Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

ワン・ビンナ(韓国女優)のプロフィール

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 2

ワン・ビンナ-韓流スターのドラマとプロフィール

ワン・ビンナ(韓国女優)のプロフィールとドラマ情報


ワン・ビンナのパーソナルデータ

芸能界デビュー当初は、本名の「ワン・ビンナ」で活動していましたが、2002年末から「ウジン」に。
そして現在では「ワン・ビンナ」「ビンナ」で活動しています。
芸能界入りは、2000年で、テレビのクイズ番組などに出ていましたが、2001年ドラマ『新しい母さん』で女優デビューしました。
ワン・ビンナの知名度が急速にアップしたのが、ドラマ『ファン・ジニ』でブヨン役の演技でした。
KBSの演技大賞 助演賞を獲得し、一気にブレークしました。 photo by: wowkorea
-スポンサーリンク -
  • 名 前: ワン・ビンナ(Wang Bich Na)
  • 生年月日: 1981年 4月 15日(37歳)
  • 身長: 170cm
  • 趣味/特技 : 水泳、フルート
  • 学歴:中央大学演劇映画科
  • デビュー:2001年 『新しい母さん』

ワン・ビンナのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2013年 SBS 『二人の女の部屋』
純粋な心を持った2人の女性が、偶然によって変化して行く姿を描いたドラマです。
殺人を犯した女性と、その罪を着せられた女性が、友人として過ごしながら壮絶な復讐を繰り広げる復讐劇でもあります。
パク・ウネ、ワン・ビンナの芸達者なヒロイン二人の、リアルな演技が見どころの一つです。
二人の女の部屋
2012年 SBS 『欲望の仮面』
偽装結婚と偽装恋愛4人の男女が繰り広げる愛憎劇です。
ワン・ビンナは、大企業の会長の孫娘役チェリンを演じ好演しています。
キム・スンス扮するハンジュとの偽りの愛を見事に演じ切っています。
欲望の仮面
2011年 MBC 『天使の報酬 ~愛と野望の果てに~』
後継者争いが激しい大手食品メーカーを舞台に、結婚と恋の現実に苦しむ恋人たちの姿を描いたラブストーリーです。
ドラマのヒロイン、ギョンジュを演じているのが、ワン・ビンナで、主人公パク・サンミン演じる大手食品会社の社長秘書の役です。
このドラマは初回視聴率 4.3%で、滑り出しは良かったものの、何しろ裏番組に、40%越える超ヒット番組『笑ってドンへ』があり、視聴率は低迷、結局120話の予定が、69話で打ち切りになりました。
天使の報酬 ~愛と野望の果てに~
2010年 KBS 『ファン・ジニ』
朝鮮王朝時代に実在した女性をモチーフにした、その女性の波乱にとんだ一生を描いた物語です。
ヒロインのファン・ジニは、ハ・ジウォンが演じ、チャン・グンソクがファン・ジニの初恋の人として出演しています。
この大ヒットドラマで、演技力を開眼したのが、プヨンを演じたワン・ビンナでした。
このドラマでKBS演技大賞の女優助演賞を獲得しています。
ファン・ジニ
映画
  • 2005年 『チェロ ホン・ミジュー家殺人事件』
  • 2003年 『浪漫刺客』
  • 2003年 『Run2U』
最近の受賞歴
  • 2006年 KBS 演技大賞 助演賞『ファン・ジニ』
参考サイト
ワン・ビンナの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る