師任堂(サイムダン) 韓国ドラマのあらすじ第19話と感想

[最終更新日]2017/11/04

前回は、サイムダン(イ・ヨンエ)が、高麗紙競争に勝利をおさめ、敵のミン・チヒョンも追放されるなどめでたしめでたしの展開で終わりました。一方で、現代では本物の金剛山図が焼かれてしまうという事件も!

今回、19話では、サイムダンちょっとした問題が持ち上がり、現代では、ソ・ジユン(イ・ヨンエ 二役)の夫の生死が知れなくなる事件が発生します。

サイムダン 第19話視聴率は9.0%という結果でした。(全国平均、ニールセン調べ)

スポンサーリンク

師任堂(サイムダン) 第19話

現代……。
本物の金剛山図を燃やしたしまったミン教授!
ソ・ジユン(イ・ヨンエ)達は、偽物の金剛山図に関るソンジングループとミン教授の巨額の不正を暴く証拠を失い途方に暮れていました。

そんな頃、ジユンの夫チョン・ミンソクを拉致した車が崖下に転落し、警察に呼び出されたジユンは夫が消息不明で、死亡の可能性が高いと聞かされショックを受ける事に。

大きなショックを受け、心に傷を負った息子のウンスを見守るため、ジユンは自分の実家で静養させようと同行するのでした。

とある漁村での出来事

朝鮮時代……。
倭寇に襲われていたある漁村で、村人たちを救ったイ・ギョムは、ある家族から漢陽のサイムダンの紙工房で働きたいと告げられます。

倭寇は頻繁に村を襲い、役人は少しも助けてくれないと不満をぶちまける彼らは、もうこの村では生きていけないと言うのでした。

家族の話によれば、サイムダンの工房は貧しい人々を受け入れ、製紙技術と教育を受けさせてくれると語ります。

これを聞いたギョムは、彼らを漢陽へ連れて行くと約束する事に。

流罪生活

一方、流罪となったミン・チヒョンは辛い生活を余儀なくされています。

見張りの役人によれば、ミン・チヒョンはまもなく毒死させられる運命にあるようでした。

その頃、フィウムダンは、ミン・チヒョンを救い出すため、チヒョンが残した貴重な書画骨董などを売り、賄賂の原資を稼ぎ出そうとしています。

そんなミン・チヒョンの元を、フィウムダンが訪ねてきます。

ミン・チヒョンを救い出すには資金が足りず、もう少し時間がかかると言うフィウムダンの言葉にチヒョンは怒り狂います。

そんな彼に、フィウムダンは彼らの息子ジキュンを官界入りさせる提案をするのでした。

サイムダンの噂

高麗紙のお陰で、サイムダンの暮らし向きも良くなり、芸術活動や紙工房の経営など充実した日々を送っています。
流民達も今や立派な村となった場所に定住し、豊かな生活をエンジョイしていました。

ところが、夫のイ・ウォンスは彼女の多忙をよそに浮気をしていたのです。

ある日の事、サイムダンはその証拠に気付くことに。

相手の女(居酒屋の女主人)が、サイムダンの紙市場に現れちょっとした騒ぎを起こしますが、話が長くなるので割愛。

ウォンスは相変わらずのダメ夫ぶりですネ。

ギョムの帰還

そうこうする内、ギョムが助けた漁村の家族がサイムダンを訪ねてきます。
紙工房で働かせてほしいと懇願する家族を、彼女は受け入れるのでした。

2年ぶりに漢陽へ戻ったギョムは、甥から留守中に起きた色々な事を聞かされます。

比翼堂の賑わい、王の中宗の病気、サイムダンの活躍など……。

一方、サイムダンも漁村の家族の話から、ギョムが漢陽に戻って来た事を知るのでした。

第19話の感想

高麗紙競争で勝ち、名声を得たサイムダンの紙工房は大繁盛し、芸術活動に戻った彼女の活躍が楽しみです。
また、サイムダンを頼ってくる貧しい人々も日増しに増え、費用を顧みず、彼らを受け入れるサイムダンの寛容さも立派です。

しかし、復帰を狙うミン・チヒョンとそれを助けるフィウムダンの動きも気になるところです。

一方、現代で燃やされてしまった金剛山図を巡る騒ぎの行方と、ジユンの夫ミンソクの生死はどうなっているのでしょうか!?

スポンサーリンク

 

次回、第19話では、どんなストーリーが繰り広げられるのかが気になります。

主要な登場人物とキャスト

現代

  • ソ・ジユン(イ・ヨンエ): 韓国美術非常勤講師
  • チョン・ミンソク(イ・ヘヨン): ジユンの夫、ファンドマネージャー。トラブルに巻き込まれ失踪
  • チョン・ウンス(イ・テウ): ジユンとミンソクの息子
  • キム・ジョンヒ(キム・ヘスク): ミンソクの母
  • ミン・ジョンハク(チェ・ジョンファン): 大学教授、ジユンと対立
  • ハン・サンヒョン(ヤン・セジョン): ジユンの後輩
  • コ・へジョン(パク・ジュンミン): ジユンの親友

過去(500年前の朝鮮時代)

  • シン・サイムダン ”申師任堂”イ・ヨンエ、少女時代パク・ヘス): 朝鮮時代の天才画家
  • イ・ギョムソン・スンホン、少年時代ヤン・セジョン): 画家、サイムダンとその天才的な才能を愛する。
  • イ・ウォンス(ユン・ダフン): サイムダンの夫
  • フィウムダン(オ・ユナ): サイムダンのライバル
  • 中宗(チェ・ジョンファン): 朝鮮王、イ・ギョムの友人

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ