Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

チェ・ガンヒ(韓国女優)のプロフィール

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 2

チェ・ガンヒ-韓流スターのドラマとプロフィール

チェ・ガンヒ(韓国女優)のプロフィールとドラマ情報


チェ・ガンヒのパーソナルデータ

1995年「ミスレモナさわやか賞」を受賞して、芸能界入りしました。
デビューしてから数年間は、チェ・セヨンの名前で活動していました。
1999年日本名のチェ・ガンヒに改め、ドラマ『学校』に出演、新人女優賞を取るほどの実力者です。
愛らしい童顔と、等身大の魅力で、女性ファンも多く、その演じる役柄も幅広いものを持っている女優です。 photo by: wowkorea
-スポンサーリンク -
  • 名 前: チェ・ガンヒ(choikanghee)
  • 生年月日: 1977年 5月 5日(41歳)
  • 身長: 163cm
  • 趣味/特技 : ジャズダンス、水泳、絵画
  • 学歴:端逸短大演劇映画学科
  • デビュー:1999年 『学校』

チェ・ガンヒのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2011年 SBS 『ボスを守れ』
就職氷河期に生きる、三流大学卒の元番長、ヒロインのウンソルを演じているのがチェ・ガンヒです。
その女番長が、ダメ御曹子を改造していくというラブ・コメディ。
就職難の時代に生きる、ヒロインを中心に、働くことの幸せを、明るく軽快に描いたドラマです。
ボスを守れ
2005年 MBC 『別れの法則』
女を都合よく利用する男、そんな男に、未練たらたらついていく女、こうした不毛の愛を描かしたらピカ一の脚本家ミン・ホジュンの作品です。
ヒロイン、グニョンに扮するのは、チェ・ガンヒで、ヒロインを巡る三角関係の葛藤の後半は、見どころがいっぱいあります。
チェ・ガンヒの演技が光る作品です。
2004年 MBC 『あんぱん』
ヒロイン、ガランは、男勝りの教師で、小学校のとき「あんぱん」と呼んでいた天敵ナムジュンと再会します。
互いに失恋したことがわかると、同じ傷を持つ同士、慰め合おうと 100日限定の交際を提案されるが…。
この幼馴染みの天敵が、互いに気になり出すというストーリーです。
ヒロイン、ガランを演じたチェ・ガンヒに注目が集まります。
あんぱん
1999年 KBS 『クァンキ』
ウォンビン、イ・ドンゴン、ヤン・ドングン、チェ・ガンヒ、ぺ・ドゥナ等々超豪華スターが出演する青春ドラマです。
この作品に出演した俳優は、今では有名スターばかり、二度と見られない顔合わせです。
映画
  • 2013年 『幸せを呼ぶミナの文房具店』
  • 2010年 『くだらないロマンス』
  • 2009年 『グッバイ、マザー』
  • 2007年 『私の恋』
  • 2006年 『甘く、殺伐とした恋人』
最近の受賞歴
  • 2011年 SBS演技大賞 ベストカップル賞10大スター賞、
  • 2011年 第32回青龍映画祭 人気スター賞『くだらないロマンス』
  • 2011年 第8回ロウソク賞
  • 2011年 第8回マックスムービー最優秀女優賞『くだらないロマンス』
  • 2010年 第46回百想芸術大賞 映画部門女性人気賞「グッバイ・マザー」
  • 2009年 第30回青龍映画祭 人気賞『グッバイ・マザー』
参考サイト
チェ・ガンヒの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る