Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

ハン・へリンのプロフィールとドラマ情報

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 3

ハン・へリンのプロフィールとドラマ情報

ハン・へリンのプロフィールと出演したドラマなどを紹介しています。

ハン・へリンは2008年SBSドラマ『8月に降る雪』で端役としてデビュー。

翌年MBC『総合病院2』で、末っ子看護士のチョン・スンドク役を演じて顔を知らせ始めた彼女。

彼女は、2010年から2011年まで、SBSで放映したレジェンドドラマ『新芸者伝』のクム・ララ役にも抜擢されました。

以降、ダン・サラン役のイム・スヒャンとは、『吹けよ美風よ』でまた再会したりもしました。

photo by: wowkorea
-スポンサーリンク -

ハン・へリンのパーソナルデータ

  • 名 前: ハン・へリン
  • 生年月日: 1988年11月6日(30歳)
  • 家族:アイドルグループ「UNI.T」のウヒ
  • 学歴:同徳女子大学校放送芸能科
  • デビュー:2008年SBSドラマ『8月に降る雪』

ハン・へリンのドラマ・映画出演作品

ドラマ
  • 2017年『憎くても愛してる』(KBS)
  • 2016年『吹けよ美風よ』(MBC)
  • 2015年『私の残念な彼氏』(MBCドラマネット)
  • 2013年『奇皇后』(MBC)
  • 2013年『ワン家の家族ら』(KBS)
  • 2011年『息子のやつら』(MBC)
  • 2011年『あなただけだ』(KBS)
  • 2011年『新芸者伝』(SBS)
  • 2008年『総合病院2』(MBC)
  • 2008年『大韓民国弁護士』(MBC)
  • 2007年『8月に降る雪』(SBS)
2017年『憎くても愛してる』(KBS)

この作品は幼い頃から波乱万丈に生活してきた女性主人公がすべてを失って新しく始める時期に不思議にも人生の花を咲かせ、1人の女性の人生とともに家族の大切さ、そして人間の欲望と勧善懲悪について描いているドラマです。
ここでハン・ヘリンは最悪の悪女であり、概念がなく欲望に満ちたチョン・インウ役を演じました。
チョン・インウはウンジョに感じる劣等感のせいで彼女の恋人と財産をすべて奪おうとした人物です。
後半に反省する姿で登場しますが、視聴者にはすでに悪女の印象が刺さってしまったので彼女にとって最大のアンチを作ってしまったキャラクターでもあります。

憎くても愛してる

2016年『吹けよ美風よ』(MBC)

この作品は北朝鮮から逃げてきたミプンとソウル男であるジャンゴが億ウォン台の遺産相続をめぐって対立を乗り越えながら、真の愛と大事な家族を探して行く話を描いたドラマです。
ここでハン・ヘリンは金持ちの財閥家の一人娘であり、イ・ジャンゴとバン・ソンシクの後輩で途中から現れるジャン・ハヨンを演じました。
彼女は基本的にきれいでシャーフなイメージとともに優雅な感じが強いので財閥家の娘あるいは悪女を演じる場合が多いです。それでまだ新人女優であるにも関わらず、視聴者から本当に悪女のように評価される場合が多いです。

2013年『奇皇后』(MBC)

この作品は中国の元に公女として連れて行かれた公女のスンニャンが自分の運命を克服し、敵は強く処断しながら自分と高麗人たちを守るために孤軍奮闘する話を描いたドラマです。
ここでハン・ヘリンは高麗出身のムスリだったけど、ヨンチョルを牽制するため皇太后の意思で皇帝と一夜をすごし、彼の子供を妊娠して鄭5品の妃になる側室の朴氏を演じました。
この中でハン・ヘリンは自分に嫉妬をやくタナシリのせいで苦労する人物として登場しますが、ギ・スンニャンと同じ高麗出身で二人は絆を感じながらお互いを守り苦難を克服していく人物でもあります。
最後はタナシリの計略で高麗出身の女官たちとともに山賊によって殺されますが、彼女が演じたキャラクターの中で一番善良なキャラクターだったと言っても過言ではない役割です。

奇皇后

映画
  • 2015年『私の心臓を放て』
  • 2014年『少女怪談』
  • 2012年『魔女キム・グヮンジャ』
ハン・へリンの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る