Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

ユン・ソイ(韓国女優)のプロフィール

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 2

ユン・ソイ-韓流スターのドラマとプロフィール

ユン・ソイ(韓国女優)のプロフィールとドラマ情報


ユン・ソイのパーソナルデータ

ファッション雑誌のモデルとして芸能活動をし、CMなどにも出演、その知名度は高かった。
スレンダースタイルと、清楚なイメージで、2004年映画『ARAHNA アラハン』のヒロインの座を射止めました。
2005年の時代劇映画『無影剣』では、女剣士として、ワイヤーアクションにも挑戦しています。
一方ドラマの方でも、2005年『グッバイソロ』では、男友達に淡い恋を抱くスヒ役を演じ、揺れる女心を見事に演じています。
ドラマでは、エキゾチックな顔立ちと、スリムな体型で、個性的な役柄を数多く演じています。 photo by: wowkorea
-スポンサーリンク -
  • 名 前: ユン・ソイ(Yoon Soy)
  • 生年月日: 1985年 1月 5日(34歳)
  • 身長: 172cm
  • 趣味/特技 : 映画鑑賞、自転車
  • 学歴:東国大学演劇映画学科
  • デビュー:2004年 映画 『ARAHNA アラハン』

ユン・ソイのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2011年 チャンネル A 『カラー・オブ・ウーマン』
化粧品会社を舞台に繰り広げる、四角関係のラブ・ストーリーです。
全くタイプの違う二人の女性の生き方を描き、視聴者の共感を集めた作品です。
ヒロインのソラ役は、当初ユ・ジンが予定されていましたが、妹の交通事故の為、急遽ユン・ソイが抜擢されました。
その代役を見事に務めたユン・ソイの演技力は、高く評価されました。
カラー・オブ・ウーマン
2009年 MBC 『ヒーロー』
巨大企業とそれを守る、大手新聞社の情報操作を暴くため、立ち上がる主人公の活躍を描いた社会派エンタテイメントのドラマです。
社会の悪に目をそらすことなく、戦う勇気を教えてくれたと、当時韓国では“良心的行動指南書ドラマ”と評価されました。
ユン・ソイは正義感溢れる女性刑事ジェインを演じ、主人公ドヒョクとともに、悪に立ち向かいます。
2008年 SBS 『ガラスの城』
純粋な愛と家門とのはざまで、苦悩する人々を描いたドラマです。
演技達者な俳優が揃い見ごたえある作品となっています。
そのためか放送開始から最終回まで、視聴率は常時 20%台を維持していました。ヒロイン、ミンジュを演じたユン・ソイの演技は見ごたえ十分です。
(ガラスの城)
2004年 MBC 『愛してると云って』
両親を亡くしたビョンスは、ヨンチェらと暮らすことになる。
兄妹の様に育ったビョンスとユン・ソイ演じるヒロイン、ヨンチェ。
そして二人が務める会社の社長イナと恋人ヒスが登場して…。
ユン・ソイの演技が光ります。
愛してると云って
映画
  • 2010年 『私たち会ったことありますか』
  • 2005年 『逆転の名手』
  • 2005年 『無影剣』
  • 2004年 『ARAHNA アラハン』
最近の受賞歴
  • 2009年 第4回アジアモデルフェステバルモデルアワード特別賞
  • 2008年 SBS 演技大賞 ニユースター賞
参考サイト
ユン・ソイの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る