師任堂(サイムダン) 韓国ドラマのあらすじ第9話と感想

[最終更新日]2017/11/04

イ・ヨンエ主演、韓国ドラマサイムダン色の日記あらすじ 第9話を紹介しています。内容にはネタバレが含まれますのでご注意ください。
前回は、奨学金を得て学堂に通う事が決まったサイムダンの息子ヒョンリョンの喜びが語られました。今回第9話では、フィウムダンオ・ユナ)が本格的にサイムダンをいびり始めます。

サイムダン 第9話の視聴率は全国平均9.8%という結果でした。(ニールセン調べ)

スポンサーリンク

サイムダン 第9話

ドラマの第9話は、サイムダンは、息子ヒョンリョンの中部学堂入学を喜んでいましたが、文房具すら買うお金がない事に悩んでいました。……
イ・ギョムは、そんな彼女の窮状を知り援助する事を決心しますが、学堂に赴いたサイムダンは彼の申し出を断り、『そんな事より自分の周囲の人間に気を付けるべきだ』と言い残し去っていきます。

サイムダンが取った頑なな態度にギョムは腹を立てるのでした。

サイムダン紙を作る

家に戻り、息子が学堂で使う紙の事を考えていたサイムダンは、末息子のの言葉で桑の木の事を思い出します。

桑の木の樹皮は、高麗紙の原料として使えるのです!

父が残してくれた土地に桑の木が沢山生えているのを知ったサイムダンは紙を作り売る事を思いつくのでした。

山の廃屋を紙工房に改造したサイムダンは紙職人の手を借り高麗紙を作り始めます。

ギョムの教育方針

一方、学堂に通うヒョンリョンは、新しい友人もできて胸躍らせていました。

ギョムは学堂で子供たちを教え始めますが、本の勉強は一切しようとしません。

その事に生徒が文句を言うと、『なぜ本を読むのか?』と質問し、生徒が『偉い人になって国を助けるためだ』と答えると、今度は『偉い人とはどんな人なのか?』とまるで禅問答のような会話を始める始末。

生徒が正しい答えを教えて欲しいと言うと、ギョムは、『それは人によって答えが違うし、それを考える能力を引き出すのが教師の仕事だ』と答えます。

ギョムは、『なぜ勉強するのかを答えられない限り授業は始めない』と公言するのでした。

学堂からの帰り際、ヒョンリョンからサイムダンが新しい仕事を始めた事を知ったギョムは、甥に彼女の事を調べるよう命じるのでした。

フィウムダンの嫌がらせ始まる

山の中で、紙作りをするサイムダンを見た甥は、その様子をギョムに報告しますが、その頃フィウムダンサイムダンの様子をじっと見ていたのです。

フィウムダンは、最初は、サイムダンが画を始めるのかと思いましたが、そうではないと知り、何やら悪だくみを思いついた様子です。

自らが行首を務める紙販売商人の集まりで、商人たちに厳しい取り締まりを命じるのでした。

その後、ギョムは、情報提供者からフィウムダンが紙販売業者を束ねており、ミン・チヒョンの妻だと知らされます。

一方、ミン・チヒョンの屋敷では、フィウムダンの息子が学堂を辞めたいと訴えています。

学堂のギョムを訪れたフィウムダン

『この学堂では新しい教え方を始めたと聞いた』と皮肉を言い、先日の筆記試験の代わりに、今回は、『母と子が一緒に詩と画を競う詩画展を提案したい』と言い出します。

ウンピョンの衝撃

書画展の当日。……フィウムダンを始め、生徒の母親達は美しい絹の服で着飾っています。

ヒョンリョンが、なかなか現れないサイムダンを迎えに行くと、慌てて比翼堂に現れたサイムダンは、普段着のまま。

フィウムダンが、中国の思想家・管子の詩の一説『雲平而雨不甚』から取った『雲平(ウンピョン=雲が静かならば雨は少ない)』を課題にしては?と提案します。

ところが、この課題はサイムダンにとって忌まわしい響きを持っていました。

20年前、自分が書いた画のせいで起こったウンピョン寺での大惨事を思い起こさせるものだったのです!

気分が悪くなったサイムダンは画など描く気が起きません。

そんな中、フィウムダンが、恐ろしいミン・チヒョンの妻だと知り衝撃を受ける事に!

これ以上耐えられないサイムダンは書画展から逃げ出してしまうのでした。

事情を知らないヒョンリョンは、腹を立て絶望します。

ギョムとサイムダン、フィウムダンの正体を知る

その頃、思い通りに事が進み、自分の息子が優勝させる事ができたフィウムダンは、ほくそ笑むのでした。


スポンサーリンク

その後、ミン・チヒョン邸を訪ねたギョムは、フィウムダンの右手に残る傷跡を見て、その訳を問い詰めると、故郷のウンピョン寺で起きた惨劇の夜に出会った少女であったことに気付きます。

また、サイムダンも彼女が居酒屋の娘・ソクスンだった事を思い出すのでした!

第9話の感想

サイムダンへのいびりを本格化させたフィウムダン
ウンピョン寺の惨劇を彷彿とさせる名前を使った書画展でサイムダンにショックを与えるとは悪質としか言いようがありません。

彼女の正体に気付いたギョムサイムダンは、どう動くのでしょうか?

またフィウムダンがどんな復讐を画策するのかとても不気味です……

主要な登場人物とキャスト

現代

  • ソ・ジユン(イ・ヨンエ): 韓国美術非常勤講師
  • チョン・ミンソク(イ・ヘヨン): ジユンの夫、ファンドマネージャー。トラブルに巻き込まれ失踪
  • チョン・ウンス(イ・テウ): ジユンとミンソクの息子
  • キム・ジョンヒ(キム・ヘスク): ミンソクの母
  • ミン・ジョンハク(チェ・ジョンファン): 大学教授、ジユンと対立
  • ハン・サンヒョン(ヤン・セジョン): ジユンの後輩
  • コ・へジョン(パク・ジュンミン): ジユンの親友

過去(500年前の朝鮮時代)

  • シン・サイムダン ”申師任堂”イ・ヨンエ、少女時代パク・ヘス): 朝鮮時代の天才画家
  • イ・ギョムソン・スンホン、少年時代ヤン・セジョン): 画家、サイムダンとその天才的な才能を愛する。
  • イ・ウォンス(ユン・ダフン): サイムダンの夫
  • フィウムダン(オ・ユナ): サイムダンのライバル
  • 中宗(チェ・ジョンファン): 朝鮮王、イ・ギョムの友人

関連記事

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ