Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

オ・ヒョンギョンのプロフィールとドラマ情報

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 3

オ・ヒョンギョンのプロフィールとドラマ情報

photo by: innolife.net

オ・ヒョンギョンは1988年にドラマ『愛が咲く木』で女優デビューしました。

1989年第33回ミスコリアで『真』を受賞します。その年の『善』に選ばれたのは、コ・ヒョンジョンでした。

韓国ドラマの登竜門と言われているミスコリアからは、多数の有名女優を輩出しています。

オ・ヒョンギョンもその一人といえるでしょう。

変わらぬ美しさ

アラフォーとなった今でも、恵まれた容姿と、スタイルの良さは抜群です。

肌の美しさに加え、オ・ヒョンギョンの様にスタイルの良さも兼ね備えている女優はなかなかいません。

長身であり、モデル並みのスタイルです。

ここ最近の出演作、『月桂樹洋服店の紳士たち~恋はオーダーメイド!~』でも、そのスタイルの良さを見ることができました。

本来なら知性も持ち合わせているオ・ヒョンギョンでしょうが、美人だけど少し抜けているという役を可愛らしく演じていました。

順調な芸能生活だったが…

ミスコリア優勝後、順調な芸能生活を送っていたオ・ヒョンギョンですが、人気絶頂のさなか1998年に大きな事件が起こります。

以前付き合っていた男性が、オ・ヒョンギョンと個人的に撮ったビデオを流出させたのです。

オ・ヒョンギョンはこの事件の被害者であり、面白おかしく取り上げたマスメディアに対しては、今も批判の声はありますが、オ・ヒョンギョンはその後10年間芸能界から姿を消すことになりました。

2002年に知り合って6ヶ月後の実業家と結婚、女の子も出産します。

しかし、夫が横領等の罪で逮捕収監され、結婚から4年後離婚という結果になります。

オ・ヒョンギョンが女優として復活するのは、その2年後のドラマ『糟糠の妻クラブ』でした。2013年『王(ワン)家の家族たち』では悪女を演じ、自分の中の何かが吹っ切れたそうです。

シングルマザーとなったオ・ヒョンギョンは、娘を育てなければという決意を持ち、どんな役でもこなすと女優魂をみせています。

オ・ヒョンギョンのパーソナルデータ

  • 名 前: オ・ヒョンギョン
  • 生年月日: 1970年 3月25日生(48歳)
  • 身長:170cm
  • 学歴:中央大学校大学院演劇映画科
  • 特技:スキー、水泳、テコンドー、TV/映画
  • デビュー: 1988年 KBSドラマ「愛が華やかになる木」

オ・ヒョンギョンのドラマ・映画出演作品

  • 2018年 KBS『ラジオロマンス』
  • 2016年 KBS『月桂樹洋服店の紳士たち』
  • 2016年 SBS『野獣の美女コンシム』
  • 2015年 tvN『鳴かない鳥』
  • 2014-2015年MBC『伝説の魔女』
  • 2013年 KBS『王(ワン)家の家族たち』
  • 2013年 tvN『優雅な女』
  • 2013年 KBS『サメ~愛の黙示録~』
  • 2012-2013年SBS『大風水』
2016年 KBS『月桂樹洋服店の紳士たち~恋はオーダーメイド!~』

100年を超える歴史がある月桂樹洋服店を舞台に、そこに関わる人たちの人生を題材としたヒューマンラブストーリーとなっています。
月桂樹洋服店長男役にイ・ドンゴン、不運な人生を歩んできたヒロイン役にチョ・ユニ。
オ・ヒョンギョンは、月桂樹洋服店の長女であり、世間知らずというか、純粋すぎる女性イ・ドンスク役を演じています。

月桂樹洋服店の紳士たち~恋はオーダーメイド!~

2013年KBS『王(ワン)家の家族たち』

最高視聴率48.3%を叩き出した、3世代が同居する家族と彼らを取り巻く人々の喜怒哀楽、恋愛を描いたホームドラマです。
オ・ヒョンギョンは、言いたい放題、やりたい放題の無責任な長女ワン・スバク役を熱演しました。

王(ワン)家の家族たち

2008年SBS『糟糠の妻クラブ』

夫に裏切られた妻たちが『糟糠の妻クラブ』を結成し、裏切った伴侶たちにそれぞれ復讐をする様をコミカルに描いています。
オ・ヒョンギョンは、平凡な主婦だったはずが、女性に不利な結婚制度に対して緻密で痛快な復讐をもくろむナ・ファシン役を演じています。

糟糠の妻クラブ

映画
  • 2015年 『二十歳』
最近の受賞歴
  • 2008年 韓国文化芸術大賞タレント部門女子優秀賞
  • 1990年 KBS演技大賞新人賞
オ・ヒョンギョンの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る