サイムダン(師任堂) 色の日記のあらすじとキャスト、感想掲載中。

News! 「師任堂(サイムダン)、色の日記」動画見放題プラン開始。
まずは、30日間無料お試し>>> 入会日から30日間お試し!オンラインDVD&CDレンタル!

poster saimdang light's diary

サイムダン ポスター画像© SBS

「サイムダン~色の日記~」とは

サイムダン~色の日記~は朝鮮王朝 中宗の時代に実在した人物、申師任堂(シン・サイムダン)という女性をモデルにした歴史サスペンスミステリードラマです。

主演は、イ・ヨンエ「宮廷女官チャングムの誓い」で日本でも爆発的な人気を誇った韓国の国民的女優です。

サイムダン~色の日記~」でのイ・ヨンエは朝鮮時代に生きたサイムダンと現代女性ソ・ジユンの1人2役を演じました。

ここまで読んでお分かりの通り、二役を演じるイ・ヨンエが過去と現在を行き来して「ある謎の真相」に迫っていくという設定のドラマになっています。

一方で、相思相愛だった幼き日の少女サイムダンと若き貴公子イ・ギョムが結婚を約束しながら、「ある謎」のために、ついに結ばれることなく別れてしまうという悲恋物語が語られて行きます。

サイムダンとイ・ギョムの切ないラブストーリー、そしてサイムダンの生涯がどのように描かれているのかが本作の見どころとなっています。

ドラマのモデルとなったサイムダン(師任堂)とは実在の人物

サイムダンという女性を知らない日本の韓流ドラマファンでも間違いなく楽しむことができる作品です。

サイムダン(師任堂)とは李氏朝鮮中期の女流書画家。

幼いころから四書三経に親しみ、特に絵画の才能に優れていて、後世に残る数多くの作品を生み出しています。

ドラマの中でも美しい色彩を使った絵がふんだんに登場し、その事が副題の「色の日記」の由縁だと思われます。

さて、当時の朝鮮は女性の社会進出が制限されていた時代でありましたが、その中でサイムダンは己の才能によって自由な環境で才能を発揮することができていたと言われています。

サイムダンは優れた芸術家だったばかりでなく、子供達を厳しく、時には優しく教育し立派に育て上げた良妻賢母でもありました。

息子に李珥(イ・イ)がおり、当時の朱子学者・政治家・芸術家として宣祖(ソンジョ)の時代に活躍しています。(号は栗谷、ユルゴクとして知られる)

仕事と家庭を両立させた伝説の人物であるとも言われていて、2009年に登場した韓国の5万ウォン札では、サイムダンの肖像が採用されました。

サイムダン~色の日記~のあらすじ

世紀の発見と言われる絵画「金剛山図」の発表を任せられた韓国美術史の非常勤講師ソ・ジユン(イ・ヨンエ)は、とあることから「金剛山図」の偽物疑惑に直面する事に。

そんな中で学会に参加するためイタリアへ飛び立ったジユンは、そこで謎の古い日記を見つけました。

ジユンが日記を読み進むにつれ、そこには重大な「ある謎の真相」が隠されている事に気がついて行きます。

その内容をもとに「とある城」へ向かうと、そこで自分と瓜二つの肖像画を見つけることに!

スポンサーリンク

師任堂(サイムダン) 韓国ドラマのあらすじ第18話と感想

「サイムダン 師任堂~色の日記」のあらすじ 第18話。前回は、サイムダンが、高麗紙の最終選考会に突然姿を現し、フィウムダンとの一騎打ちを始める場面が描かれました。今回、18話では、フィウムダンとの一騎打ちの結果と、現代のミン教授の目を疑う行動が語られる事に!!

師任堂(サイムダン) 韓国ドラマのあらすじ第17話と感想

「サイムダン 師任堂~色の日記」のあらすじ 第17話。前回は、高麗紙の秘法が隠された観音図をミン・チヒョンが奪う事件が描かれました。今回、17話では、高麗紙の秘法を知ったサイムダンを妨害するミン・チヒョンのエピソードが語られます。

師任堂(サイムダン) 韓国ドラマのあらすじ第16話と感想

「サイムダン 師任堂~色の日記」のあらすじ 第16話。前回は、サイムダンが、彼女を襲ったフィウムダンの命を助け、20年前の借りを返す場面が描かれました。今回、16話では、ミン・チヒョンに追い詰められたギョムとサイムダンのサバイバルが描かれます。

師任堂(サイムダン) 韓国ドラマのあらすじ第15話と感想

「サイムダン 師任堂~色の日記」のあらすじ 第15話。前回は、サイムダンが、観音図に隠された高麗紙製法の秘法を探るためウンピョン寺に向かう姿と、追跡するフィウムダンが描かれました。今回、15話では、高麗紙を巡るミン・チヒョンとの駆け引きが展開されます。

師任堂(サイムダン) 韓国ドラマのあらすじ第14話と感想

「サイムダン 師任堂~色の日記」のあらすじ 第14話。前回は、サイムダンに殺意を抱くフィウムダンと、次第に追い詰められて行くミン・チヒョンの姿が描かれました。今回、第14話では、サイムダンが高麗紙製法の秘密を探りにウンピョン寺に向かうエピソードが語られます。

師任堂(サイムダン) 韓国ドラマのあらすじ第13話と感想

「サイムダン 師任堂~色の日記」のあらすじ 第13話。前回は、ミン・チヒョンと対決する意を固めたギョム、そして高麗紙を使って流民を守ろうとするサイムダンの姿が描かれました。今回第13話では、ギョムとミン・チヒョン、サイムダンとフィウムダンの対立が語られます。

師任堂(サイムダン) 韓国ドラマのあらすじ第12話と感想

「サイムダン 師任堂~色の日記」のあらすじ 第12話。前回は、20年前のウンピョン寺の事件の驚くべき真相が明かされました。今回、第12話では、高麗紙の製法を手に入れたサイムダンが流民達と紙作りに精を出す姿が描かれます。

師任堂(サイムダン) 韓国ドラマのあらすじ第11話と感想

「サイムダン 師任堂~色の日記」のあらすじ 第11話。前回は、5000枚の色付き韓紙を作ったサイムダンを、フィウムダンの傭兵が妨害するエピソードが紹介されました。今回、第11話では、20年前のウンピョン寺の事件の驚くべき真相が明かされる事に!

師任堂(サイムダン) 韓国ドラマのあらすじ第10話と感想

「サイムダン 師任堂~色の日記」のあらすじ 第10話。前回は、サイムダンに対してフィウムダンの嫌がらせが始まるエピソードが紹介されました。今回、第10話では、20年前のウンピョン寺の事件の真相を調べるイ・ギョムの姿が紹介されます。

師任堂(サイムダン) 韓国ドラマのあらすじ第9話と感想

「サイムダン 師任堂~色の日記」のあらすじ 第9話を紹介しています。前回は、奨学金を得て学堂に通う事が決まったサイムダンの息子ヒョンリョンの喜びが語られました。今回第9話では、フィウムダン(オ・ユナ)が本格的にサイムダンをいびり始めます。

師任堂(サイムダン) 韓国ドラマのあらすじ第8話と感想

「サイムダン 師任堂~色の日記」)のあらすじ 第8話を紹介しています。前回は、貧しさのため学堂に行く事ができないサイムダンの息子ヒョンリョンの悲しみが描かれました。第8話では、サイムダンの窮状を見たイ・ギョムが、ヒョンリョンの為に行動を起こします。

師任堂(サイムダン) 韓国ドラマのあらすじ第7話と感想

「サイムダン 師任堂~色の日記」のあらすじ 第7話を紹介しています。第7話では、サイムダンの前に現れた、ミン・チヒョンが彼女とイ・ギョムの周辺を洗い出し始めます。チヒョンは20年前の事件の目撃者がサイムダンではないかと疑念を抱いていました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ