魔女宝鑑 18話 あらすじと感想(ユン・シユン、キム・セロン)

韓国ドラマ魔女宝鑑18話あらすじネタバレと少し感想も含めて紹介します。

魔女宝鑑」第18話では、ヨニと楽しく暮らしていたホ・ジュンが、追手に追い込まれ谷底に落ちてしまいました。
運よくプンヨンに助けられましたが、ヨニはもう亡くなっていると思っています。
しかし数日後宮中で感動の再会を果たすホ・ジュンヨニでした・・・。

前回のあらすじ・・・

投獄されたホンジュが火あぶりの刑になる所を、ヨニの為にホ・ジュンがとめました。
助かったホンジュでしたがヨニを罠に仕掛け、ホ・ジュンヨニは再び身を隠す事となったのです。

[スポンサーリンク]

ホ・ジュン命の危機

前回、民衆の前で魔術を使ってしまい姿を隠しているヨニ

ホ・ジュンとのつかの間の楽しいひと時も、すぐに追っ手が来てしまい、ホ・ジュンは谷底に落ちてしまいます。

登場人物・キャストを見る

真実を知ったヨニの怒り

実はホ・ジュンはプンヨンによって助けてもらっていたのです。
しかしホ・ジュン宣祖によって殺されてしまったと思い込んでいた失意のヨニは、宮中の宣祖のもとを訪れました。

そこで、ホンジュから衝撃的な事実を突きつけられます。

それは、ヨニの出世についての秘密でした。

ホンジュは、ヨニ宣祖の魔術によって生み出されたのであり、本当の母親は別のところにいるもいうものです。

ホンジュから衝撃的な事実を聞いた、ヨニは怒りに我を忘れ、「私がなぜ、お前たちの誤った欲望のために犠牲にならなければならかいのか。お前たちの過ちならば、お前たちが死ななければならない」と、巫女である実の母親と同じ言葉を放ちました。

[スポンサーリンク]

涙の再会

プンヨンに助けてもらって一命を取り留めたホ・ジュンでしたが、今度はプンヨンが黒魔術のせいで、一瞬我を失います。

ヨニは、怒りに任せてホンジュの首を絞めつけました。

それを見つけたホ・ジュンは、必死に止めようとします。

ホ・ジュンを見つけ、死んだと思っていたヨニはうれしさのあまり涙を流しました。

しかし、二人とも宮中で大暴れをしてしまったのとで呪縛されてしまいます。

「魔女宝鑑」第18話の感想

身を隠しながらもほんのひと時だけ楽しい時間を過ごし、愛を確かめあった二人に、宣祖は容赦なく攻撃をしかけました。

はっきり言ってひどすぎるほどの猛攻撃です。

そして、呪いに苦しむヨニは怒りに我を忘れて復讐に向かいますが、逆に二人は捉えられて絶体絶命。

今度ばかりは命の危険です。

そうでなくても呪いに苦しんでいるのに、これ以上の仕打ちをしようというのでしょうか。

これから一体どうなってしまうのか心配でたまりません。

主な登場人物とキャスト

主な登場人物キャストの説明です。

主人公

  • ホ・ジュン(ユン・シユン): 龍川県監ホ・ユンの庶子、後に朝鮮一の名医
  • ヨニ “ソリ” (キム・セロン): 明宗の娘、スンフェ世子の双子の妹
  • キム氏(キム・ヒジョン): ホ・ジュンの母、奴婢出身

ホ・ジュンを取り巻く人々

  • ソン氏(チョン・ミソン): ホ・ユンの妻、ホ・オクの母
  • ホ・オク(チョ・ダルファン): ホ・ジュンの異母兄、ホ・ユンの嫡子

朝鮮王室

  • シム王妃(チャン・ヒジン): 明宗の正室
  • 明宗(イ・ダウィッ、又はイ・デビッド): 朝鮮第13代王
  • 大妃ユン氏(キム・ヨンエ): 明宗の母
  • 宣祖(イ・ジフン): 朝鮮第14代王
  • スンフェ世子(ヨ・フェヒョン): 明宗の息子で世子(セジャ)

星宿庁

  • ヘラン(チョン・インソ): 星宿庁の巫女、スンフェとヨニの産みの母
  • ホンジュ(ヨム・ジョンア): 星宿庁の大巫女

その他

  • プンヨン(クァク・シヤン): ヨニの義兄、内禁衛(ネグミ、親衛隊)の従事官
  • チェ・ヒョンソ(イ・ソンジェ): プンヨンの父でヨニの養父
  • ソルゲ(ムン・ガヨン): プンヨンの友人で護衛武士

[スポンサーリンク]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ