Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

キム・ミギョンのプロフィールとドラマ情報

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 3

キム・ミギョンのプロフィールとドラマ情報

キム・ミギョンのプロフィールと出演したドラマなどを紹介しています。

キム・ミギョンは1985年に劇団ヨヌ舞台へ入団し、同年演劇「ハン氏年代記」でデビューしました。1986年に「恐怖の外人球団」で映画デビューを果たしました。

出産を機に活動を休止し1999年の復帰作「カイスト」がドラマデビュー作となりました。

様々な役柄をこなすキム・ミギョンはカメレオン女優として活躍しています。最近では母親役も多く国民の母と呼ばれています。

photo by: kstyle
-スポンサーリンク -

中学、高校と韓国舞踊を専攻

入団後順調に舞台出演をしていたキム・ミギョンは出産後復帰予定でしたが生まれた娘の顔を見た瞬間に復帰を辞め子育てに専念する事に決めました。

子供にとって静かで優しいお母さんではないと語るキム・ミギョンは娘からベストフレンドだと言われており、娘の為ならばどんな困難にも立ち向えると語っています。

子育てがひと段落して女優復帰したキム・ミギョン

演技について30年以上の経歴を持つキム・ミギョンですが“演じれば演じる程演技は難しく数多くの人に出会いその人物像を自分の中から引き出す作業をしなくてはならない。だいたいではなくこうだ!にならなければ演じられない”と語っています。

“続けて似た人物を演技するよりも全く正反対の役柄のほうが新鮮でいい”とも話します。

特技は韓国舞踊で趣味はドラム、乗馬、スキューバダイビングで、ドラムについては死ぬまで叩き続けると言うほど熱中しているそうです。

活発で明るい性格から共演した俳優との交友関係が広く慕われている為キム・ミギョンのインスタグラムには沢山の写真が載せられています。

出演している作品の共演者や趣味の写真、休日の表情などが話題となり多くのフォロワーがいます。

出演作品

2018年 KBS2 『一緒に暮らしましょうか?』

photo by: KBS

「一緒に暮らしましょうか?」でキム・ミギョンが演じたのはチョン・ジニです。靴職人ヒョソプの娘ユハと恋に落ちるチョン・ウンテの姉でありヒョソプの長男ジェヒョンの恋の相手ヨン・ダヨンの母親という役でした。 弟であるウンテが結婚しない事を心配しお見合い話を勝手に進め、ウンテが好きになった相手がバツイチ子持ちと知って猛反対します。更に自分の娘がウンテの相手の弟と恋仲だと知り気を揉む事が多い母親を演じています。 この作品には他にチェ・ジョンウ、クム・セロク、ファン・ドンジュらがキャスティングされています。

一緒に暮らしましょうか?

「師任堂(サイムダン)色の日記」

「師任堂(サイムダン)色の日記」は女優イ・ヨンエが「チャングムの誓い」以来13年ぶりのドラマ出演で話題となった作品です。 韓国の高額紙幣5万ウォンの肖像画で知られるシン・サイムダンの人生を描いた時代劇で現代と500年前がリンクしながら進んで行くストーリーはある絵を通じて繋がっている二人の女性の人生が描かれています。 「師任堂(サイムダン)色の日記」でキム・ミギョンは現代に生きるホ・ヨンドの妻でソンギャラリー館長ソン・ミギョンを演じています。 この作品には他にイ・ヨンエ、ソン・スンホン、オ・ユナらがキャスティングされています。

師任堂(サイムダン)色の日記

2015年 MBS 「華麗なる誘惑」

「華麗なる誘惑」は出産直前に事故で夫を亡くした女性が自身も犯罪に加担したと疑われ服役する事になります。事件を調べる事になった女性は総理大臣の家庭へ潜入し華麗に誘惑を繰り広げながら真相に迫って行く作品です。 この作品でキム・ミギョンは主人公となる女性シン・ウンスの母親チェ・ガンジャを演じています。 この作品には他にチェ・ガンヒ、チェ・サンウク、チャ・イエリョンらがキャスティングされています。

キム・ミギョンの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る