Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

オ・ヨンス(韓国女優)のプロフィール

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 2

オ・ヨンス-韓流スターのドラマとプロフィール

オ・ヨンス(韓国女優)のプロフィールとドラマ情報


オ・ヨンスのパーソナルデータ

オ・ヨンスの気品のある美貌は、韓国女優の中でも定評があります。
特に日本でも大ヒットとなったドラマ『朱蒙』での、朱蒙の母親柳花の演技は素晴らしく、日本での人気も急上昇、演技派女優として数多くのドラマに出演しています。
こうした清純で古典的な役を演じたら、右に出るものはないと言われ、韓国時代劇には欠かせない存在と言えましょう。
年齢を重ねるごとに、その演技は磨かれ、今でも第一線で活躍しています。 photo by: wowkorea
-スポンサーリンク -
  • 名 前: オ・ヨンス(OhYeanSu)
  • 生年月日: 1972年 10月 27日(46歳)
  • 身長: 165cm
  • 趣味/特技 : ゴルフ、古典舞踊
  • 学歴:壇国大学演劇映画学科
  • デビュー:1990年 ドラマ『踊るカヤグム』

オ・ヨンスのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2009年 KBS 『帰ってきたプリンセス』
愛と夢の両方を手に入れたい、女たちの迷走劇を描いたドラマです。
ヒロイン、ゴンシムを演じるファン・シネとライバル関係にあるドギョンを演じるのがオ・ヨンスで、その演技は迫力満点。
実際には8歳も離れているのですが、年の差を全く感じさせない、演技力は抜群。
取っ組み合い喧嘩のシーンでは、女優魂を感じさせるド迫力で、評判となりました。
帰ってきたプリンセス
2006年 MBC 『朱蒙』
最高視聴率 52.7%のモンスタードラマで、視聴率ナンバーワンという歴代記録を打ち立てた、超ド級のエンターティメント作品です。
オ・ヨンスは、ハベク族の酋長の娘ユファを好演しております。
朱蒙(チュモン) あらすじと無料動画
2005年 KBS 『悲しみよ、さようなら』
家族の温かみを感じさせるヒューマンドラマです。
親世代の因緑、出生の秘密などドラマの定番の素材を織り交ぜながら、新旧演技派の女優たちが生き生きと演じ、家族の暖かさを浮き彫りにしています。
最高視聴率は、34.2%と大健闘、特に後半のシーンは涙なしでは見られないほどの感動を呼ぶストーリーとなっています。
悲しみよ、さようなら
1996年 SBS 『萬江 マンガン』
時代劇の王様を演じたら右に出る者はいないと言われるイ・ムホが、厳しい身分制度に耐え、自らの努力で、運命を切り開いていく男を演じているドラマです。
楚々とした美しいボオクを演じる、オ・ヨンスの演技が光っていました。
時代劇にはなくてはならない俳優の一人、と高い評価を受けた作品でもあります。
映画
  • 2013年 『サウスバウンド』
  • 1998年 『あきれた男たち』
  • 1997年 『火の鳥』
  • 1995年 『ピアノのある冬』
最近の受賞歴
  • 1998年 MBC演技大賞 女優賞
  • 1992年 青龍映画祭 女優新人賞『将軍の息子』
  • 1991年 韓国百想芸術大賞 新人演技賞
  • 1990年 MBC放送大賞 新人演技賞
参考サイト
オ・ヨンスの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る