井伊直虎と井伊直弼の関係~井伊家最後の大老

-スポンサーリンク-

 

おんな城主直虎のあらすじ 感想

井伊直弼-直虎の末裔、桜田門外に散った幕末の忠臣は国賊か英雄か?

井伊直弼は幕末の徳川幕府の大老で、桜田門外に散った壮絶な最期で知られる井伊家の子孫ですが、度々ドラマや映画化されたことのある有名な人物です。

井伊家最後の大老・直弼

井伊直虎の養子・直政を開祖とする彦根藩は幕府からの信頼も厚く、幕府が大きな問題に直面した時には、しばしば大老を排出しています。しかし、その中でもっとも有名な人物を上げるとすれば、やはり幕末の大老、井伊直弼と言うことになるでしょう。

井伊家の家系をたどっていくと、直弼は直政の8代後の子孫で、彦根藩の第16代藩主にあたります。

1815年に当主直中(なおなか)の14男として産まれていますが、継承順位は低く、長い間不遇の生活を送っていました。

しかし、1846年に当時の当主であった兄の嫡子が病死したことから、兄の養子として後継者に指名され、1850年からは彦根藩の藩主として藩政改革を行い、名君と呼ばれるほどの成果を上げています。

(画像は井伊直弼肖像)

開国を強行した直弼の先見の明?-直弼の功罪

-スポンサーリンク-

1853年のペリーの来訪以降、日本は彼らを受け入れて開国するか、彼らを排除して鎖国を続けるかの決定を迫られるようになります。

井伊直弼は、開国派に属して水戸の徳川斉昭ら攘夷派と対立し、そのために斉昭とともに一時的に政治の表舞台から遠ざけられていますが、1858年になると、紛糾する開国問題を解決できる人物と見込まれ、大老として選出されました。

直弼の高い行政能力を見込まれての大老就任だったのでしょう。

この当時の日本は、幕府が政治を運営していましたが、名目的には、その上に朝廷がありました。

そのために、今回のような重大な問題では、朝廷の認可を得る必要があったのですが、開国を嫌う孝明天皇は認可を出すことを拒んでいました。

井伊直弼が大老に推されたのも、この問題の解決を期待されてのことだったのですが、直弼は、朝廷の認可を得ず、独断でアメリカと日米修好通商条約を結ぶことで、この問題を解決してしまいます。

この条約はアメリカ側に領事裁判権を認め、日本に関税自主権が無いなど、アメリカに有利だったことから不平等条約と評価されていますが、直弼はお隣中国・清国の惨状とアメリカの開国へのプレッシャーを強く感じ、強引に戦いを挑むことの不利を自覚していたのではないでしょうか?

安政の大獄と桜田門外の変

しかし、この行為は朝廷の怒りを呼び、それが前述の徳川斉昭や全国の尊皇派にも波及します。この運動を取りつぶしたのが「安政の大獄」であり、さらにその報復として行われたのが、「桜田門外の変」です。

結果論としては、開国を進めた井伊直弼の判断は正しかったと言えるのですが、その強引なやり方が大きな反発を生み、それが自身の命だけでなく、幕府そのものの瓦解にもつながっていったことを考えると、この問題の是非を問うのは非常に難しい問題であると言えるでしょう。

井伊直虎譲りの「先見の明」と「徳川家への忠節」の相克が招いた結果だったのかもしれません。

井伊直弼と直親に残る逸話

-スポンサーリンク-

なお、井伊直弼が彦根藩主となって間もないころの1851年、直弼は藩祖直政の父である「井伊直親の墓」に詣でたことがありました。

井伊直親の墓は、現在の静岡県浜松市北区細江町中川にある墓のことあり、その際に直弼は一対の灯篭を寄進したという逸話があります。

彦根藩のご先祖・井伊直政の父で無念の死を遂げた直親に対する鎮魂と感謝の意を示す墓参りだったと察しますが、この時は7年後の自分自身の無念の死を知る由もなかったでしょう。

なにか因縁らしきものを感じるのですが、考えすぎでしょうか?

1977年の堤防工事の際に、この墓と燈籠は少し移動することになりましたが、現在でも残っており、特に規制などもないため、誰でも見学することができます。

関連記事:

井伊直虎ゆかりの地を訪ねて

-スポンサーリンク-



関連ページ

開祖・井伊共保
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と井伊共保の関係とその逸話などをまとめています。
井伊直盛(杉本哲太)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と井伊直盛の関係とその逸話などをまとめています。
今川義元(春風亭昇太)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と今川義元の関係とその逸話などをまとめています。
織田信長(市川海老蔵)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の主人公、井伊直虎と織田信長の関係とその逸話などをまとめています。織田信長と今川義元の桶狭間の戦いで井伊直虎の父で井伊家当主の直盛が戦死しますが、信長こそ井伊家断絶の危機を作り出し、井伊直虎がおんな城主となるきっかけを作った張本人だったわけです。
徳川家康(阿部サダヲ)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と徳川家康の関係とその逸話などをまとめています。
井伊直政(虎松、菅田将暉)
NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎(なおとら)と井伊直政の関係とその逸話などをまとめています。彦根藩初代藩主で徳川四天王の一人、井伊の赤鬼と恐れられた井伊直政の育ての親、直虎との逸話です。
豊臣秀吉
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と豊臣秀吉の関係とその逸話などをまとめています。
今川氏真(尾上松也)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と今川氏真の関係とその逸話などをまとめています。
井伊直親(三浦春馬)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と井伊直親の関係とその逸話などをまとめています。
小野政直(吹越満)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と小野政直・小野政次親子の関係とその逸話などをまとめています。
小野政次(高橋一生)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と小野政直・小野政次親子の関係とその逸話などをまとめています。
武田信玄
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と武田信玄の関係とその逸話などをまとめています。直虎の居城、井伊谷城を奪った信玄は井伊家断絶の危機を作ったのです。
南渓和尚(小林薫)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎南渓和尚の関係とその逸話などをまとめています。
築山御前(菜々緒)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と築山御前の関係とその逸話などをまとめています。
井伊家と真田家の関係
井伊家から真田家に連なる系図があったのをご存知でしょうか?真田幸専は、井伊直幸(近江彦根藩第12代藩主)の9男ですが、真田幸弘(信濃松代藩の第6代藩主)に継嗣がなかった為、養子として迎えられ、信濃松代藩の第7代藩主となりました。