Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

パク・ハソン(韓国女優)のプロフィール

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 3

パク・ハソン-韓流スターのドラマとプロフィール

パク・ハソン(韓国女優)のプロフィールとドラマ情報


パク・ハソンのパーソナルデータ

韓国では、その美貌を買われ、ドラマ出演の間にテレビ CM も数多くこなしています。
2005年ドラマ『愛は奇跡が必要』でデビューし、次いでドラマ『アクシデントカップル』を経て、そのコミカルな演技が認められ、2010年には連続ドラマとして大ヒットした『トンイ』では主要キャストに選ばれるなど、その演技力もついてきました。
2014年にはドラマ『3Days』ではヒロインとなり、大活躍しています。 photo by: ほっとコリア
-スポンサーリンク -
  • 名 前: パク・ハソン(Park HaSun)
  • 生年月日: 1987年 10月 22日(31歳)
  • 身長: 165cm
  • 趣味/特技 : スイミング 歌
  • 学歴:東国大学演劇映画学科
  • デビュー:2005年 ドラマ 『愛は奇跡が必要』

パク・ハソンのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2013年 KBS 『花を咲かせろ!イ・テぺク』
現在の広告の天才をモデルにした、ラブストーリーで、本格的に広告業界をモデルにした数少ない作品として、当時話題になりました。
主人公チン・グ演じるテベクとパク・ハソン演じるジュンが共同して広告案を考える役で、その優れた企画案を横取りされ、混乱するストーリーとなっています。
花を咲かせろ!イ・テぺク
2013年 MBC 『TWO WEEKS』
娘の命をかけて死闘を繰り広げる、男の愛と成長の物語です。
この作品でパク・ハソンは、主人公イ・ジュンギ演じる、天涯孤独の三流チンピラ、テサンに8年前残酷に捨てられた、元恋人役を演じ、ストーリー展開の重要な役を演じています。
TWO WEEKS
2010年 MBC 『トンイ』
第21代国王、英相の母 トンイをヒロインに、奴婢から王の母となった女性の波乱万丈の時代劇です。
日本でも放映され、大ヒットドラマとなりました。
サスペンスあり、コミカルありで、視聴者を楽しませてくれるドラマです。
この作品で初めてパク・ハソンは、王妃の役を演じ、主要キャストとしてドラマ出演がかないましたドラマです。
トンイ
2009年 KBS 『アクシデントカップル』
このドラマは、映画を中心に活躍してきた、韓国のトップ女優ファン・ジョンミンが、デビュー14年目にして、初めてドラマ出演した作品で、当時話題を呼びました。
主人公ドンベクが地味で平凡な郵便局員を演じたラブストーリーです。
最高視聴率も 15%を記録、視聴者から延長の要求もありましたが、完成度を優先し、16話で終了したことでも話題となりました。
パク・ハソンはスヨン役を好演しています。
アクシデントカップル
映画
  • 2012年 『音痴クリニック』
  • 2011年 『チャンプ』
  • 2011年 『この世で一番美しい別れ』
  • 2010年 『影島大橋』
  • 2010年 『注文津』
  • 2008年 『パボ』
最近の受賞歴
  • 2012年 第48回百想芸術大賞 TV 部門女性芸能賞
  • 2011年 MBC 放送芸能大賞 コメディー部門女性優秀賞
  • 2011年 第5回大韓民国分かち合い対称女性芸能部長官賞
  • 2010年 MBC 演技大賞 女性新人賞
参考サイト
パク・ハソンの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る