Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

イ・チャンウクのプロフィールとドラマ情報

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 4

イ・チャンウクのプロフィールとドラマ情報

イ・チャンウクは、アパレルブランドのオーディションに3位で入賞し、2003年にモデルとして活動を始めました。

その後、俳優になる夢を追うため大学で演技の勉強を学ぶことを考えます。

そして何度も大学受験に挑戦し、合格できてから兵役につきます。

大学で演技の勉強を始めたのは除隊後であり、それと同時にモデルの仕事を辞めました。

兵役を済ましておいた方が俳優業を継続できるという思いから、早く入隊することを選びました。

しかし、入隊後も良い俳優になることをよく考え大学復学後は、声楽や現代舞踊、武術の勉強なども学びました。

長い下積み生活では、ミュージカル、舞台、ドラマとジャンルにこだわることなくエキストラ出演もしました。

また、数々のオーディションに挑みましたが、受けても受けても落ちることに傷心し1ヶ月ほど引きこもる生活を送ったこともあります。

そんな努力が今のイ・チャンウクを作り、今後の活躍にも活かされていくことでしょう。

photo by: bs-asahi
-スポンサーリンク -

俳優としてのイ・チャンウク

メインキャストに近い初めての大役は、2016年KBSドラマ『私の心は花の雨』でした。

過去に出演した2014年KBSドラマ『カッコウの巣』を見たスタッフに声を掛けてもらい役を得ることができました。

『カッコウの巣』では褒められた男性ではない役を演じましたが、2017年 KBS『恋の花が咲きました/ ムクゲ(ムグンファ)の花が咲きました 』でも、似た様なろくでもない男性を演じました。

トレビア

まだまだこれからの俳優であるイ・チャンウクの情報は少なく、名前を検索しても『チ・チャンウク』の情報ばかり出てきてしまいます。

内容はイ・チャンウクなのに、添付画像はチ・チャンウクという残念なものもありました。

もともと同姓同名も多いようです。

しかし、大学で学んだ声楽が活かされ、『低音の魅力』を挙げるファンもいます。

40代になったら企画や制作にも携わっていきたいという新たな目標も持っています。

イ・チャンウクのパーソナルデータ

  • 名 前: イ・チャンウク
  • 生年月日: 1984年7月2日(33歳)
  • 身長:182cm
  • 学歴:世宗大学校 映画芸術学科卒業
  • 特技:ミュージカル歌、声楽、舞踊
  • 趣味:歌、運動、映画鑑賞、ボクシング、バスケットボール、水泳、読書
  • デビュー:2003年モデル

イ・チャンウクの主なドラマ・映画出演作品と解説

ドラマ
  • 2012年 MBC『Dr.JIN』
  • 2013年 MBC『ホジュン~伝説の心医~』
  • 2014年 MBC『棘<トゲ>のある花』
  • 2014年 KBS 『カッコウの巣』
  • 2014年KBS『ゴールデンクロス』
  • 2015年 KBS『今日から愛してる』
  • 2016年 KBS 『私の心は花の雨』
  • 2017年 KBS『恋の花が咲きました/ ムクゲ(ムグンファ)の花が咲きました 』
  • 2017年SBS『イ判サ判』
2013年 MBC 『ホジュン~伝説の心医~』
朝鮮王朝時代の名医ホ・ジュンの波瀾万丈の生涯をドラマティックに描いた歴史ドラマです。
イ・チャンウクは、ペ・チョンスの部下を好演しています。
ホジュン~伝説の心医~
2014年 KBS 『カッコウの巣』
復讐劇の女王チャン・ソヒと、『福寿草』で大ブレイクしたヒョン・ウソン出演ドラマです。
放送前から話題を呼び最高視聴率24.2%を記録した愛憎復讐ドラマとなっています。
検索ワードが1位となり、ドラマ廃人となる中毒患者が続出しました。
イ・チャンウクは、チェ・サンドゥ役で出演しています。
カッコウの巣
2016年 KBS 『私の心は花の雨』

戦争により運命まで入れ替わってしまった4人の若者たちが繰り広げるラブ&サクセスストーリーとなっています。
イ・チャンウクは若者の一人、イ・ガンウク役で出演しており、出世作となりました。
王道の韓国ドラマ要素満載であり、展開の速さに目が離せない作品です。

2017年 KBS『恋の花が咲きました/ ムクゲ(ムグンファ)の花が咲きました 』

photo by: KBS

警察を舞台に新人女性巡査とエリート警官が繰り広げる痛快ラブストーリーです。
シングルマザーの新人警官ム・グンファ役にイム・スヒャン、エリート警官チャ・テジン役にト・ジハンが抜擢されました。
犯罪、家庭内暴力などの事件を解決していく中で『正義』や『家族の愛』とは何かを描くヒューマンストーリーの要素もある作品となっています。
イ・チャンウクはチン・ドヒョン役でキャスティングされ、お金には不自由せずに育ち、傍若無人で自分のしたことには責任をとらないような男性像を熱演しました。
恋の花が咲きました/ ムクゲ(ムグンファ)の花が咲きました
映画
  • 2009年『白夜行-白い闇の中を歩く』
  • 2011年『マイウェイ12000キロの真実』
  • 2012年『サイコメトリー~残留思念』
  • 2013年『俳優は俳優だ』
  • 2013年『この世の果て』
イ・チャンウクの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る