Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

ソ・ヒョンジン(韓国女優)のプロフィール

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 3

ソ・ヒョンジン-韓流スターのドラマとプロフィール

ソ・ヒョンジン(韓国女優)のプロフィールとドラマ情報


ソ・ヒョンジンのパーソナルデータ

ソ・ヒョンジンは2001年にガールグループ「M.I.L.K」のメンバーとしてデビューしました。 しかし、アイドルグループだったのにも関わらず、注目を浴びることがなく解散してしまい、ソ・ヒョンジンは女優に進路を変更し、女優の道へ進みますが長い下積み生活を送りました。 2010年の映画『妖術』で主役を演じ脚光を浴びて、その後はドラマ『チャクペ~相棒~』や『馬医』、『神々の晩餐』、そして『オ・ジャリョンが行く』、『火の神チョンイ』、『帝王の娘ス・ベクヒャン』などに出演し、今では人気ドラマにひっぱりだこの女優になりました。 photo by: wowkorea
-スポンサーリンク -
  • 名 前: ソ・ヒョンジン(Seo HyunJin)
  • 生年月日: 1985年 2月 27日(33歳)
  • 身長:167cm
  • 趣味/特技 : 歌、ダンス、CD集め
  • 学歴:同徳女子大学 実用音楽学科
  • デビュー:2001年 M.I.L.K ファーストアルバム『With Freshness』

ソ・ヒョンジンのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2017年 SBS 『浪漫ドクターキム・サブ』
天才外科医ハン・ソッキュ演じるキム・サブに出会い、若き医師らが成長するヒューマンメディカルドラマです。幼い頃父親を亡くしたユ・ヨンソク演じるドンジュは、その時の医師の言葉をきっかけに外科医を目指します。数年後、インターンとなったドンジュは、先輩医師ソ・ヒョンジン演じるソジュンと出逢い、惹かれていきました。しかし突然姿を消したソジュン、5年後あるきっかけでドジュンとソジュンは出会うのです。

2016年 tvN 『また、ヘヨン』
オ・ヘヨンという同姓同名の2人の女性。高校時代、方や才色兼備なチョン・ヘビン演じるオ・ヘヨン、方や平凡なソ・ヒョンジン演じるオ・ヘヨン。大人になってからも結婚直前に相手に逃げられたり、上司にいびられたりと、何かにつけてついていないソ・ヒョンジン演じるヘヨン。そんな彼女もある男性と出逢い、人生が大きく変わるのでした。
2015年 tvN 『ゴハン行こうよ2』
韓国の行政中心複合都市「世宗市」に引っ越した男性主人公ク・デヨンがフリーランサー作家のペク・スジ、草食系公務員のイ・サンウをはじめとする新しい隣人と出会って繰り広げられる物語を興味深く描いたドラマ。ソ・ヒョンジンは、結婚を夢見る一人世帯の作家役を演じました。
『ゴハン行こうよ2』あらすじ
2014年 tvN 『三銃士』
17世紀の李氏朝鮮王・仁祖(インジョ)の統治した朝鮮と清国を舞台に、仁祖の息子 昭顕世子(ソヒョンセジャ)とその臣下の護衛武士たち、パク・ダルヒャン、ホ・スンポ、アン・ミンソたちの冒険と恋を描いた歴史ドラマです。ソ・ヒョンジンはソヒョン世子の妻役を演じました。
『三銃士』あらすじ
2013年 MBC 『火の女神 ジョンイ』
ムン・グニョン主演の朝鮮で初めて女陶工となった女性の物語。主役のユ・ジョンのモデルとなったのは百婆仙(ペク・ハソン)という女性で、日本の「有田焼」の創業期に活躍したと言われています。ソ・ヒョンジンはユ・ジョンの幼馴染み役を演じました。
『火の女神 ジョンイ』あらすじ
映画
  • 2016年 『愛してるから』
  • 2011年 『恥ずかしくて』
  • 2010年 『妖術』
  • 2008年 『愉快なお手伝い』
  • 2008年 『ストーリーオブワイン』
  • 2006年 『愛なんていらない』
最近の受賞歴
  • 2017年 女子最優秀演技賞
  • 2016年 ベストカップル賞
  • 2013年 コリア ドラマ アワーズ優秀賞
  • 2012年 MBC演技大賞 優秀賞
  • 2011年 MBCドラマ大賞 新人賞
参考サイト
ソ・ヒョンジンの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る