Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

パク・ヘミのプロフィールとドラマ情報

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 5

パク・ヘミのプロフィールとドラマ情報

パク・ヘミのプロフィールと出演したドラマなどを紹介しています。

パク・ヘミは、1984年のミュージカル『ジーザス・クライスト・スーパースター』で、ミュージカル女優としてデビューしました。

それ以来、『マンマ・ミ-ア』を含む多数のミュージカルに出演しています。

プライベートでは離婚歴があり、息子と別れることを余儀なくされた過去を持っています。

その結婚生活については自叙伝『ドナの歌』で赤裸々に綴っています。

その後1995年には9歳年下の音楽演出家と再婚し息子を授かっています。

2010年には、自分たちの夫婦喧嘩をもとに作成されたミュージカル『キス・アンド・メイク』を製作し話題となりました。

そして『生まれ変わっても今の夫と結婚したい』と愛情を表しています。

2017年には家族と一緒に出演した『生放送、今朝』で、パク・ヘミは10k、次男のファン・ソンジェ君は40kgのダイエットに成功したと明かし注目を集めました。

photo by: wowkorea
-スポンサーリンク -

女優としてのパク・ヘミ

2006年MBCドラマ『思いっきりハイキック!』に出演し、MBC放送演技大賞で人気賞を受賞しました。

その後も数多くの人気作に出演しており、2010年MBCドラマ『個人の趣向』では、イ・ミンホの母親役を演じました。

最近では、2017年 KBSドラマ『恋の花が咲きました/ ムクゲ(ムグンファ)の花が咲きました 』に出演しています。

多彩な芸能活動

2017年にはミュージカル『ナンセンス2』の主演女優件演出家として成功を収めました。

ヘミ・ミュージカル・カンパニー代表でもあるパク・ヘミは、劇団運営を長年行いながら、演出に対する夢も育ててきたようです。

『ナンセンス2』のオファーを受けた際、原作があまりにも面白くなかったため、原作を大幅に修正しました。

そして彼女が作り直した作品は大衆の高評価を受けました。

今後も国内だけにとどまらず、海外での舞台も狙える作品を作りたいという目標を持っています。

女性人権にも関心が大きいことで有名です。

2007年には男女平等実現連合広報大使を務め、男女平等のための様々な広報活動行っています。

リーダー気質

パク・ヘミは、人の先頭に立ち、指揮することができるリーダー気質を持っています。

それは幼い頃から発揮されていました。小学生時代、国語の朗読では友人らを陣頭指揮し、中学校では合唱を指揮しました。

現在の演出という仕事にも繋がっていったのではないでしょうか。

ミュージカルの舞台でも名を馳せているパク・ヘミですが、アイドル出身のミュージカル俳優で実力のある人物は誰かと聞かれた際、JYJのキム・ジュンスを挙げたことも話題になりました。

パク・ヘミのパーソナルデータ

  • 名 前: パク・ヘミ
  • 生年月日: 1964年1月28日(54歳)
  • 身長:163cm
  • 学歴:梨花女子大学校声楽科
  • 趣味:フラメンコダンス
  • デビュー:1984年ミュージカル『ジーザス・クライスト・スーパースター』

パク・ヘミの主なドラマ・映画出演作品と解説

ドラマ
  • 2005年SBS 『神様、お願い』
  • 2006年 MBC『黄金漁場』
  • 2006年 MBC『思い切りハイキック!』
  • 2007年 SBS 『銭の戦争』
  • 2008年 KBS『愛しの金枝玉葉』
  • 2009年 KBS 『みんな一緒にチャチャチャ』
  • 2010年 MBC 『個人の趣向』
  • 2010年 KBS 『笑ってトンヘ』
  • 2011年MBC『ハイキック3~短足の逆襲~』
  • 2012年KBS『ゆれながら咲く花』
  • 2013年MBC『奇皇后』
  • 2013年MBC『オーロラ姫』
  • 2014年JTBC『12年ぶりの再会』
  • 2015年KBS『チアアップ!』
  • 2015年MBC『私の娘はスーパーウーマン』
  • 2016年KBS『ドキドキ再婚ロマンス~子どもが5人』
  • 2016年MBC『もう一度ハッピーエンディンング』
  • 2017年 KBS『恋の花が咲きました/ ムクゲ(ムグンファ)の花が咲きました 』
2006年 MBC『思い切りハイキック!』

お茶の間に笑いと涙のハイキック旋風を巻き起こした大ヒットホームドラマです。
3世帯同居一家を舞台に、笑える家族の日常を描いて話題となりました。
初回は7.4%だった視聴率も、面白さがクチコミで広がり最高視聴率が27.7%までにも上昇しました。
役名もパク・ヘミで、威風堂々としたお嫁さんであり、完璧な女性を目指す母親を演じました。

2010年 MBC 『個人の趣向』

イ・ミンホとソン・イェジンというトップスター共演作です。
成り行きでゲイと偽ることになってしまったパーフェクトな男と、恋愛下手女のラブコメディーとなっています。
パク・ヘミはイ・ミンホの母親役として出演しましたが、彼の母親らしい可愛くて品のある女性を演じていたのが印象に残っています。

2014年 MBC 『奇皇后』
元帝国最後の皇后、キスンニャン役。
貢女(奴隷女)から高貴な身分に上った数奇な運命を送った女性を熱演。
チ・チャンウク、チュ・ジンモ達と恋のライバル争いを演じる。
「奇皇后」のあらすじと感想
2017年 KBS『恋の花が咲きました/ ムクゲ(ムグンファ)の花が咲きました 』

photo by: KBS

警察を舞台に新人女性巡査とエリート警官が繰り広げる痛快ラブストーリーです。
シングルマザーの新人警官ム・グンファ役にイム・スヒャン、エリート警官チャ・テジン役にト・ジハンが抜擢されました。
犯罪、家庭内暴力などの事件を解決していく中で『正義』や『家族の愛』とは何かを描くヒューマンストーリーの要素もある作品となっています。
パク・ヘミはホ・ソンヒ役で出演しました。
内縁の妻であり、家庭を捨てた過去がある複雑な心境の母親でもある役どころを演じました。
パク・ヘミ特有の色っぽさが、役のイメージによく合っていたと思います。 (恋の花が咲きました/ ムクゲ(ムグンファ)の花が咲きました
映画
  • 2010年『私の男のスニ』
  • 2013年『青春情談』
受賞歴
  • 2006年MBC放送演技大賞人気賞『思いっきりハイキック!』
パク・ヘミの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る