Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

キム・ヒソン(韓国女優)のプロフィール

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 3

キム・ヒソン-韓流スターのドラマとプロフィール

キム・ヒソン(韓国女優)のプロフィールとドラマ情報


キム・ヒソンのパーソナルデータ

1992年きれいな顔選抜大会で、大賞を受賞、芸能界デビューしました。
その翌年、ドラマ『恐竜先生』でドラマデビューを計り、女優として歩み始めます。
そして映画「神話」では、ジャッキー・チェンと共演、国際的な女優として本格的に歩み出しました。
ドラマ以外にも、司会やさばさばした性格からトーク番組などでも活躍している、マルチ女優です。 photo by: wowkorea
-スポンサーリンク -
  • 名 前: キム・ヒソン(KimHeeSun)
  • 生年月日: 1977年 2月 25日(42歳)
  • 身長: 168cm
  • 趣味/特技 : ピアノ、卓球、ビリヤード
  • 学歴:中央大学演劇映画学科
  • デビュー:1993年 SBS 『恐竜先生』

キム・ヒソンのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2005年 MBC 『悲しき恋歌』
ギターだけを友として育ったクォン・サンウ演じる主人公ジュ二アンは、ある日、盲目の美少女キム・ヒソン演じるへインと出会う。
そこから二人の過酷な運命がスタートします。
孤独な魂を寄せ合う二人に、不幸な出来事が二重にも三重にも重なり、へインはニューヨークへ。
すれ違いが重なり、結ばれぬ二人の運命は…。
このドラマには、当時韓国ドラマ史上最高額と言われる70億ウォンが投入された作品です。
初恋と呼ぶにはあまりにも切ない、絆で結ばれた二人の過酷な運命に、視聴者の涙を誘います。
涙、涙の純愛ドラマに仕上がっています。
1998年 SBS 『ミスターQ』
新入社員が不況を吹き飛ばす、痛快企業ドラマです。
一流下着メーカーの開発室に、新人のガントが配属され、不況を脱出するため、次々とアイデアを考え、企業が発展していくストーリー。
当時の停滞する韓国社会を鼓舞するために作られたドラマで、最高視聴率45.3%を記録したヒットドラマです。
ミスターQ
1998年 MBS 『ひまわり』
病院を舞台に、医師の葛藤と、恋愛を描いたラブストーリーです。
当時人気絶頂のアン・ジェウクの医師と、ヒロインを演じるキム・ヒソンの恋愛模様で、クォリティ高い作品に仕上がっています。
1995年 KBS 『風の息子』
70年代の地方都市を舞台に、男たちの野望と、欲望がぶつかり合うストーリーです。
イ・ビョンホンの復讐劇で、この演技で数多くの賞を総なめにした作品です。
キム・ソヨンは、当時売出し中のイ・ビョンホンの演技に、大いに刺激され、演技派としての道を歩み出す作品でもありました。
1991年 KBS 『プロポーズ』
『冬のソナタ』のユン・ソクホ監督の初期のドラマです。
ヒロイン、ユラを演じるキム・ヒソンと、スピンを演じるリュ・シオンの恋物語です。
この作品で、ドラマデビューした、ウォンビンの初々しい美少年姿が注目されたドラマです。
映画
  • 2011年 『戦国』
  • 2006年 『神話』
  • 2003年 『天国からの手紙』
  • 2001年 『ワニ&ジュナ~ゆれるおもい~』
  • 2000年 『飛天舞』
最近の受賞歴
  • 2004年 第4回アンドキムベストスターアワードスター賞
  • 1998年 SBS演技大賞 大賞受賞『ミスターQ』
参考サイト
キム・ヒソンの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る