Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

ホン・スヒョン(韓国女優)のプロフィール

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 3

ホン・スヒョン-韓流スターのドラマとプロフィール

ホン・スヒョン(韓国女優)のプロフィールとドラマ情報


ホン・スヒョンのパーソナルデータ

1996年のジョンソン・アンド・ジョンソンモデル選抜大会をきっかけに、芸能界デビューしました。
2003年ドラマ『サンドゥ、学校へ行こう』で、独特なヘアスタイルで、出しゃばり屋のハン・セラを演じ注目を浴びました。
次の出演したドラマ『王の女』では、一転して物静かなイメージの演技を披露し、その役柄のレパートリーの深さがまた話題を呼びました。
2004 年にはドラマ『かけがえのないわが子』では主役に抜擢され、演技力が高く評価されました。 photo by: wowkorea
-スポンサーリンク -
  • 名 前: ホン・スヒョン(HongSuhyun)
  • 生年月日: 1981年 2月 15日(37歳)
  • 身長: 169cm
  • 趣味/特技 : 音楽鑑賞、映画鑑賞
  • 学歴:同徳女子大学放送芸能学科
  • デビュー:1999年 『ゴースト』

ホン・スヒョンのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2013年 MBC 『愛してもいいんじゃない』
結婚を意識する年頃のカップルが直面した、危機を描いたラブ・ロマンスドラマです。
『チャン・オクチョン』で共演しましたイ・サンヨブと、ホン・スヒョンとのラブ・ロマンスで、結婚を意識する二人だけでなく、二人の親もまた新たな恋を始める 2世代の恋模様が展開して行きます。
愛してもいいんじゃない
2011年 KBS 『王女の男』
歴史上の事件「ケユジュンケン」をモチーフに、加害者と被害者の子供たちの悲恋を描いた韓国版『ロミオとジュリエット』です。
主人公スンユを演じるのは日本でも人気がありますパク・シフです。
時代の貴公子が復讐の化身となり、復讐と愛のはざまで苦悩する姿を切なく演じております。
ホン・スヒョンは朝鮮第5代王文宗の長女の敬惠王女を熱演し高く評価されました。
(韓国ドラマ「王女の男」のあらすじと動画)
2011年 SBS 『私に嘘をついてみて』
新世代のコメディエンヌとして期待されているユン・ウネと、ラブコメの演技抜群のカン・ジファンが初めてタッグを組んだ、話題の作品です。
新感覚の大人のラブ・コメディとして人気を呼んだドラマです。
ホン・スヒョンは、ソランを熱演しております。
私に嘘をついてみて
2009年 SBS 『天使の誘惑』
夫と妻のダブル復讐劇で、20パーセント以上の視聴率を上げた作品です。
ヒロイン、ヒョヌ役を前半は、ハン・サンジュが、後半の整形後は、ぺ・スビンが演じている形式のドラマに話題が集まりました。
ホン・スヒョンは、ジェヒ役を好演しています。
天使の誘惑
2009年 KBS 『彼女のスタイル』
不器用だけど一生懸命生きるアラサー女性のヒロイン、ミジュを、ホン・スヒョンが演じ人気を博したドラマです。
ヒロイン、ミジュが男たちとの恋愛を通じて成長していく姿が、爽やかに描かれており、同世代の女性たちの共感を得て、大きな支持を受けました。
年下の彼を演じたイ・サンヨプとは次回作『愛するのは自分の為』でも共演しています。
映画
  • 2010年 『カメリア』
  • 2009年 『インサドン スキャンダル』
  • 2008年 『宿命』
  • 2008年 『映画は映画だ』
  • 2000年 『バンジージャンプする』
最近の受賞歴
  • 2005年 KBS 演技大賞 女性特集短編ドラマ賞
  • 2003年 KBS 演技大賞 助演賞
  • 2001年 KBS 演技大賞 新人演技賞
参考サイト
ホン・スヒョンの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る