Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

パク・イェジン(韓国女優)のプロフィール

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 2

パク・イェジン-韓流スターのドラマとプロフィール

パク・イェジン(韓国女優)のプロフィールとドラマ情報


パク・イェジンのパーソナルデータ

CM・モデルで芸能活動をした後、1995年、シチュエーションコメディドラマ『LA アリラン』で、女優デビューしました。
スクリーンデビューは『少女たちの遺言』でした。
この映画で、百想芸術大賞、新人演技賞を獲得するなど、演技力は並々ならぬものがある女優と言えましょう。
その後に出演した『バリでの出来事』が大ヒット作となり、ますます演技が磨かれ、演技派女優として誰もが認める俳優となりました。 photo by: wowkorea
-スポンサーリンク -
  • 名 前: パク・イェジン(ParkYeJin)
  • 生年月日: 1981年 4月 1日(37歳)
  • 身長: 165cm
  • 趣味/特技 : 水泳、フルート
  • 学歴:中央大学演劇映画学科
  • デビュー:1995年 ドラマ 『LA アリラン』

パク・イェジンのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2012年 tvN 『I LOVE イ・テリ』
身体は大人でも、心はまだ子供という25歳の身体を持つ少年のラブ・ファンタジードラマです。
主人公ウンドンを演じるのは、キム・ギボムでパク・イェジンは、主人公が愛するヒロイン、奇跡の女性テリを演じています。
この作品で、パク・イェジンは、大人の持つエレガンスとキュートさで、そのファッションも話題になりました。
2011年 MBC 『マイ・プリンセス』
女子大生から王妃に、現代版シンデレラ物語のドラマです。
韓国の美男美女を代表するソン・スンホンとキム・テヒがコンビを組み、コミカルな演技で評判になった作品です。
視聴率も、常時20%台を維持するなど、ヒット作品となっています。
パク・イェジンは、考古学教授の元恋人役ユンジュ役で好演しております。
マイ・プリンセス
2006年 KBS 『テジョヨン』
韓国時代劇の顔とも称されている、チェ・スジョン主演の高句麗時代劇ドラマです。
渤海国を建国した英雄の生涯を、壮大なスケールで制作した時代劇作品で、KBSの演技大賞を受賞しています。
パク・イェジンは、このドラマでは、契丹族の族長の娘を演じており、主人公とのかなわぬ恋を、見事に演じ切っています。
テジョヨン
2004年 SBS 『新・若草物語』
4姉妹の自立と愛、家族との葛藤、などを絡め、その成長する様を描いた作品。
パク・イェジンは、ヒロインの長女ヘドゥクを好演しています。
原作『若草物語』をモチーフに、4人の姉妹のキャラ設定が見事にはまっていて、楽しいストーリーとなっています。
新・若草物語
映画
  • 2011年 『ヘッド(HEAD)』
  • 2009年 『清譚菩薩』
  • 2006年 『彼女はきれいだった』
  • 2001年 『狂詩曲』
  • 1999年 『少女たちの遺言』
最近の受賞歴
  • 2000年 第36回百想芸術大賞 新人演技賞
  • 2000年 第20回映画評濾過教会賞 新人女優賞
参考サイト
パク・イェジンの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る