師任堂(サイムダン) 韓国ドラマのあらすじ第17話と感想

[最終更新日]2017/11/04

前回は、サイムダンが手に入れた、「高麗紙の秘法のヒント」となる観音図をミン・チヒョンが奪う事件が描かれました。
一方、現代では、ソ・ジユンが隠し持つ金剛山図の秘密をミン教授が暴こうとします。
今回、17話では、最高の高麗紙製作の秘法を知ったサイムダンを選考会に出席させないよう陰謀を企むミン・チヒョンと、
現代では、本物の金剛山図を奪おうとするミン教授のエピソードが語られます。

サイムダン 第17話視聴率は9.4%、第18話の視聴率は10.0%という結果でした。(全国平均、ニールセン調べ)

スポンサーリンク

師任堂(サイムダン) 第17話

洞窟の中に隠れているサイムダンイ・ギョム
外では、サイムダンの夫イ・ウォンスと捕盗庁の兵たちが、サイムダンの名前を呼んでいました。

ギョムは、一緒いる所を見られたらサイムダンが困った立場になると配慮し、彼女だけをイ・ウォンスの所へ送り出します。

ほどなくして現れた親衛隊(内禁衛)の兵たちに、ギョムも救出されるのでした。

最高の高麗紙製造競争

その後、宮廷で中宗への帰還報告をするギョムは、ミン・チヒョンを処分するよう強く求めますが、王はギョムの願いを聞き入れません。

それどころか、間近に迫った明の使節への高麗紙献上への競争にミン・チヒョンも参加させると言い出すのでした。

そこへミン・チヒョンが呼ばれ、高麗紙献上の競争で勝てば罪を赦し、負ければ厳しい処分を下すと表明します。

中宗の決定に納得がいかないギョムは荒れ狂いますが、仲間にたしなめられ、背後にいると思われる貴人南氏に気を付けるよう忠告されます。

高麗紙の秘法、漢詩に隠された謎

一方、サイムダンは、ミン・チヒョンに奪われた観音図に書かれていた漢詩の写し(高麗死の秘法のヒント)を持っていましたが、どうしてもその意味が分かりません。

詩は漢詩としてはおかしな所があり、韻も踏んでいませんでした。

いくら考えても、漢詩の秘密を解き明かせないサイムダンギョムが訪ねて来て、比翼堂に集まる学者たちの意見も聞いてみたらどうかと提案します。
息子たちと共に比翼堂を訪れたサイムダンは、学者たちと一緒に必死に漢詩の意味を探っていましたが、これは詩ではなく何かの暗号ではないかという、息子のヒョンリョンの言葉に促され、もっと自由な発想をしてみる事に。

その頃、観音図を奪ったミン・チヒョンは、屋敷でフィウムダンの黒い芍薬(シャクヤク)の笠を見つけ、彼女が比翼堂に出入りしている事を知り、フィウムダンの勝手な行動に激怒します。

そこへ、フィウムダンが戻ってきますが、怒りを露わにし、死にたくなければ漢詩の意味を解読するよう迫ります。

漢詩の解読に難儀するフィウムダンは、軍の暗号解読をしていた男を呼びますが、男は、これは暗号そのものだと指摘します。

こうしてサイムダンフィウムダンの暗号解読競争が本格化するのでした。

解き明かされた謎

浮き上がったキーワードは、製紙の原料の「桑の木」、そしてもう一つは、「藤の木」だったのです!
どうやら、「桑の木の繊維」と」藤の木の繊維」を混ぜ合わせる事で、最高の高麗紙が出来上がるようなのです!!

サイムダンフィウムダンもこの情報を同時に掴んでいました。

しかし

藤の木の繊維をどの位の割合で混ぜるのかがさっぱりわかりません。

サイムダンが藤の木の情報を掴んだことを知ったミン・チヒョンは、スパイとして送り込んだ紙職人のマンデクに、サイムダンが高麗紙作り競争に参加できなくなるよう命じるのでした。

最高の高麗紙の成功と影

紙工房では、サイムダンが正しい藤の木の繊維の配合比率を知るために何十通りものテストを繰り返していました。

そして、ついに最高の高麗紙を作り出すことに成功するのでした!

喜びも束の間……サイムダンの紙工房に忍び込んだマンデクは、紙工房に火をつけ、やっと出来上がった高麗紙を燃やしてしまいます!!

高麗紙選考会

最高の高麗紙を選ぶ選考会が開催されます。フィウムダンの紙工房は、予定通り選考会に参加。
しかし、サイムダンの紙工房は登録さえされていませんでした。

粛々と選考会は進み、ついに最終選考。

これまで鳴りを潜めていたサイムダンが呼ばれ、フィウムダンとの一騎打ちが始まります!

突然現れたサイムダンに驚愕するミン・チヒョンフィウムダンでした!!

金剛山図奪わる!

時は変わって現代……。
ソン美術館のソン館長を夫(ソングループ会長)が訪ねて来て、本物の金剛山図の発表を思いとどまるよう議論を始めます。
贋作による夫の不正蓄財の証拠をバラすと言い返すソン館長は、ソ・ジユン(イ・ヨンエ)の言葉を思い出していました。


スポンサーリンク

美術館の金剛山図が偽物である事を公表すれば、大損をし、世間は大騒ぎになるだろうが、本物の金剛山図を発表する事で、ソン館長の勇気を世界が認め称賛を送るだろうと。

館長は、展示中の偽金剛山図を公開停止にする事を決断したのでした。

ソン会長に叱責されたミン教授は、ジユンが本物の金剛山図を持っていると確信し、取引を持ち掛けますが失敗。

窮地に陥った教授は、とある銀行の金庫へ移送される金剛山図を奪う事を企むのでした。

そして、移送中のバンを襲ったミン教授一味は、同乗していたジユンとサンヒョン(ジユンの後輩)の自由を奪い、金剛山図を奪取します!

第17話の感想

最終選考会に突然現れたサイムダンですが、どうやって選考用の高麗紙を確保できたのでしょうか?そして気になるフィウムダンとの一騎打ちの結果は!?

ミン教授に奪われてしまった本物の金剛山図はどうなってしまうのか!?

次回、第18話では、どんなストーリーが繰り広げられるのかが気になります。

主要な登場人物とキャスト

現代

  • ソ・ジユン(イ・ヨンエ): 韓国美術非常勤講師
  • チョン・ミンソク(イ・ヘヨン): ジユンの夫、ファンドマネージャー。トラブルに巻き込まれ失踪
  • チョン・ウンス(イ・テウ): ジユンとミンソクの息子
  • キム・ジョンヒ(キム・ヘスク): ミンソクの母
  • ミン・ジョンハク(チェ・ジョンファン): 大学教授、ジユンと対立
  • ハン・サンヒョン(ヤン・セジョン): ジユンの後輩
  • コ・へジョン(パク・ジュンミン): ジユンの親友

過去(500年前の朝鮮時代)

  • シン・サイムダン ”申師任堂”イ・ヨンエ、少女時代パク・ヘス): 朝鮮時代の天才画家
  • イ・ギョムソン・スンホン、少年時代ヤン・セジョン): 画家、サイムダンとその天才的な才能を愛する。
  • イ・ウォンス(ユン・ダフン): サイムダンの夫
  • フィウムダン(オ・ユナ): サイムダンのライバル
  • 中宗(チェ・ジョンファン): 朝鮮王、イ・ギョムの友人

関連記事

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ