Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

イ・ミヨン(韓国女優)のプロフィール

この記事を読む時間は: 2

イ・ミヨン-韓流スターのドラマとプロフィール

イ・ミヨン(韓国女優)のプロフィールとドラマ情報


イ・ミヨンのパーソナルデータ

イ・ミヨンは、高校生のときに「ミスロッテ」としてチョコレートのCMに出演しデビューしました。
その後は沢山の映画やドラマに出演し、的確な演技力で人気を博します。
1995年に俳優キム・スンウと結婚しますが5年後の2000年に離婚しファンを驚かせました。
既婚女優には配役がまわってこないという映画界と言われていますが、イ・ミヨンは様々な映画に相次いで出演し、様々な映画賞を受賞している女優です。 photo by: wowkorea
-スポンサーリンク -
  • 名 前: イ・ミヨン(leemiyoun)
  • 生年月日: 1971年 9月 23日(46歳)
  • 身長: 167cm
  • 趣味/特技 : ゴルフ、水泳
  • 学歴:東国大学演劇映画科
  • デビュー:1988年 ドラマ『愛の喜び』

イ・ミヨンのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2010年 KBS 『キム・マンドク』
18世紀の朝鮮王朝時代が描かれた作品です。
朝鮮時代最高の巨商で、済州島の女性商人で都の漢陽で孤児として育ったキム・マンドク(ホン)役をイ・ミヨンが熱演しました。
キム・マンドク
2007年 SBS 『愛に狂う』
涙を誘われるシーンが連続する禁断の愛のラブストーリーです。
恋人のために必死に働いていた主人公が人身事故を起こし、服役する。
その加害者だと知らずに、ヒロイン、ジニョンは主人公に恋してしまうというストーリー展開です。
主人公の航空会社エンジニアのソ・ジニョンを熱演しているのがイ・ミヨンです。
愛に狂う
2001年 KBS 『明成皇后』
19世紀末の朝鮮時代における実質上最後の王妃・明成皇后(閔妃)の生涯を描いた作品。
その高宗の正室、朝鮮の国母の明成皇后ミン・ジャヨン役をイ・ミヨンが演じました。
明成皇后
映画
  • 2012年 『会社員』
  • 2007年 『肩越しの恋人』
  • 2005年 『台風(タイフーン)』
  • 2002年 『中毒』
  • 2001年 『黒水仙』
  • 2000年 『インディアンサマー』
  • 2000年 『魚座』
  • 1999年 『チュノミョン ベーカリー』
  • 1999年 『我が心のオルガン』
  • 1998年 『女高怪談』
  • 1997年 『ナンバー3』
  • 1995年 『サイの角のように一人で行け』
  • 1992年 『秋の旅』
  • 1992年 『雪花』
  • 1991年 『雨上がりの午後が好きですか』
  • 1990年 『そう、たまには空を見よう』
  • 1989年 『幸せは成績順じゃないでしょう』
最近の受賞歴
  • 2008年 第16回利川春史大賞映画祭主演女優賞
  • 2007年 アンドレ・キム ベスト スターアワード 女性スター賞
  • 2006年 黄金撮影賞 審査委員特別賞
  • 2004年 大鐘賞映画祭 ベストドレッサー賞
参考サイト
イ・ミヨンの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る