サイムダン(師任堂) 韓国ドラマのあらすじ第28話 最終回

[最終更新日]2017/11/04

saimdang-e28

photo by: © SBS

イ・ヨンエ主演、韓国ドラマ「サイムダン 師任堂~色の日記」最終回あらすじ 28話 。前回、27話では、イタリアへ逃れたイ・ギョムサイムダンの悲しい別れが描かれ、現代ではソ・ジユンが、ビルの屋上から転落し意識不明となっていました。今回28話では、ジユンがイタリアのボローニャを訪れ、ギョムに生き写しの青年と出会う場面が描かれます。

サイムダン 第28話(最終話)視聴率8.2%(ニールセン・コリア調べ)という結果でした。

スポンサーリンク

サイムダン(師任堂) 第28話

サイムダン師任堂は、中宗の魔の手から逃れ、イタリアへ亡命したイ・ギョム(ウィソン君)の事を偲んでいます。その頃、ギョムサイムダンの事を思い出しながら、創作活動を続けていました。一方、現代では昏睡状態のソ・ジユンの病室をソン美術館のソン館長が訪ねています。

ソン館長は、以前ジユンが語った「自分が本物の金剛山図を持っていて、その事を公表する勇気があるか?」と言う言葉を思い出していました。
ソン館長は、病院でジユンを見守り続けるへジョンサンヒョンに、「本物の金剛山図の存在」を世に明らかにし、ジユンがくれた最後のチャンスを守りたいと語り掛けます。

一方、ソングループのソン会長は、ミン学長「金剛山図」を焼かなかった事をを知り、この事が知られると自分達は破滅すると激しくミン学長を非難していました。

衝撃の記者会見

ジユンの味方側に付いたソン館長は記者会見を開き、本物の金剛山図にまつわる話を洗いざらいぶちまけます。また、隠しマイクで盗聴、隠しカメラで録画したソン会長とミン学長の悪事の数々をことごとく公表したのです。そして、自分も美術館に展示されていた金剛山図が偽物である事を知りながら、色々な形で利用してきたことを懺悔するのでした。

また、ソン館長は、「本物の金剛山図はソ・ジユンが持っており、サイムダンの日記も一緒に発見した」こと、ミン学長ジユンを脅かし、本物の金剛山図を奪うため、彼女の殺害まで企てた」こと等すべてを暴露します。

こうして、ソン会長ミン学長は警察に逮捕される事に。

全てが白日の下に晒されていた頃、病院ではジユンが意識を取り戻していました。傍には夫のミンソクの姿が……。
二人はお互いの無事を喜び涙を流すのでした。
意識が戻ったジユンの元に、家族、へジョン、そしてサンヒョンが駆けつけ感涙にむせびます。

遠く離れて

朝鮮時代。
サイムダンは、健康を害していました。しかし子供達の前では元気な姿を見せ、自分達を置き去りにした父親を憎む子供達に「それでも、あなた方の父親です」と語り掛けるのでした。

人知れず田舎で暮らすフィウムダンの元に息子たちが訪ねて来ます。サイムダンが居場所を息子たちに教えたのでした。
フィウムダンと息子たちは涙を流して、やっと再会できた喜びを噛みしめます。

その頃、イタリアのギョムは、サイムダンの事が恋しくてたまらず、酒に溺れるようになっていました。そして、イタリアにサイムダンがいて幸せな時間を共に過ごしている幻まで見るのでした。

時を超えた再会

現代。
ジユンは家族と一緒に「師任堂思親詩碑」を訪れていました。記念館の中でサイムダンゆかりの展示物を観たりして楽しい時間を過ごします。へジョンサンヒョンも合流して一緒に食事をし、平穏な幸せを噛みしめていたのです。

その後、ジユンはイタリアのボローニャに飛び、以前訪ねた洋館を訪れます。

ジユンは洋館の中で、自分を見つめるイ・ギョムの幻を見る事に!

思わず駆け寄るジユンですが、彼の姿はかき消えてしまいます。

その後、ジユンは庭である若い男性と出会う事に。その男性は、ギョムに生き写しでした!

見つめ合い微笑み合う二人……。心に通い合うものを感じますが、そのまま何事もなく別れる事に。

何百年もの時を超え、この世に転生したサイムダンギョムが再会したのでした!?

美しい夕暮れの中、手を取り合うサイムダンギョムの姿がロマンチックに描き出され、ドラマは幕を閉じます。


スポンサーリンク

第28話の感想

ついに最終回。朝鮮時代ではついに結ばれる事の出来なかったサイムダンイ・ギョムの魂が、何百年もの時を超え、イタリアで結ばれる事になりました。

現代でも、本物の金剛山図の存在が明かされ、ジユンを苦しめた数々のトラブルが一挙に解決し、再び平和で幸福な時間が帰ってきます。

サイムダン~師任堂~色の日記は、サイムダンギョムの悲恋物語で幕を明けましたが、画に描いたようなハッピーエンドではなかったものの、感激のエンディングが用意されていて、ほっとするような気持ちでドラマを観終える事ができました。

主要な登場人物とキャスト

現代

  • ソ・ジユン(イ・ヨンエ): 韓国美術非常勤講師
  • チョン・ミンソク(イ・ヘヨン): ジユンの夫、ファンドマネージャー。トラブルに巻き込まれ失踪
  • チョン・ウンス(イ・テウ): ジユンとミンソクの息子
  • キム・ジョンヒ(キム・ヘスク): ミンソクの母
  • ミン・ジョンハク(チェ・ジョンファン): 大学教授、ジユンと対立
  • ハン・サンヒョン(ヤン・セジョン): ジユンの後輩
  • コ・へジョン(パク・ジュンミン): ジユンの親友

過去(500年前の朝鮮時代)

  • シン・サイムダン ”申師任堂”イ・ヨンエ、少女時代パク・ヘス): 朝鮮時代の天才画家
  • イ・ギョムソン・スンホン、少年時代ヤン・セジョン): 画家、サイムダンとその天才的な才能を愛する。
  • イ・ウォンス(ユン・ダフン): サイムダンの夫
  • フィウムダン(オ・ユナ): サイムダンのライバル
  • 中宗(チェ・ジョンファン): 朝鮮王、イ・ギョムの友人

関連記事

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ