直虎が愛用した武具甲冑、身の回りの品、書状

-スポンサーリンク-

 

おんな城主直虎のあらすじ 感想

直虎が愛用した武具甲冑、身の回りの品、書状、思い出のアイテム

紺糸威本小札胴丸

直虎が用いた甲冑は「紺糸威本小札胴丸」と呼ばれ、井伊家に伝わる甲冑としては現存する最古の鎧胴です。

室町末期に作られたという由緒ある品とされ、文字通り、紺色の糸で鎧札を綴り合わせたものです。

 

井伊家は直虎の時代に滅亡の危機に瀕し、多くの甲冑を失ってしまいますが、この鎧だけは直虎が必死に守ったとされています。

 

-スポンサーリンク-

井伊家の甲冑・具足は「井伊の赤備え」で良く知られますが、これは武田家滅亡(1582年)後に井伊直政徳川家康から使用を許されたもの。

直虎が城主となった時は武田家は信玄の時代でしたので、赤備えは使用していませんでした。

「-井伊直平・直宗・直盛・直親・次郎法師直虎所用-(井伊家最古の鎧胴・室町末期) 井伊家に係る甲冑類の中では最古の鎧胴で、正式には胴丸(古称腹巻)と称します。」 via www.ii-museum.jp/naotora.html

京都・井伊美術館所蔵

直江志津兼友の脇差

井伊直虎が所用していたとされる脇差が遺されており、銘は直江志津兼友となっています。

直江志津は南北朝時代に端を発する刀工の一団で、美濃の国・直江(現在の岐阜県養老郡養老町直江)で数々の名刀を鍛えたことで良く知られますが、井伊家の歴代当主も直江志津を愛用しています。

「直江志津の兼友の作。直虎常用の脇差で、江戸時代には与板藩主の井伊直暉の愛刀でした」 via www.ii-museum.jp/naotora.html

京都・井伊美術館所蔵

志津兼氏の懐刀

直虎が愛用した懐刀(懐剣)は、銘を志津兼氏と言います。

正宗十哲の一人に挙げられる兼氏の作と言われる名刀です。

「井伊直虎記念贈遺 井伊直政懐中の秘剣 -志津兼氏(長さ約七寸七分 生ぶ無銘)-」 via www.ii-museum.jp/naotora.html

 

-スポンサーリンク-

養子の井伊直政は、天正十年(1582年)の北条氏直との大合戦(天正壬午の乱)に参加した折、北条側から提案された停戦和平の徳川側の使者として選ばれました。

 

この和平交渉に臨む直政は、敵陣に乗り込む際に、万一の場合があると思い、鎧の下に懐刀を忍び持って交渉に臨んだそうです。

 

この時の懐刀が直虎から贈られた志津兼氏の懐剣でした。

天正十年と言えば本能寺の変(6月1日)が勃発し、直虎が没した年(9月12日)です。

 

天正壬午の乱は、本能寺の変の直後に始まった一連の戦いで、家康にとっては信長亡き後の勢力拡大のチャンスでした~養子・直政の一世一代の晴れ舞台に自ら用いた護身用の懐剣を贈った直虎の心情が読み取れるようです。

(ちなみに、この志津兼氏の懐剣は現在調査中ですので、実物は見ることはできませんが、研究史料を見ることができます。)

京都・井伊美術館所蔵

直虎愛用の鏡

直虎が愛用したと言う鏡が残っています。

紐座に菊と亀、松に二羽の鶴の文様を配した貴重な鏡です。

室町時代に作られたという由緒ある品だということ。

女武将として出陣することもあった直虎が、身だしなみ用に使ったのでしょうか?

直虎の女性としての一面を彷彿とさせます。

「直虎愛用の鏡  紐座は菊亀甲亀紐、松に二羽の鶴を配した吉祥文様の鏡です。亀と双鶴が接嘴した図柄は室町時代の特色とされています。」 via www.ii-museum.jp/naotora.html

京都・井伊美術館所蔵

直虎直筆の花押入り書状

浜松市北区細江町の蜂前神社には直虎直筆の花押が入った文書が残っているとの事です。

この書状は当時の井伊家が発した徳政令(借金帳消し)に関する内容が書かれており、男性しか用いなかった花押(署名の代わりに使用される記号・符号)が記されていて、直虎が立派な領主として活躍していた証ではないでしょうか?

「井伊直虎「花押」が記された唯一の古文書「井伊直虎関口氏経連書状」(浜松市指定文化財)は現在浜松市博物館にて保管されています。」 via 女城主・井伊直虎の花押について | 宗教法人蜂前神社

photo by: hachisakijinja.or.jp

浜松市・八前神社所蔵

青葉の笛

直政の元許婚者・井伊直親(亀之丞)が信濃に亡命し、拠点の引佐に帰った時、世話になった僧に贈ったとされる笛だと伝えられます。

青葉の笛は引佐町で保管されているという事ですが、そのレプリカ版が見られます。

笛の名手だったという直親の凛々しい姿を彷彿とさせます。

photo by: city.hamamatsu.shizuoka.jp

 

「井伊直虎の許婚(いいなずけ)・亀之丞(かめのじょう)(後の井伊直親(なおちか))が、(中略)井伊谷へ帰る途中、寺野(てらの)(北区引佐町渋川)の宝蔵寺(ほうぞうじ)へ奉納したといわれている笛。現在、複製が引佐協働センター2階で展示されています。」 via 井の国から直虎物語《第二話》(広報はままつ2016年7月号)/浜松市

 


井伊直虎ゆかりの地を訪ねて

-スポンサーリンク-


 

出典・参考リンク

関連ページ

井伊直虎ゆかりの品々展示
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公井伊直虎ゆかりの鎧兜などの品々が見れる場所について