Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

イ・ウォンジョンのプロフィールとドラマ情報

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 3

イ・ウォンジョンのプロフィールとドラマ情報

イ・ウォンジョンのプロフィールと出演したドラマなどを紹介しています。

イ・ウォンジョンは演劇を主に活躍していました。

2002年に『野人時代』で馬賊の一味を演じて注目されるようになりました。

それから主に時代劇の名脇役として活躍しています。

photo by: innolife
-スポンサーリンク -

映画界からドラマへ

映画のみで最初活躍をしていたのは、その役を研究して、役になりきるタイプの彼には時間が必要だったそうで、撮影の時に台本を渡されるドラマにはなかなか取り組みませんでした。

しかし、チョン・ヒョンイルプロデューサーに説得され、だんだんドラマでの露出が増えました。

2015年の『匂いを見る少女』では警察の捜査第一課のカン・ヒョク役を演じ、印象深い演技も披露しました。

最近では、ドラマのコミカルな役もこなすようになり、その活躍は知らない人がいないくらいになりました。

映画『4本の足の指で』では主演もつとめました。

七変化

いまだに銭湯に通っていて、普段の彼は気楽な隣のおじさんのような人で、とっても照れ屋さんです。

でも撮影が始まるとそんな姿はどこへ行くのか、役になりきった彼がいるのです。

妻はキム・ヨンファで、彼女は彼の5才年上で、劇団の先輩でした。

1994年に結婚し、娘が2人います。

イ・ウォンジョンのパーソナルデータ

  • 名 前: イ・ウォンジョン
  • 生年月日: 1965年1月1日(54歳)
  • 身長:180cm
  • 体重:80㎏
  • 血液型:B型
  • 学歴:京畿大学校 行政学科卒

イ・ウォンジョンの主なドラマ・映画出演作品

ドラマ
  • 2014年 『秘密の扉』
  • 2015年 『匂いを見る少女』
  • 2015年 『恋はドロップキック!~覆面検事~』
  • 2015年 『身分を隠せ』
  • 2015年 『幽霊が見える刑事チョヨン2』
  • 2015年 『客主~商売の神~』
  • 2015年 『リメンバー~記憶の彼方へ~』
  • 2016年 『むやみに切なく』
  • 2016年 『グッバイ ミスターブラック』
  • 2016年 『交渉人』
  • 2016年 『ベビーシッター』
  • 2016年 『モンスター』
  • 2017年 『裸の消防士』
  • 2017年 『操作』
  • 2017年 『最強配達人』
  • 2018年 『ラジオロマンス』
映画
  • 1999年 『反則王』
  • 1999年 『情け容赦なし』
  • 1999年 『アタック・ガスステーション』
  • 1999年 『北京マイラブ』
  • 2001年 『風林高(新羅の月夜)』
  • 2002年 『4本の足の指』
  • 2002年 『幼児独尊』
  • 2002年 『達磨よ遊ぼう』
  • 2002年 『男生まれる』
  • 2002年 『ライターをつけろ』
  • 2006年 『カンナさん大成功です!』
  • 2007年 『ハーブ』
  • 2008年 『1724妓房(キバン)狼藉事件』
  • 2009年 『マリン・ホーイ』
2018年 『ラジオロマンス』
本物の恋愛をしたことのない、トップスター俳優のスホと文章を書くこと以外はなんでもできるグリムが、ラジオブースで繰り広げるラブコメディ。
トップスターのスホは台本がないと何もできません。
イ・ウォンジョンはラジオ局局長カン・ヒソクを演じています。
2014年 SBS『秘密の扉』

朝鮮第21代王、英祖は息子思悼世子を米びつに閉じ込めて餓死させました。
その悲劇の物語。
英祖は幼い頃から暗殺や処刑の危機にさらされ、生き延びるために老論派に従い、王となります。
息子は生まれたときから世子として生きてきました。
世子は唯一の友フンボクを連れ町に出かけるのですが、フンボクが死体でみつかることになります。
友の死の真相を見つけるため奮闘する世子は、やがて父の秘密の扉を開いてしまうことになるのです。
イ・ウォンジョンはイ・ソンの師パク・ムンスを演じています。

秘密の扉

最近の受賞歴

2008年 KBS演技大賞週間劇部門男優秀演技賞受賞

イ・ウォンジョンの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る