Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

チュ・ジフンとスエが新ドラマ『仮面』発表会に手に手を取って登場

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 1

俳優チュ・ジフンと女優スエが仲睦まじくドラマ『仮面』制作発表会に登場

2015年5月19日ソウルでSBSの新水木ドラマ『仮面』の制作発表会が行われ、制作発表会に、チュ・ジフンとスエは仲良く手をつないで登場したとの事です。
『仮面』に出演するキャスト4名(チュ・ジフンスエ、ヨン・ジョンフン、ユ・イニョン)が勢ぞろいしましたが、なんでもチュ・ジフンは、尊敬する「スエのキャスティングが決まったので仮面への出演を決めた」と言っているようです。
スエに対する信頼感溢れる発言ですネ。

韓国放送開始は5月27日午後10時よりスタートするのですが、放送前からドラマの内容も話題になっています。
(photo by: ワウコリア
-スポンサーリンク -
引用:「「スエお姉様のキャスティングで、堅固な信頼を持って出演を決めた」」 via ネタりか
『仮面』は、スエ扮する仮面をかぶって他人の人生を生きる女と、女を純真に愛し守る男を含めた四人の男女の複雑な人間模様を描いたミステリーラブロマンスとなるようです。
引用:「韓国ドラマ仮面は自身を隠したまま仮面をかぶって他人として生きていく女性と、その女性を純真に守る男性を通じて、真の人生価値を悟る作品。競争と暗闘、陰謀と復しゅう、ミステリーを溶け込ませた激情ロマンスだ。」 via ワウコリア

『仮面』で二人が演じる役とは?

スエは、父親が残した会社の負債の為に生活苦に悩まされているジスク役を引き受け、チュ・ジフンはミヌ役で、7歳で自分の意志とは関係なく、後継者に指名されて同心円と家族愛、友情、そして愛といった人間の感情とは遮断されて生きてきたキャラクターを演じるとのことです。

チュ・ジフンのドラマ代表作

蒼のピアニスト」(2012年)、「魔王」(2007年)、「宮~Love in PaIace」(2006年)
(photo by: DATV


スエのドラマ代表作

野王」(2013年)、「ラブレター」(2003年)、「メリーゴーランド」(2003年)、
(photo by: ワウコリア

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る