Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

ポン・テギュのプロフィールとドラマ情報

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 5

ポン・テギュのプロフィールと出演したドラマなどを紹介しています。

ポン・テギュは、美大浪人中に街でスカウトをされ俳優になっており、デビュー作は2000年の映画『涙』でした。

決して二枚目ではありませんが、見ているだけで愉快な彼は多くの人々に愛される俳優の一人です。

自由で飾らないイメージがありますが、撮影現場には一番に入り、他の俳優やスタッフを気遣います。

また、ムードメーカーを務める努力も惜しみません。

平凡以下かもしれない個性的なポン・テギュですが、言葉では説明できないほどの雰囲気と演技力を持ち合わせています。

photo by: wowkorea
-スポンサーリンク -

俳優としてポン・テギュ

独特なキャラクターで普通の人とはいえない役柄を見事に熱演

デビュー当初は必ず目立たなくていけないという思いにかられていたというほど目立っていました。

風貌もそうですが、多くの独特なキャラクターで誰でもが演じられるという訳ではない役を演じてきました。

脚本を選ぶ基準が他の俳優とは違うのか、平凡な役を演じるということは余りありません。

2018年SBSドラマ『リターン』でも、とても普通の人とはいえない役柄を見事に熱演しています。

多彩な芸能活動

ファッション事業も独特の感覚で参入

ある程度演技力と認知度を得たポン・テギュは、ファッション事業も両立していました。

なかなか一般人が着こなすことができないような装い、若しくは発想すらできないようなファッション感覚で事業へと参入したのです。

しかし、結局は演技だけに専念する道を選び、2年半ほどで育ててきた事業を閉じました。

代わりに2007年より漢陽大学で最高エンターテイメント過程を学んでいます。

トリビア

妻も独特なファッションセンスの写真作家

写真作家の妻ハシシ・パクとは、熱愛報道で話題を集め、Instagramなどにデート写真を公開してきました。

普段から独特なファッションセンスの二人は若者たちより関心を集められていましたが、6ヶ月間の交際を経て2015年に非公開の結婚式を挙げています。

妻は妊娠8週目に入っていました。当初同年10月に結婚式を挙げる予定でしたが、二人の活動スケジュールを考慮して予定より5か月早めたとされています。

2015年第一子となる長男が誕生し、2018年5月に第二子となる女の子を授かっています。

ポン・テギュのパーソナルデータ

  • 名 前: ポン・テギュ
  • 生年月日: 1981年5月19日(38)
  • 身長:169cm
  • 学歴:明知専門大学演劇映画科卒
  • 特技:美術
  • 趣味:絵画・字を書くこと
  • デビュー:2000年映画『涙』

ポン・テギュのドラマ・映画出演作品

ドラマ
  • テレビドラマ
  • 2003年 MBC『屋根部屋のネコ』
  • 2003年 MBC『ノンストップ4』
  • 2004年 SBS『波乱万丈ミスキムの10億作り』
  • 2004年 MBC『漢江ブルース』
  • 2008年 SB 『ワーキングママ』
  • 2010年 MBC『個人の趣向』
  • 2018年 SBS『リターン』
2008年 SBS 『ワーキングママ』

バリバリのキャリアウーマンを休業し、結婚、出産をした主人公を、プライベートでも出産をしたばかりのヨム・ジョンアが演じています。
ジョンアの等身大ともいえるチェ・ガヨンの夫役であり元部下のパク・ジェソン役でポン・テギュはキャスティングされました。
明るく頑張る主人公のママに多くの女性が共感!
こんなはずではなかったと悩む主人公ですが、仕事に育児に家庭と現代女性が抱える問題をコミカルに描いた作品となっています。

ワーキングママ

2010年 MBC『個人の趣向』

トップスター、イ・ミンホとソン・イェジンの共演で話題となりました。
ゲイと偽るパーフェクトな男性と恋愛下手な女性とが繰り広げるラブコメディーです!
ポン・テギュは、イェジン演じるパク・ケインの友人であり家具デザイナーのイ・ウォノ役で出演しました。

個人の趣向

2018年 SBS『リターン』

photo by: SBS

イ・ジヌク待望のドラマ復帰作!弁護士と不良少年だった刑事が共に上流階級の殺人スキャンダルを暴いていく社会派スリラー。
殺人容疑者に浮かぶ4人の個性派俳優らが作品を盛り立てます。
面白い作品として評判の良かった中での主演女優交代という色々と話題となったドラマです。
ポン・テギュは、殺人容疑者の一人キム・ハクボム役でキャスティングされ、
突然暴力的になるなどあまり何も考えず感情的に生きている財閥の息子をさすがの演技力で視聴者を嫌な気持ちにさせました。
奇抜なファッションも見事に着こなしていたのも印象的です。
『リターン』あらすじ

映画
  • 2000年「涙」
  • 2001年「ジャングル・ジョーズ」
  • 2002年「品行ゼロ」
  • 2002年「無分別な妻、波乱万丈な夫、それから太挙少女」
  • 2003年「チューブ」
  • 2003年「浮気な家族」
  • 2004年「オー!マイDJ」
  • 2004年「20のアイデンティティー -20歳法-」
  • 2004年「ARAHANアラハン」
  • 2005年「ユゴ大統領有故」
  • 2005年「クァンシクの弟クァンテ」
  • 2006年「サンデーソウル」
  • 2006年「放課後の屋上」
  • 2006年「家族の誕生」
  • 2006年「愛情の欠乏が二人の男に及ぼす影響」
  • 2007年「二つの顔の猟奇的な彼女」
  • 2008年「セクシーヒーロー☆ピョン・ガンセ」
  • 2010年「青春とビート、そして秘密のビデオ」
  • 2012年「幸せを呼ぶミナの文房具店」
最近の受賞歴
  • 2003年 第6回ディレクターズ・カット授賞式/今年の男子新人演技者賞(映画『浮気な家族』)
  • 2003年 MBC放送芸能大賞/コメディ・シットコム部門男子新人賞(MBCドラマ『ノンストップ4』)
  • 2008年 SBS演技大賞/プロデューサー賞(SBSドラマ『ワーキングママ』)
  • 2015年 KBS演技大賞/連作・短幕劇賞(KBSドラマスペシャル『ノンジャリン駅には汽車が止まらない』)
ポン・テギュの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る