師任堂(サイムダン) 韓国ドラマのあらすじ第15話と感想

[最終更新日]2017/11/04

前回は、サイムダンが、観音図に隠された高麗紙製法の秘法を探るためウンピョン寺に向かう姿と、彼女に殺意を抱くフィウムダンが追う様子が描かれました。
今回、15話では、フィウムダンの敗北と、高麗紙を巡るイ・ギョムミン・チヒョンとの駆け引きが展開されます。

サイムダン 第15話視聴率は10.4%という結果でした。(全国平均、ニールセン調べ)

スポンサーリンク

サイムダン 第15話

20年前にウンピョン寺で見た観音像に高麗紙の製法の秘密が隠されていると知ったサイムダンは、流民の老人と共にウンピョン山に向かいます。

その頃、フィウムダンと手下の男たちがサイムダンの後を追っていました。

かつて、寺があった場所を掘り返すと、そこに埋まっていた木箱を見つけますが中身は空っぽ。

フィウムダンの追っ手に気付いたサイムダンと老人は、見知らぬ老人の案内で、山小屋へ逃れる事に。

見知らぬ老人は、かつてウンピョン寺で紙職人として働いていたのです。

ミン・チヒョンの次の一手

都、漢陽……。
追い詰められたミン・チヒョンは、隠棲中の成宗(中宗の父)側室の貴人南氏が中宗を圧倒する力を持ち、イ・ギョムに対抗する力を持つというので、彼女の屋敷を訪ね、都へ迎え入れようとしていました。

貴人南氏を案内して都へ入ろうとするミン・チヒョンをギョムが待ち伏せし、逮捕します。

不利を悟った南氏は、自分の屋敷へとUターンするのでした。

しかし、南氏は何事かを秘密裏に企んでいるようです。

観音図の詩に隠された謎

その頃、サイムダンは自分達を救った老人から、高麗紙製法の秘密を握ると思われる観音図を見せられます。

それは、ウンピョン寺が焼け落ちる前、僧頭から預かったものでした。

観音図の裏に書かれた漢詩に秘密があると察したサイムダンですが、どうしてもその意味が理解できません。

観音図の裏に書かれた漢詩の意味を考え続けるサイムダンに、同行した老人がヒントを与えます。

詩の中にあった流水は、ひょっとしてウンピョン寺の近くにあった泉の事ではないかと……。

ミン・チヒョン逮捕

ギョムに捕えられたミン・チヒョンは私欲のため明使節を買収した疑いで逮捕されていました。

否定するミン・チヒョンに以前の明国使節に対する賄賂の記録を突き出します。

それでもミン・チヒョンは全て王室に対する忠誠心の為にやった事だとうそぶくのでした。

比翼堂に戻ったギョムは、仲間の義賊、イム・コッチョンからサイムダンがウンピョン寺に向かったことを聞かされます。

また、フィウムダンが彼女の後を追った事に気づき、自分も
馬に乗ってウンピョン寺に急行する事に。

泉を探しに行ったサイムダン達に、フィムダンに率いられた追手が迫ります。

急を知らせた老人は、哀れ切り捨てられてしまうのでした。

借りを返したサイムダン

逃亡したサイムダンは崖っぷちへ追い込まれます。

そこへ、悲鳴を聞いたギョムが、戦いの末に男たちを退けますが、サイムダンを人質にとったフィウムダンが崖下に転落する事に!

崖の途中にあった蔓にしがみついたサイムダンは、フィウムダンの手を取り、二人一緒にギョムに引き上げてもらうのでした。

(20年前にウンピョン寺事件で命を救われた)借りは返したというサイムダンの言葉に、フィウムダンは打ちのめされます。

復讐の始まり

現代……
隠れ家にしたクラブの一室で、サイムダンの美人画の裏から、本物の金剛山画を発見したソ・ジユン、へジョン、サンヒョンの3人は世紀の大発見に興奮しています。

イタリアで見つけたスジンバン(壽進坊)日記の通りです!

しかし、ミン教授が到着、クラブに潜入してきます。

変装をして脱出を図るジユン。

彼女は、金剛山図の真偽を暴き、ミン教授を破滅させようと決心していたのです!

第15話の感想

卑劣な手段を取ったはずのフィウムダンが、サイムダンに命を助けられ、またしても敗北感を感じる事に。

一方、観音図に書かれた詩の意味を読み解き、サイムダンは高麗紙の秘法を知る事ができるのか!?

また、現代では、偽の金剛山図を暴こうとするソ・ジユンがミン教授への復讐を果たすことができるのか?

多くの謎が残された今回、次回、第16話でどのようにストーリーが展開されるのかが気になります。

主要な登場人物とキャスト

現代


スポンサーリンク
  • ソ・ジユン(イ・ヨンエ): 韓国美術非常勤講師
  • チョン・ミンソク(イ・ヘヨン): ジユンの夫、ファンドマネージャー。トラブルに巻き込まれ失踪
  • チョン・ウンス(イ・テウ): ジユンとミンソクの息子
  • キム・ジョンヒ(キム・ヘスク): ミンソクの母
  • ミン・ジョンハク(チェ・ジョンファン): 大学教授、ジユンと対立
  • ハン・サンヒョン(ヤン・セジョン): ジユンの後輩
  • コ・へジョン(パク・ジュンミン): ジユンの親友

過去(500年前の朝鮮時代)

  • シン・サイムダン ”申師任堂”イ・ヨンエ、少女時代パク・ヘス): 朝鮮時代の天才画家
  • イ・ギョムソン・スンホン、少年時代ヤン・セジョン): 画家、サイムダンとその天才的な才能を愛する。
  • イ・ウォンス(ユン・ダフン): サイムダンの夫
  • フィウムダン(オ・ユナ): サイムダンのライバル
  • 中宗(チェ・ジョンファン): 朝鮮王、イ・ギョムの友人

関連記事

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ