おんな城主直虎にゆかりの人物たち

-スポンサーリンク-

 

おんな城主直虎のあらすじ 感想

武田信玄-直虎の居城を奪い井伊家断絶の危機を作った戦国の英雄

武田信玄という有名な戦国武将がいます。

戦国時代を語るのになくてはならない英雄の一人ですネ。

信玄は、今の山梨県に当たる甲斐の国の領主で、隣国の越後の上杉謙信との、五回にわたる「 川中島の戦い」はあまりにも有名です。

しかし、この武田信玄が井伊谷城を拠点とする井伊家の断絶の危機を作った事はあまり知られていないのではないでしょうか?

Photo:武田信玄肖像(山梨県立博物館所蔵)

井伊直虎にとっての武田信玄の脅威

-スポンサーリンク-

ところでこの武田信玄は、上杉謙信のみならず、隣接する多くの国の領主にとっても、かなりの脅威でした。

 

遠江の国、現在の静岡県東部に当たる地域に、井伊谷城を構えていた井伊氏もその一つです。

 

元々この井伊氏は今川氏に仕えており、桶狭間の戦いで当主の井伊直盛は戦死、その後跡を継いだいとこの直親も、謀反の疑いをかけられて殺されてしまいます。

その後の継承者は直盛の娘しかおらず、1565年に彼女が井伊直虎と名乗って政務を執るようになりました。

 

おんな城主直虎の誕生です。

井伊谷城乗っ取り事件

ところが、1568年になると井伊氏の家中に対立と混乱が激化します。

今川氏が出した徳政令を巡って、直虎派と家老の小野道好(小野政次)派とが対立し、やがて直虎たちは居城であるはずの井伊谷城を奪われてしまいます。

今川家のスパイとして井伊家の家老職にあった小野道好(小野政次)がお家乗っ取りを図ったわけです。

 

この時は、小野と対立した井伊谷三人衆と呼ばれる武将たちが、徳川家康と接近したこともあり、家康のお陰で井伊谷城は井伊直虎の手に戻ります。

武田信玄に井伊谷城を奪われた直虎

-スポンサーリンク-

しかしその後、今川氏との関係が悪化した武田信玄が、駿河侵攻と呼ばれる今川氏の領地への侵攻を行って、井伊谷城は武田の家臣である、山県昌景の所有となってしまいます。

 

1572年の出来事でした。

 

山県昌景は「武田の赤備え部隊」を率いた事で知られますが、後に井伊直政が武田家滅亡後の「赤備え部隊」(井伊の赤備えと呼ばれる)を引き継いだことは何やら因縁めいたものを感じさせます。

この時直虎たちは、徳川家康の城である浜松城へ逃れています。

また家康も、武田と同盟を結んで、駿河の東にある遠江へ軍事行動を起こしました。

遠江侵攻によって、今川氏当主の氏真が籠城する掛川城を苦戦の末落とし、遠江は徳川氏の領地となります。

武田氏の脅威去る

その後、駿河は武田領、遠江は徳川領となりましたが、徳川家康と同盟関係にあった織田信長武田信玄が反目し合うようになり、武田軍は徳川氏が支配する遠江へ攻め込みます。

この時は織田の援軍もままならず、特に三方ヶ原の戦いでは、徳川家康は大苦戦を強いられて浜松城へと敗走します。

 

この三方ヶ原の戦いの後、浜松に逃げ帰った家康が屈辱的な大敗を生涯忘れぬため、すぐさま絵師を呼び、まんまと信玄の策に嵌まった自分の無様な姿を描かせ、生涯の教訓にしたというエピソードが残されています。

この絵は「しかみ像」と呼ばれ、徳川美術館に所蔵されています。

正式名称は『徳川家康三方ヶ原戦役画像』

その後信玄は、京へ上る途中に病に倒れて世を去ります。

その死はしばらく伏せられましたが、これで徳川氏にとっても、井伊氏にとっても最大の脅威はなくなりました。

井伊谷城の奪回

こうして井伊直虎は1573年に武田勢が撤退した為、井伊谷城を奪回しています。

そして再び井伊谷城は井伊氏のものとなり、井伊氏は徳川氏に臣従することとなりました。

武田信玄の死によって井伊家の大きな脅威が取り除かれたのです。

その後直虎の養子で、後継者でもある直政は家康に仕えるようになり、様々な手柄を立てて、後に井伊氏が徳川家の譜代大名となって行く、その足掛かりを作って行くようになります。

 


井伊直虎ゆかりの地を訪ねて

-スポンサーリンク-


 

→ 関連記事:


関連ページ

開祖・井伊共保
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と井伊共保の関係とその逸話などをまとめています。
井伊直盛(杉本哲太)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と井伊直盛の関係とその逸話などをまとめています。
今川義元(春風亭昇太)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と今川義元の関係とその逸話などをまとめています。
織田信長(市川海老蔵)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の主人公、井伊直虎と織田信長の関係とその逸話などをまとめています。織田信長と今川義元の桶狭間の戦いで井伊直虎の父で井伊家当主の直盛が戦死しますが、信長こそ井伊家断絶の危機を作り出し、井伊直虎がおんな城主となるきっかけを作った張本人だったわけです。
徳川家康(阿部サダヲ)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と徳川家康の関係とその逸話などをまとめています。
井伊直政(虎松、菅田将暉)
NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎(なおとら)と井伊直政の関係とその逸話などをまとめています。彦根藩初代藩主で徳川四天王の一人、井伊の赤鬼と恐れられた井伊直政の育ての親、直虎との逸話です。
井伊直弼
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と井伊直弼の関係とその逸話などをまとめています。井伊直弼は、幕末の徳川幕府の大老で、桜田門外に散った壮絶な最期で知られる井伊家の子孫です。
豊臣秀吉
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と豊臣秀吉の関係とその逸話などをまとめています。
今川氏真(尾上松也)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と今川氏真の関係とその逸話などをまとめています。
井伊直親(三浦春馬)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と井伊直親の関係とその逸話などをまとめています。
小野政直(吹越満)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と小野政直・小野政次親子の関係とその逸話などをまとめています。
小野政次(高橋一生)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と小野政直・小野政次親子の関係とその逸話などをまとめています。
南渓和尚(小林薫)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎南渓和尚の関係とその逸話などをまとめています。
築山御前(菜々緒)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と築山御前の関係とその逸話などをまとめています。
井伊家と真田家の関係
井伊家から真田家に連なる系図があったのをご存知でしょうか?真田幸専は、井伊直幸(近江彦根藩第12代藩主)の9男ですが、真田幸弘(信濃松代藩の第6代藩主)に継嗣がなかった為、養子として迎えられ、信濃松代藩の第7代藩主となりました。