師任堂(サイムダン) 韓国ドラマのあらすじ第4話と感想

[最終更新日]2017/11/04

イ・ヨンエ主演、韓国ドラマサイムダン色の日記」のあらすじ 第4話を紹介しています。内容にはネタバレが含まれますのでご注意ください。第4話では、サイムダンとギョムが災難に巻き込まれ、結婚を諦めて悲しい別れをする事になります。その災難とは一体何なのでしょうか!?

第3話の視聴率は12.2%、第4話の視聴率は11.5%と言う結果でした。(TNMS調べ)

スポンサーリンク

サイムダン 第4話

サイムダンが、イ・ギョムを誘う手紙を書きましたが、手紙は届きませんでした。

第4話では、サイムダンギョムが何故結婚しなかったか、その理由が明らかになります。

ひょんな事から、その手紙を届ける事になったソクスン(後のフィウムダンサイムダンの敵役)は、嫉妬してギョムに手紙を渡しませんでした。

次の朝、彼女は渡さなかった手紙に書かれていた待ち合わせの場所に現れます。

そこでサイムダンに声をかけ、一緒にウンピョン寺へ出かける事に。

惨事の発生

二人がウンピョン寺に着くと、領議政(ヨンイジョン、首相)の息子が食べ物を盗もうとした少女に怒りをぶつけ、刀を抜きます。

皆になだめられて、落ち着きを見せた彼は、女の子が落とした観音図に目を留めます。

その画はサイムダンが食べ物と一緒に女の子に与えたものですが、観音図に添えた「己卯逐客」(シミョチュッケク)の詩を読んで激怒し、女の子と止めに入った僧侶を斬り捨ててしまいます!

詩は、士林派を失脚させた「己卯士禍」(シミョサファ)の政変を揶揄した内容で、中宗サイムダンの父ミョンファに与えたものを、サイムダンが真似した詩だったのです。

領議政の息子の父は士林派を追いやった勲旧派の領袖でした。

陰から様子を見ていたサイムダンは恐怖に震えます。

惨劇を隠すため、ミン・チヒョンは、そこにいた人々の口封じを命じ、皆殺しが始まる事に。

逃亡

サイムダンソクスンは必死に逃げますが、崖から転げ落ちてしまいます。

シン・ミョンファの屋敷の下女たちは、黒煙が上がっているウンピョン寺にサイムダンがいる事で大騒ぎ。

下女が、やって来たギョムにこの事を知らせると、彼は馬でサイムダンの元へ急行します。

意識を取り戻したソクスンは、気絶したままのサイムダンを背負って歩いていました。

そこへ、馬に乗ったギョムが通りがかり、ソクスンに目もくれずサイムダンだけを連れて行くのでした。

意識を失ったまま屋敷に運び込まれたサイムダン

金剛山へ薬草採りに行った医者を迎えに、ギョムは再び馬上の人に。

ソクスンの嘆き

ギョムは途中で、再びソクスンと出くわします。

「自分も怪我をしているのに、なぜ置いてけぼりにしたのか」と訴えるソクスンですが、急いでいるギョムは、金を投げ与え「薬を買え」と告げ立ち去ります。

ギョムの冷たい仕打ちに、サイムダンを逆恨みするソクスンでした。

そして、サイムダンを陥れようと彼女の画帳と髪飾りを、ミン・チヒョンが気付く場所に置いてきます!!

迫る追っ手

皆殺しの生き残りを必死に探すミン・チヒョンたちが、サイムダンの屋敷にも迫っていました。

一方、お忍び旅行中の中宗は、巷で自分がミョンファに贈った「己卯逐客」の詩の為に殺戮が起きていることを耳にします。

もしこれが自分の詩だと知れれば、兄の燕山君(ヨンサングン)同様に勲旧派の大臣達に失脚させられ殺されると恐れおののきます。

恐怖で平常心を失った中宗を見て、お付の護衛武官が自ら処理する事に。

中宗は、「サイムダンギョムとの婚礼を止めるなら命を助けるが、結婚強行ならギョムの命もない」と言うのでした。

証拠隠滅のため家じゅうの絵を全て焼却するよう使用人に命ずるシン・ミョンファ

金剛山図も処分しようとしますが、サイムダンが泣いて拒否し、仕方なく壁に隠すことに。

その時、矢文が柱に突き刺さり、「己卯士禍(シミョサファ)の直前にミョンファ達と一緒に出ていった書生達が皆殺しに遭っている」と警告が……

王の刺客

ところが、既に王の護衛武官が屋敷に忍び込んでおり、ミョンファの首に刃を当てるのでした。

刺客に気付いた妻の李氏は、子を助ける為に一日だけ猶予をくれるよう懇願します。

その後、ミョンファは、「婚姻を進めれば、サイムダンギョムも危険な目に遭うので、適当な若者と娘を結婚させろ」と護衛武官に言われた事を李氏と相談中。


スポンサーリンク

望まぬ結婚

その会話を立ち聞きしたサイムダンは、ギョムを救うため他の男と婚姻する事を決意するのでした。

そして、書生のイ・ウォンスが婿となり、慌ただしく婚礼が行われます。

サイムダンの婚礼の話を聞いたギョムは慌てて駆けつけますが、時すでに遅く、サイムダンは別の男の妻でした。

こうして、二人は涙の別れをする事に。

父の死

そうこうする内、ミン・チヒョンサイムダンの居場所を突き止めますが、護衛武官が彼らを追い払う事に。

婚礼の儀が終わり、護衛武官はミョンファの命を絶つのでした。

師任堂(サイムダン)の日記

現代。……ジユンサンヒョンは、旧シン・ミョンファ邸に『金剛山図』の手がかりを探しに行きますが、何も見つかりません。

サンヒョンは帰りのバスの中で、どうしてサイムダンの日記を見つけたのかとジユンに聞きます。

ボローニャへ行った時、トスカニーにある古い洋館で見つけたと答えるジユン

それは世紀の大発見だと、サンヒョンは興奮するのでした。

再び朝鮮時代。

父の墓を訪れたサイムダンは、漢陽に引っ越すことを報告しています。

漢陽は遠いところなので、「いつ帰れるかどうかもわからない。一人で残る母を、ここから見守って欲しい」と語りかけるのでした。

第4話の感想

大人たちの事情で引き裂かれたサイムダンギョム

これで、何故ふたりが結婚できなかったかが分かりました。

それにしても、ソクスンは性悪ですネ。

これからも、サイムダンを事あるごとに邪魔するのでしょうか?

主要な登場人物とキャスト

現代

  • ソ・ジユン(イ・ヨンエ): 韓国美術非常勤講師
  • チョン・ミンソク(イ・ヘヨン): ジユンの夫、ファンドマネージャー。トラブルに巻き込まれ失踪
  • チョン・ウンス(イ・テウ): ジユンとミンソクの息子
  • キム・ジョンヒ(キム・ヘスク): ミンソクの母
  • ミン・ジョンハク(チェ・ジョンファン): 大学教授、ジユンと対立
  • ハン・サンヒョン(ヤン・セジョン): ジユンの後輩
  • コ・へジョン(パク・ジュンミン): ジユンの親友

過去(500年前の朝鮮時代)

  • シン・サイムダン ”申師任堂”イ・ヨンエ、少女時代パク・ヘス): 朝鮮時代の天才画家
  • イ・ギョムソン・スンホン、少年時代ヤン・セジョン): 画家、サイムダンとその天才的な才能を愛する。
  • イ・ウォンス(ユン・ダフン): サイムダンの夫
  • フィウムダン(オ・ユナ): サイムダンのライバル
  • 中宗(チェ・ジョンファン): 朝鮮王、イ・ギョムの友人

関連記事

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ