Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

ユン・ウネ(韓国女優)のプロフィール

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 3

ユン・ウネ-韓流スターのドラマとプロフィール

ユン・ウネ(韓国女優)のプロフィールとドラマ情報


ユン・ウネのパーソナルデータ

女性5人組のダンスグループ ベイビーボックスのメンバーでした。
当初はメンバーの中でもあまり目立たない存在でしたが、テレビのバライティ番組で、知名度が上がり、2006年ドラマ『宮』のヒロインとして抜擢され、ドラマのヒットとともに、スターダムにのし上がった幸運な女優です。 photo by: wowkorea
-スポンサーリンク -
  • 名 前: ユン・ウネ(YoonEunHye)
  • 生年月日: 1984年 10月 3日(34歳)
  • 身長: 168cm
  • 趣味/特技 : 手紙を書くこと、プリクラを撮ること
  • 学歴:中央大学
  • デビュー:2006年 『宮』

ユン・ウネのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2012年 MBC 『会いたい』
金融企業代表の息子ジョンウを慕う、有名な殺人犯の娘スヨンをユン・ウネが演じるラブストーリーです。
自分は殺人犯の娘ではないと主人公に訴えるスヨンに、友達になろうと答えるジョンウですが…。
後にファッションデザイナーとして生きてきた、スヨンと再会を果たすが、そこには、彼女の隣にはハリスと名乗る恋人が。
会いたい
2007年 MBC 『コーヒープリンス1号店』
ボーイズラブ的な恋愛ドラマです。
ユン・ウネは、ヒロイン、ユンチャンを演じ、その美少年ぶりが当時話題になったドラマです。
イケメンぞろいのカフェを舞台に、同性愛的なロマンスを描き、大ヒットしました。
こうしたボーイズラブ的なドラマは、当時韓国では少なく、ドロドロした恋愛でなく、軽やかなタッチで、描いているところが、視聴者の共感を得たのでしょう。
コーヒープリンス1号店
2006年 MBC 『宮~Love in Palace』
ロイヤルな男たちの愛と皇位を巡る、熾烈な戦いを描いたドラマです。
このドラマは、人気漫画をモチーフにし、最高視聴率 28.3%を記録したヒット作品です。
乙女チックで、色鮮やかな衣装と、宮廷美術には見るものをうっとりさせます。
ヒロイン、チェギヨンをユン・ウネが演じていますが、演技力としてはイマイチだが、その可憐さが人気を呼んだ作品です。
日本でも放送され、多くのファンを獲得しています。
宮~Love in Palace
2006年 KBS 『ぶどう畑のあの男』
都会の娘と田舎の男が繰り広げる、恋愛模様のドラマです。
ユン・ウネは、ヒロイン、ジヒョンを演じ『宮』の次作品として選んだもので、相手役は演技力のある人と要望し、オ・マンソクが抜擢されました。
イケメンではないが、演技力は確かで、この年のKBS演技大賞で、ベストカップル賞を受賞しました。
ぶどう畑のあの男
映画
  • 2015年 『許三競売血記』
  • 2011年 『マイ・ブラック・ミニドレス』
  • 2006年 『カリスマ脱出記』
  • 2002年 『緊急措置19号』
最近の受賞歴
  • 2008年 第44回百荘芸術大賞 TV 部門女優最優秀演技賞
  • 2007年 MBC 演技大賞 女性最優秀賞
  • 2006年 クリメ賞 最優秀女性演技賞
  • 2006年 KBS 演技大賞 新人賞
  • 2006年 MBC 演技大賞 新人賞
  • 2004年 ソウル歌謡大賞 韓流賞
  • 2003年 SBS 歌謡大賞
参考サイト
ユン・ウネの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る