『師任堂』(サイムダン)のキャストと登場人物、相関図

[最終更新日]2018/09/01

ドラマ『師任堂(サイムダン)』のキャストと登場人物についてのまとめです。

簡単な人物相関も説明しています。

イ・ヨンエがサイムダン、ソ・ジユン役に、イ・ギョム役にソン・スンホンオ・ユナがフィウムダン チェシ役に扮します。この他、チェ・チョロ等も登場。

スポンサーリンク

相関図

saimdang chart

以下のサイトで相関図をご覧になれます。

画像引用&記事掲載サイト:人物相関図 | 師任堂(サイムダン)、色の日記 <完全版>| BSフジ

イ・ヨンエ(サイムダン、ソ・ジユン役)

絶対色感を持つ天才画家、申師任堂(シンサイムダン)と韓国美術史を専攻する大学講師

イ・ヨンエ

イ・ヨンエは、幼いころに友人の父の会社のモデルをしたのがきっかけで女優への道を進むことに決めました。
デビュー作は『お宅の夫はいかがですか』であり、このドラマが高く評価され、SBS演技大賞の新人賞を受賞。
韓国内では好感度の高い女優としても上位に上がるほど高い人気を誇ります。

イ・ヨンエのプロフィール・出演ドラマ

photo by asianwiki

ソン・スンホン(イ・ギョム役)

逆賊として死んだ亀城君(クソングン)の孫

ソン・スンホン

ソン・スンホンは、カフェでアルバイトしているところをスカウトされ、モデルの仕事をしたことがきっかけで俳優の道へ進むことになりました。
2009年には文化体育観光部長官より表彰を受けるなど韓流を世界に広めた実績を持つ人物です。
2000年に主演したドラマとなる『秋の童話』はアジア各国でヒットし、日本でも多くのファンを獲得しました。

ソン・スンホンのプロフィール・出演ドラマ

photo by asianwiki

オ・ユナ(フィウムダン チェシ役)

師任堂のライバル役

オ・ユナ

オ・ユナは『風の国』や韓国版『ドラゴン桜』など数多くのドラマや映画に出演しています。
サイムダンの才能のせいで自身の功績が影を潜めていることから嫉妬と野望の化身になる様子が上手く演じられていました。
悪者役となりますが、韓流ドラマにおいては必要不可欠な存在です。

オ・ユナのプロフィール・出演ドラマ

photo by asianwiki

チェ・チョロ(ミン・チヒョン役)

フィウムの夫

チェ・チョロ

チェ・チョロは、どんな手を使おうが野心のために走り回る性格は、ミン・チヒョンと通じる部分があるのかもしれません。
過去にスキャンダルもありましたが、演技力で言えばトップ俳優と言える実力を持っています。

チェ・チョロのプロフィール・出演ドラマ

photo by asianwiki

 

その他のキャスト・登場人物

イ・ヘヨン(チョン・ミンソク役)

ジユンの夫、ファンドマネージャー


スポンサーリンク

チャン・ヒョク


イ・ヘヨンは、大学時代に舞台デビューしましたが、実は演出家志望だったそうです。
しかし、名演出家チャン・ジンと出逢い役者の道を歩き出す事になったのでした。
アクシデント・カップル』で、一躍有名になったと言っても過言ないでしょう。

イ・ヘヨンの出演ドラマ

photo by asianwiki

イ・テウ(チョン・ウンス役)

ジユンとミンソクの息子

イ・テウは、『僕の彼女は九尾狐』で子役デビューしました。
5歳だったのにもかかわらず、天才的な才能が認められ、次々に子役を演じています。
これからの成長が楽しみな俳優です。

ユン・ダフン(イ・ウォンス役)

サイムダンの夫

チャン・ヒョク

ユン・ダフンは、84年MBC特別採用で芸能界入りしました。
俺たち三人組』でお調子者役を見事に演じ注目され今後が楽しみでしたが一時活動を休止。しかし2005年復帰したのです。
女優ナム・ギョンミンの父親。

ユン・ダフンの出演ドラマ

photo by asianwiki

関連記事

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ