おんな城主直虎にゆかりの人物たち

-スポンサーリンク-

 

おんな城主直虎のあらすじ 感想

徳川家康-井伊家の大恩人、井伊家の繁栄のきっかけを作った男

井伊家繁栄のきっかけを作った男で井伊家の大恩人「徳川家康」(幼名竹千代、松平元康)は、幼少の頃から今川氏の人質となったり、織田家の人質となったりして苦労に満ちた少年時代を送っています。

 

徳川家康松平元康)の嫡子・信康は、家康の正室・築山殿(井伊直平の娘)との間に誕生しますが、織田信長の娘・徳姫を正室に迎えていましたが、武田家との内通を疑われ織田信長の命を受けた家康によって切腹させられてしまいます。

 

photo by: 宝台院【静岡】の公式ホームページ

 

このとき、正室の築山殿も処分されており、家康は嫡男と正室の両方を失うと言う悲劇に見舞われたことは歴史上有名なエピソードとなっています。

 

家康は、天下人となるまで様々な試練に見舞われ続けた苦労の人だったわけです。

 

 ちなみにドラマの中では、俳優の「阿部サダヲ」が家康を演じています。

 

『三河のぼんやり』と呼ばれる存在で、とにかく目立たぬようにと気を配るのですが、正室の瀬奈姫(築山御前)からは、しょっちゅうお尻を叩かれています。

 

この人物が後に天下統一を果たす戦国の英雄となるのですから、人生は分かりません(笑)

 

鷹狩…井伊直虎の養子・直政との出会い

-スポンサーリンク-

さて、徳川家康は井伊家を繁栄に導いた井伊直政の大恩人的存在です。

 

井伊直政は、遠江国引佐郡井伊谷城主の家督を相続する予定であった井伊直親の長男として誕生しますが、父直親は小野道高の讒言により今川義元により自害させられ、直政は龍潭寺から愛知県の鳳来寺に身を寄せる事となります。

 

このとき、直政の母である奥山親朝の娘は、直政が井伊家の家督相続権を失うが、今川家の家臣松下清景と再婚し直正を松下家の養子とする事で安全を確保しています。

 

その後、井伊直政は井伊家の家督を継いだ井伊直虎の養子として迎えられることに。

 

井伊直政が15歳の時には、鷹狩りに出かけた徳川家康と出会い、自分の出自を明らかにした事で300石で家康に召抱えられ、徳川家康の幼名竹千代に因み井伊万千代の名を与えられたのでした。

 

少年時代から辛酸をなめる人生を余儀なくされた家康は、直政の悲運に自分の苦労を重ね合わせたのかも知れません。

 

実はこの出会いは南渓和尚井伊直虎の大叔父・南渓端聞)と直虎が仕組んだという逸話が残されています。

 

家康の絶対的信頼を得た直政の栄達

-スポンサーリンク-

本能寺の変では、井伊直政が、主君徳川家康を落ち武者狩りなどから無事守り岡崎城へ帰還した伊賀越えの大任を果たし、酒井忠次や本多忠勝、榊原康政と共に徳川四天王に数えられています。

 

伊賀越えは、大阪の堺から大阪東部の四條畷市と滋賀県甲賀市を経て、急峻な伊賀国の加太峠を越え三重県津市から海路で愛知県碧南市へ戻り、岡崎城へ帰還したとされる徳川家康最大の逃避行です。

 

直政は、伊賀越えの褒美として、新潟県三島郡与板町の歴史民俗資料館に保管されている孔雀の羽で織った陣羽織を徳川家康から頂いています。

 

徳川家康はこの時の井伊直政の懸命な働きを高く評価し、一生この恩を忘れなかったようです

 

女地頭と呼ばれた井伊直虎は、伊賀越えからの義理の息子の帰還を見届けるかの様に1582年に無くなり、直政は徳川家康の養女を娶ると共に元服して井伊直政へと名を改めています。

 

井伊直政・大名へ出世

 

又、直政は、武田遺領争奪戦とも呼ばれる天正壬午の乱後4万石に加増され、武田の山県昌景の旧臣達を引き受けた事もあり、家康寄り山県昌景の小幡赤武者隊の軍装を許されています。

 

以後、小牧・長久手の戦い以降井伊の赤鬼として恐れられる様になり、関が原の戦いでは家康の四男忠吉よりも直政の怪我を心配したと言われるほど、徳川家康に大事にされていた逸話も残されています。

 

ちなみに、井伊直政徳川家康だけでは無く、当時の天下人豊臣秀吉からも武力や策士としての能力と政治的手腕の両方を兼ね備えているとして、直江兼続と同様に従五位下と豊臣姓を下賜されています。

 

この井伊家の繁栄は、大恩人・徳川家康井伊直政の幼き頃の出会いがもたらしたものだったのです。

 

 


井伊直虎ゆかりの地を訪ねて

-スポンサーリンク-


 

→ 関連記事:


関連ページ

開祖・井伊共保
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と井伊共保の関係とその逸話などをまとめています。
井伊直盛(杉本哲太)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と井伊直盛の関係とその逸話などをまとめています。
今川義元(春風亭昇太)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と今川義元の関係とその逸話などをまとめています。
織田信長(市川海老蔵)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の主人公、井伊直虎と織田信長の関係とその逸話などをまとめています。織田信長と今川義元の桶狭間の戦いで井伊直虎の父で井伊家当主の直盛が戦死しますが、信長こそ井伊家断絶の危機を作り出し、井伊直虎がおんな城主となるきっかけを作った張本人だったわけです。
井伊直政(虎松、菅田将暉)
NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎(なおとら)と井伊直政の関係とその逸話などをまとめています。彦根藩初代藩主で徳川四天王の一人、井伊の赤鬼と恐れられた井伊直政の育ての親、直虎との逸話です。
井伊直弼
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と井伊直弼の関係とその逸話などをまとめています。井伊直弼は、幕末の徳川幕府の大老で、桜田門外に散った壮絶な最期で知られる井伊家の子孫です。
豊臣秀吉
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と豊臣秀吉の関係とその逸話などをまとめています。
今川氏真(尾上松也)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と今川氏真の関係とその逸話などをまとめています。
井伊直親(三浦春馬)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と井伊直親の関係とその逸話などをまとめています。
小野政直(吹越満)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と小野政直・小野政次親子の関係とその逸話などをまとめています。
小野政次(高橋一生)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と小野政直・小野政次親子の関係とその逸話などをまとめています。
武田信玄
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と武田信玄の関係とその逸話などをまとめています。直虎の居城、井伊谷城を奪った信玄は井伊家断絶の危機を作ったのです。
南渓和尚(小林薫)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎南渓和尚の関係とその逸話などをまとめています。
築山御前(菜々緒)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と築山御前の関係とその逸話などをまとめています。
井伊家と真田家の関係
井伊家から真田家に連なる系図があったのをご存知でしょうか?真田幸専は、井伊直幸(近江彦根藩第12代藩主)の9男ですが、真田幸弘(信濃松代藩の第6代藩主)に継嗣がなかった為、養子として迎えられ、信濃松代藩の第7代藩主となりました。