サイムダン(師任堂) 韓国ドラマのあらすじ第27話と感想

[最終更新日]2017/11/04

saimdang-e27

photo by: © SBS

イ・ヨンエ主演、韓国ドラマ「サイムダン 師任堂~色の日記」あらすじ 27話 前回、26話では、ソ・ジユン(イ・ヨンエ)が、金剛山図を守ろうとビルの屋上から転落。意識不明の中、時空を超えてサイムダン(師任堂)と対面しました。今回27話では、サイムダンイ・ギョムをイタリアに逃がし、悲しい別れをする場面が描かれます。

サイムダン 第26話視聴率7.8%第27話8.4%という結果でした。

スポンサーリンク

サイムダン(師任堂) 第27話

時空を超えて語り合うサイムダンソ・ジユン
ジユンは、自分がサイムダンの日記と肖像画を遠いイタリアで見つけた事を話します。
そして、イ・ギョムを救う唯一の方法は、彼を朝鮮から逃がす事だと告げるのでした。

ギョムは捕らわれの身で助ける事は不可能だと言うサイムダンジユンは強く励まし、ブレスレットを彼女の腕に巻きます。

その時、ジユンは病院に運び込まれていました。薄れゆく意識の中で、サイムダン「虎の年、5月にインドのゴアを経由してイタリアへ逃がすよう」言い残して現実へ戻っていきます。

ギョム救出作戦開始

朝鮮時代。
サイムダンも意識を取り戻していました。ジユンに貰ったブレスレットを見て、あれが夢ではなかったことを確信します。

サイムダンは世子に会い、昔、中宗が父に渡した詩の最後の写しを渡します。

彼女は、この詩の為に父を始め多くの人たちが命を奪われた事、世に出てはいけない詩だという事を世子に告げ、これを燃やした後、ギョムを助けてくれるよう懇願します。

義賊イム・コッチョンを呼び出したサイムダンは、ギョムを救う方法があると告げ、皆で彼を救おうと呼びかけます。そして、ギョムの味方の人々に協力を頼んで回るのでした。

こうして、密かにギョムを明へ向かう船に乗せる道が開けます。

生きていたミンソク

現代。
金剛山図は奪われてはいませんでした。本物はへジョンサンヒョンがすり替えていたのです!

しかし、ジユンは生死の境を彷徨い続けていました。

ICUのジユンの所に死んだと思われたいた夫のミンソクが現れます。

密かに彼女を見舞い、病院を立ち去ろうとするところをへジョンサンヒョンが見つけ、ミンソクを母親と息子のウンスの元へ送り届けるのでした。

ギョム、朝鮮脱出、イタリアへ

朝鮮時代。
ついにイ・ギョムが流刑地に護送される日がやって来ます。

中宗は王の護衛武官に、途中で道を変えギョムが逃亡した様に見せかけ、殺害するよう命令を下すのでした。
その頃、護送中のギョムを救おうとイム・コッチョンを始め世子達も集結します。

ギョムを乗せた駕籠に追いついた彼らを見た護衛武官はわざとカギを開け、ギョムを逃がした後、自らの命を絶つのでした。

その後、中宗の元に、ギョムの駕籠は車輪が外れ、険しい崖から転落したと報告が届けられます。

波止場で小舟に乗りこむギョムサイムダンが最後の別れをする事に。

サイムダンは、ギョムに、この船で明へ向かう大船に乗り換え、朝鮮を去って、もっと自由な世界で生きて欲しいと告げると、ギョム「比翼の鳥の印鑑」を彼女の首にかけてあげ、涙で別れを惜しみます。

その場をなかなか離れられないギョムを促し、背を向けるサイムダンでした。

明へ無事到着したギョムは、陸路インドのゴアへと向かいます。そして船旅の末、ついに目的地イタリアへたどり着くのでした。

しかし、遠く離れていても、二人の心は固く結ばれていました。

第27話の感想

ジユンの後押しと皆の助けを借りて、イ・ギョムをイタリアへ逃がす事にしたサイムダン(師任堂)には辛い別れが待っていました。しかし、二人の心は距離と時間を超えても、ついに固く結ばれる事になって良かったです。

ビルから転落したジユンは、まだ意識は戻りませんが、奪われたと思った本物の金剛山図は無事なようです。

スポンサーリンク

 

サイムダン~師任堂~色の日記は、次回いよいよ、最終回を迎えます。

どんな結末となるのでしょうか?

主要な登場人物とキャスト

現代

  • ソ・ジユン(イ・ヨンエ): 韓国美術非常勤講師
  • チョン・ミンソク(イ・ヘヨン): ジユンの夫、ファンドマネージャー。トラブルに巻き込まれ失踪
  • チョン・ウンス(イ・テウ): ジユンとミンソクの息子
  • キム・ジョンヒ(キム・ヘスク): ミンソクの母
  • ミン・ジョンハク(チェ・ジョンファン): 大学教授、ジユンと対立
  • ハン・サンヒョン(ヤン・セジョン): ジユンの後輩
  • コ・へジョン(パク・ジュンミン): ジユンの親友

過去(500年前の朝鮮時代)

  • シン・サイムダン ”申師任堂”イ・ヨンエ、少女時代パク・ヘス): 朝鮮時代の天才画家
  • イ・ギョムソン・スンホン、少年時代ヤン・セジョン): 画家、サイムダンとその天才的な才能を愛する。
  • イ・ウォンス(ユン・ダフン): サイムダンの夫
  • フィウムダン(オ・ユナ): サイムダンのライバル
  • 中宗(チェ・ジョンファン): 朝鮮王、イ・ギョムの友人

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ