韓国ドラマ『第5共和国』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『第5共和国』

1979年10月26日、キム・ジェギュ中央情報部長がパク・チョンヒ大統領とチャ・ジチョル警護室長を暗殺した実話からストーリーが始まる。

タイトル:第5共和国
ジャンル:政治ドラマ
キャスト:
イ・ドクファ、キム・ヨンラン、ソ・インソク、ソン・オクスク
テレビ局:MBC
公式サイト http://www.imbc.com/broad/tv/drama/5republic/index,1,0,0.html
話数:41話
最高視聴率:17.9%
2005年作品

 

出演者関連・参考サイト ※別のサイトへ飛びます

 

みどころ:

1979年10月26日、キム・ジェギュ中央情報部長がパク・チョンヒ大統領とチャ・ジチョル警護室長を暗殺した実話からストーリーが始まる。


[スポンサーリンク]


あらすじ:

1979年。
当時の大統領であるパク・チョンヒ(イ・チャンファン)によって軍事独裁政権を支えていた中央情報部、警護室、保安司令部の三大組織のトップによる権力争いは熾烈を極めていました。

 

遂には、民主化運動の抑制について、情報部部長のキム・ジェギュ(キム・ヒョンイル)は大統領に進言するのですが、大統領は全く聞く耳を持たず、警護室長パク・チョンヒ(チョン・ホグン)の意見を肯定することに。

 

行き詰ったキム・ジェギュは、二人の暗殺を決意するのでした。

 

パク・チョンヒとパク・チョンヒ大統領を殺害したキム・ジェギュは、現場を配下の者で固めて、情報が漏れる事を恐れ、同じ建物内に居合わせた陸軍参謀総長・チョン・スンファ(パク・イナン)らと一緒に陸軍本部へと向かうことにしました。

 

大統領暗殺が発覚する前に戒厳令を発令し、事態を掌握しようと画策するキム・ジェギュでしたが・・・。

 

登場人物:

チョン・ドファン(イ・ドクファ)
保安司令官、第11・12代大統領

 

イ・スンジャ(キム・ヨンラン)
チョン・ドファンの妻

 

ノ・テウ(ソ・インソク)
第9師団長、少将、第13代大統領

 

キム・オクスク(ソン・オクスク)
ノ・テウの妻

 

情報掲載サイト
・KNTV < http://www.kntv.co.jp/prog/dra/p0213.php >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング