サイムダン(師任堂) 韓国ドラマのあらすじ第25話と感想

[最終更新日]2017/11/04

イ・ヨンエ主演、韓国ドラマ「サイムダン 師任堂~色の日記」あらすじ 25話 前回、24話では、宿敵ミン・チヒョンがついに命を落とすも、中宗によって大逆罪に問われたイ・ギョムサイムダンが別れを告げるエピソードが語られました。今回 25話では舞台を現代に戻し、金剛山図の真偽を巡る攻防が描かれます。

サイムダン 第24話視聴率8.3%第25話6.1%という結果でした。

スポンサーリンク

サイムダン(師任堂) 第25話

サイムダン(師任堂)イ・ギョムが涙の別れをした後、ドラマは舞台を現代へ戻します。
冒頭のイタリアの光景で現れるイ・ギョムによく似た青年がカメラを構えているシーン。彼の正体は誰なのか?

現代では、ソ・ジユン(イ・ヨンエ)が、ミン教授らの不正を暴く証拠となる本物の金剛山図を焼かれ、夫のミンソクがソン会長によって拉致され生死不明となるなど深いショックを得ていました。

金剛山図は、その存在が明らかになるとソングループの不正が露呈され困ってしまうミン教授によって焼かれてしまったのです。

しかし、金剛山図は焼失してはいなかったのです!ジユン達の目の前で燃えたのは偽物の画でした!!

RADE(ラッド、古美術品贋作調査団)

ジユンが息子のウンスと共に、傷ついた心を癒すため身を寄せていた実家に親友のへジョンと後輩のサンヒョンが訪ねてきます。

彼らは、最近インターネットに「金剛山図の間違い探し」と言う画像がアップロードされ、これはRADE(古美術品贋作調査団ラッド)からの何かのメッセージではないかと言うのです。

ラッドからのコンタクト

その頃、ジユンに不思議な事が起こります。

何者かが、彼女にメッセージを残し「勇気とは、祈りの中で述べられた恐れである」と記していました。(スイスの神学者、カール・バルトの言葉…1886~1968)

つまり、恐れは恥ずべき事ではなく、祈りを通して真の「勇気」を得、真実に立ち向かいなさいというメッセージらしいのです。

a man in korean costume

韓服を着た男 ルーベンス

photo by japanese.donga.com

また、メッセージが書かれたカードには、韓服を着た男性の西洋線画らしきものが描かれていました。

その風貌はどことなくイ・ギョムに似ています。

その画は、ルーベンスの「韓服を着た男」と言う名前で、モデルは遠く朝鮮からやって来た人物らしいのです。

一方、へジョンサンヒョンは古美術協会に本物の金剛山図のデータと崇信坊日記(師任堂の日記)を持ち込み、真偽鑑定を依頼していましたが、彼らに対するミン教授の妨害工作が続いていました。

反撃開始!

ラッドの人物は、息子のウンスにも接触しますが、その男はカメラを持ったハンサムな顔だったとジユンに告げます。

このところ、ジユンの周りにはカメラで様子を撮影しているらしい不審な人物の影が付きまとっていました。

ラッドは、金剛山図の件で内偵を進めている様子で、大学の学長に出世したミン教授の周囲も探っており、教授に警告文が届けられます。

ジユンはメッセージカードの「韓服を着た男」とルーベンスの関係、ラッド、崇信坊日記など数々の謎に疑念を抱いていました。

ソウルへ出かけたジユンミン教授に宣戦布告。そんな時、彼女にラッドからメールが届きます。

呼び出された場所に現れた男は、世子にそっくり(ノ・ヨンハク演)。

彼は、金剛山図の真偽は、すでに調査を始めていると語るのでした。

第25話の感想

ジユンの前に現れたラッドの男は、ジユンサンヒョンヘジョンの助っ人としてミン学長との戦に力を貸すのか?

朝鮮を出たイ・ギョムは果たしてイタリアに渡ったのか?

スポンサーリンク

 

謎は深まるばかりです。

次回、第26話ではどんな展開が待っているのでしょうか!?

主要な登場人物とキャスト

現代

  • ソ・ジユン(イ・ヨンエ): 韓国美術非常勤講師
  • チョン・ミンソク(イ・ヘヨン): ジユンの夫、ファンドマネージャー。トラブルに巻き込まれ失踪
  • チョン・ウンス(イ・テウ): ジユンとミンソクの息子
  • キム・ジョンヒ(キム・ヘスク): ミンソクの母
  • ミン・ジョンハク(チェ・ジョンファン): 大学教授、ジユンと対立
  • ハン・サンヒョン(ヤン・セジョン): ジユンの後輩
  • コ・へジョン(パク・ジュンミン): ジユンの親友

過去(500年前の朝鮮時代)

  • シン・サイムダン ”申師任堂”イ・ヨンエ、少女時代パク・ヘス): 朝鮮時代の天才画家
  • イ・ギョムソン・スンホン、少年時代ヤン・セジョン): 画家、サイムダンとその天才的な才能を愛する。
  • イ・ウォンス(ユン・ダフン): サイムダンの夫
  • フィウムダン(オ・ユナ): サイムダンのライバル
  • 中宗(チェ・ジョンファン): 朝鮮王、イ・ギョムの友人

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ