おんな城主直虎にゆかりの人物たち

-スポンサーリンク-

 

おんな城主直虎のあらすじ 感想

井伊直盛-直虎がおんな城主となるきっかけを作った父

井伊直虎の父、井伊直盛は第22代井伊家当主。

直盛に関する史料はあまり残っておらず詳しい事は良く分かりませんが、直盛の父・井伊直平は遠江国守護として赴任して来た今川氏親(義元の父)に戦いを挑み、敢え無く惨敗。

この後、今川氏に服従することを余儀なくされます。

生まれながらの今川家家臣・井伊直盛

-スポンサーリンク-

この戦の最中に生まれたのが井伊直盛で、彼は生まれながらにして今川家の家臣として井伊家を受け継ぐことになったわけです。

 

当時、駿河、遠江、三河国を支配し今川家として最大の領地を築いた今川義元の有力国人衆(家臣)の一人として今川家に使えていた井伊家は、今川の先鋒として数々の戦に駆り出されていました。

 

そんな中、井伊直盛は今川家家臣・新野親矩の妹(友椿尼)を正室として妻に迎え、娘・おとわ(次郎法師、井伊直虎)を授かります。

 

井伊家は、1542年に三河の国・田原城攻めの第1次小豆坂の戦いで第21代井伊家当主で直盛の父直宗が討死すると、直宗の嫡子直盛が祖父・井伊直平の後見を受けて第22代井伊家当主となります。

 

ところが、直盛には1人娘おとわ(次郎法師直虎)しかいない為に直宗の弟直満の1人息子直親を許嫁とし、第23代井伊家惣領と養子に迎えようとします。

家老・小野家との確執

一方、今川氏からスパイ役として井伊家の家老に送り込まれた小野和泉守道高(小野政直)は、井伊家の家老職にありながら直親が惣領になる事に不満を持ち、讒言によって直満に武田氏との内通の濡れ衣を着せ、1544年に自害へと追い込みます。

 

余談ですが、小野道高(小野政直)は小野小町の小野家の庶流にして小野妹子の後裔26代とも言われています。

 

お互い貴族の名家出身なのに、自分は家老として井伊家に仕えねばならないジレンマから当主の直盛に敵愾心を燃やしていたのかも知れません。

(画像:狩野探幽『三十六歌仙額』、小野小町)

井伊直親の失踪が生んだ悲劇

-スポンサーリンク-

父直満の突然の誅殺により直虎の許嫁直親は、難を逃れるため信濃の松岡貞利を頼り松岡城5郭にある松源城に落ち延び、南渓端聞の使いから直虎の出家を知った後、島田村の代官塩沢氏の娘を娶り、飯田井伊家の祖となる吉直と、後に彦根藩の家老となる川手主水の正室 高瀬姫をもうけます。

 

直親は、小野和泉守道高の死を知り井伊谷に帰郷しますが、帰路の途中で引佐の氏神に愛用の青葉の笛を寄進したとする逸話が残されています。

直親はすでに結婚していたため、直虎とは結ばれることはありませんでした。

 

しかし、1493年の洞松院尼や1576年の北条氏青岳尼、1200年代初期の親鸞と恵信尼の関係など時の権力者による尼の還俗や尼との結婚は数多く前例があり、直虎と直親の結婚も不可能ではなかったとされ、直盛直虎と直親の結婚を許さなかった事が二人の悲恋を作り出したとも言えます。

井伊直虎の登場

ともあれ。

井伊直親は、帰郷後1555年に当主直盛の養子として第23代井伊家惣領となりますが、直虎と結婚する事無く井伊家家臣奥山親朝の娘(しの)を娶り、後に徳川四天王の1人となる井伊直政をもうけます。

 

直虎の父直盛は、1560年の桶狭間の戦いで討死し直親が23代井伊家当主となるが、1544年と同様に直親は小野道高の嫡子道好(小野政次)の讒言により今川家家臣に誅殺されてしまいます。

 

井伊家では、南渓端聞と奥山親朝の娘の合議の結果、次郎法師を還俗させ、井伊直虎と改名させ井伊家当主を継がせることで井伊家断絶の危機を回避します。

女城主(女地頭とも)となった井伊直虎は、井伊谷徳政令の発布や小野道好(小野政次)の専横の阻止など優れた政治手腕を発揮したと伝えられています。

 


井伊直虎ゆかりの地を訪ねて

-スポンサーリンク-


 

→ 関連記事:


関連ページ

開祖・井伊共保
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と井伊共保の関係とその逸話などをまとめています。
今川義元(春風亭昇太)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と今川義元の関係とその逸話などをまとめています。
織田信長(市川海老蔵)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の主人公、井伊直虎と織田信長の関係とその逸話などをまとめています。織田信長と今川義元の桶狭間の戦いで井伊直虎の父で井伊家当主の直盛が戦死しますが、信長こそ井伊家断絶の危機を作り出し、井伊直虎がおんな城主となるきっかけを作った張本人だったわけです。
徳川家康(阿部サダヲ)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と徳川家康の関係とその逸話などをまとめています。
井伊直政(虎松、菅田将暉)
NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎(なおとら)と井伊直政の関係とその逸話などをまとめています。彦根藩初代藩主で徳川四天王の一人、井伊の赤鬼と恐れられた井伊直政の育ての親、直虎との逸話です。
井伊直弼
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と井伊直弼の関係とその逸話などをまとめています。井伊直弼は、幕末の徳川幕府の大老で、桜田門外に散った壮絶な最期で知られる井伊家の子孫です。
豊臣秀吉
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と豊臣秀吉の関係とその逸話などをまとめています。
今川氏真(尾上松也)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と今川氏真の関係とその逸話などをまとめています。
井伊直親(三浦春馬)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と井伊直親の関係とその逸話などをまとめています。
小野政直(吹越満)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と小野政直・小野政次親子の関係とその逸話などをまとめています。
小野政次(高橋一生)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と小野政直・小野政次親子の関係とその逸話などをまとめています。
武田信玄
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と武田信玄の関係とその逸話などをまとめています。直虎の居城、井伊谷城を奪った信玄は井伊家断絶の危機を作ったのです。
南渓和尚(小林薫)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎南渓和尚の関係とその逸話などをまとめています。
築山御前(菜々緒)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(柴咲コウ主演)の主人公、井伊直虎と築山御前の関係とその逸話などをまとめています。
井伊家と真田家の関係
井伊家から真田家に連なる系図があったのをご存知でしょうか?真田幸専は、井伊直幸(近江彦根藩第12代藩主)の9男ですが、真田幸弘(信濃松代藩の第6代藩主)に継嗣がなかった為、養子として迎えられ、信濃松代藩の第7代藩主となりました。