DORAMAX『シングルワイフ』

デザイナーのイ・ラヒ役オム・ヒョンギョンは3年前ソンヒョクと離婚しました。
御曹司のホテル代表を務めるファン・ジェミン役クァク・ヒソンと結婚する予定です。
彼女は時代劇『馬医』で怖いもの知らずの舎岩道人の弟子役も演じていますが、それに通じるものがイ・ラヒの役作りにも反映されていて、楽しい恋愛ドラマになっています。

2017年 SBS『猟奇的な彼女』
原作小説をもとに歴史ドラマとしてリバイバルさせた作品で、物語の舞台を朝鮮時代に移し、朝鮮最高のカドナム(プライドの高い都会的な男)と呼ばれるイケメン貴公子のキョン・ウ(チュウォン)が、「猟奇的な彼女」、ヘミョン王女(オ・ヨンソ)に振り回されるというラブコメです。クァク・ヒソンは、キョン・ウの幼なじみ、ダヨンに片想い役を演じました。
『猟奇的な彼女』あらすじ
音楽作品
  • 2013年 「Never Cry」ドラマ『花を咲かせろ!イ・テベク』の挿入歌
  • 2014年 「One Love」ドラマ『君たちは包囲された』の挿入歌
  • 2014年 「A New Hope」ドラマ『夜警日誌』の挿入歌
  • 2014年 「Come to Me」ドラマ『夜警日誌』の挿入歌
クァク・ヒソンの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る