おんな城主直虎の謎に迫る

井伊直虎が愛用した甲冑、刀剣、調度品や思い出の品

直虎が女城主となる(1565年)以前に、南北朝時代から500年以上も歴史があった井伊家ですから、数多くの貴重な品々があったに違いありません。

 

-スポンサーリンク-

しかし、戦国時代という動乱の時代に居城・井伊谷城を奪われることも度々であったとか。(家老小野政次の反乱、武田信玄の遠江侵攻)

 

そんな中で、井伊家は先祖伝来の多くの品々を失ったと言いますが、直虎は先祖伝来の貴重な品々を必死に守ったと伝えられます。

井伊直虎ゆかりの品々記事一覧

「おんな城主直虎」の主人公井伊直虎にまつわる鎧甲冑・武具や調度品、書簡など、直虎が愛しんだアイテムの数々は貴重な歴史資料としても美術品としても価値あるものばかりです。この記事では、井伊直虎を偲ぶ品々を展示してある記念館や美術館の紹介をしてい...

紺糸威本小札胴丸直虎が用いた甲冑は「紺糸威本小札胴丸」と呼ばれ、井伊家に伝わる甲冑としては現存する最古の鎧胴です。室町末期に作られたという由緒ある品とされ、文字通り、紺色の糸で鎧札を綴り合わせたものです。井伊家は直虎の時代に滅亡の危機に瀕し...