師任堂(サイムダン) 韓国ドラマのあらすじ第3話と感想

[最終更新日]2017/11/04

イ・ヨンエ主演、韓国ドラマサイムダン色の日記」のあらすじ 第3話を紹介しています。内容にはネタバレが含まれますのでご注意ください。第3話では、サイムダンとギョムが相思相愛となり結婚の約束を交わすエピソードが描かれます。しかし、この後起こる大事件の予感が……

第3話の視聴率は12.2%、第4話の視聴率は11.5%と言う結果でした。(TNMS調べ)

スポンサーリンク

サイムダン 第3話

後輩のサンヒョンの日記翻訳が続きます。

朝鮮時代……若き日のサイムダンギョムは、一緒に山に登り絶景を楽しんでいます。

「自分が風になれたら、どこでも好きな所へ飛んで行けるのに」サイムダンが言うと、ギョムは、「自分を置いて一人だけ行くのは許せない」と返します。

そして、ギョムサイムダン「結婚して一緒に全国を回り、美しい景色を楽しもう」とプロポーズするのでした。

小さく頷いたあと、サイムダンが、「死ぬ前に金剛山へ行ってみたい」と言うと、必ず行こうと約束するギョムでした。

中宗の突然の訪問

サイムダンとの結婚申込(婚書)の作成を中宗に断られてしまったギョムは、自分でそれを書いて、サイムダンの両親の元を訪れます。

もちろん即答は貰えず、返事を待つようにと言われたギョムは仕方なく引き揚げます。

ギョムの頼みを断ったものの、相手がどんな女性か興味を持った中宗は、お忍びで旅人を装い、父親のシン・ミョンファの屋敷を訪れます。

ギョムにあげたアンギョン(安堅)の金剛山図を見かけた中宗は、それを模写している少女(サイムダン)に近寄ります。

少女が模写を途中で止めたのを見た中宗が、その訳を聞くと、彼女は、「いくら金剛山の絵を真似ても本物を見たことがなくては魂が込もらない」と答え、「なぜ女は金剛山に登れないのか」と愚痴を言います。

そんなサイムダンの言葉に中宗は高笑いし、「いつかお前の夢が叶う事を祈っている」と言うのでした。

その様子を塀の外から眺めている書生がいました。

彼は、イ・ウォンス、のちにサイムダンの夫となる人物です。

中宗は、ギョムに会うと、「お前には強力な恋のライバルがいる」とからかい、貴重な明国の墨(龍媒墨)を渡して「点数稼ぎにしろ」と告げるのでした。

ギョムから、宿泊した屋敷の主が、シン・ミョンファだと聞いた中宗は、かつて政治抗争の混乱(「己卯士禍 ”シミョサファ”)から自分を守ってくれた男だと知り、感謝の意味を込めた一編の漢詩を残して去っていきます。

比翼の鳥

ある日の事、サイムダンは手作りの「片翼の鳥の印章」をギョムに渡し、「比翼の鳥になれるよう、もう一つの印章を作って欲しい」と告げます。

頼みを聞き、中宗からもらった明国の墨と手製の髪飾りをサイムダンに渡すギョム

サイムダンは、貴重な墨に大感激、ギョムにキスするのでした!

こうして、楽しい時をすごす二人ですが、金剛山図の前で愛を約束し、詩を書き添えて比翼の鳥の印章を押すのでした。

比翼の鳥のエピソードは、唐の時代の詩人白居易「長恨歌」の中の有名な一節に出てきます。都落ちする唐の玄宗皇帝が最愛の楊貴妃に贈った『天にあっては比翼の鳥となり、地にあっては連理の枝とならん』という詩の一節ですが、サイムダンがギョムに対する変わらぬ愛の誓いとして贈った印章に込められた思いだったのです。

美人画に押された比翼の印章

現代……サンヒョンの翻訳で、ジユンは美人図にこの印章があるのではと思い、虫眼鏡を使って探してみます。

すると、色あせてはいましたが、確かに比翼の鳥の印章の跡が!

こうして、ジユンサンヒョンは、ミン教授の「金剛山図」が偽作だと確信するのでした。

借金の取り立て

ミン教授は、ジユンサンヒョンが日記を解読中だと知り、弟子たちに二人を24時間体制で監視するよう命じます。

ある時、サンヒョンジユンの家の前に怪しげな男たちがいるのに気が付きます。

彼らは、借金の取り立て来た金貸しでした。

金貸しは、ジユンの家に踏み込んで彼女を脅しますが、サンヒョンが法律を持ち出して「不法債権取り立て行為で警察に通報する」と言い放ち、彼らを追い出します。

陰謀の影

一方、ジユンの夫ミンソクは、自殺した理事の遺品にあった手紙を読みますが、ソンジングループの陰謀に嵌められたのではと疑問を抱きます。

ソンジングループは、ミン教授が頭のあがらないソン館長の夫が経営する会社。

ソン館長も何か絡んでいるのでしょうか?

ウンピョン寺での出来事

朝鮮時代……サイムダンは、ウンピョン寺で画の模写をしています。

寺で観音菩薩図を見たサイムダンは、その画を見せて欲しいと、僧の跡をついて回ります。

その時、サイムダンは病気や飢えで苦しむ庶民の姿を見かけますが、一方で、妓生を侍らせて贅沢な食事をする両班たちを目撃し疑問を感じてしまうのでした。

両班たちの中には、ミン・チヒョンの姿もありました。

スポンサーリンク

 

ミン・チヒョンは、野心家で、いずれ中央で出世したいと思っています。

その為の資金として、ウンピョン寺で作っている高級紙で金儲けをしようと企みますが、この紙は写経のためで売り物ではないと、僧侶に一蹴されてしまいます。

それならと、チヒョンは紙の製法を盗み出そうと企むのでした。

写生中のサイムダンの所へ餓えた少女がやって来ます。

彼女は、少女に食べ物を分けてあげ、今度はもっと持ってくると自分が模写した観音像の画を渡します。

届かなかった手紙

サイムダンがウンピョン寺の餓えた人たちに食べ物を持って行こうと、ギョムを誘う手紙を書きます。

一方、ソクスン(後のフィウムダンサイムダンのライバル)は、居酒屋を営む母から手習い塾へ出かけている事を咎められていました。

サイムダンの手紙をギョムに渡しに出かけた下女の代わりに、ソクスンが届けてあげる事に。

ギョムを陰から慕うソクスンでしたが、彼から「サイムダンからの結婚の返事か?」と問われ、嫉妬したソクスンは手紙を隠してしまうのでした。

第3話の感想

エンディングで流れるシーンは、次回、第4話で起こる事件の前触れのようです。

必死に逃げるサイムダンの姿は、いったい何を意味しているのでしょうか!?

主要な登場人物とキャスト

現代

  • ソ・ジユン(イ・ヨンエ): 韓国美術非常勤講師
  • チョン・ミンソク(イ・ヘヨン): ジユンの夫、ファンドマネージャー。トラブルに巻き込まれ失踪
  • チョン・ウンス(イ・テウ): ジユンとミンソクの息子
  • キム・ジョンヒ(キム・ヘスク): ミンソクの母
  • ミン・ジョンハク(チェ・ジョンファン): 大学教授、ジユンと対立
  • ハン・サンヒョン(ヤン・セジョン): ジユンの後輩
  • コ・へジョン(パク・ジュンミン): ジユンの親友

過去(500年前の朝鮮時代)

  • シン・サイムダン ”申師任堂”イ・ヨンエ、少女時代パク・ヘス): 朝鮮時代の天才画家
  • イ・ギョムソン・スンホン、少年時代ヤン・セジョン): 画家、サイムダンとその天才的な才能を愛する。
  • イ・ウォンス(ユン・ダフン): サイムダンの夫
  • フィウムダン(オ・ユナ): サイムダンのライバル
  • 中宗(チェ・ジョンファン): 朝鮮王、イ・ギョムの友人

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ