韓国ドラマ『サンドゥ、学校へ行こう』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『サンドゥ、学校へ行こう』

今や韓国のトップアーティストとなったピ(Rain)が、病弱な娘を抱えた未婚の父を好演。

タイトル:サンドゥ、学校へ行こう
ジャンル:ラブストーリー
キャスト:
Rain(ピ)、コン・ヒョジン、イ・ドンゴン、ソン・ミンジュ
テレビ局:KBS
公式サイト http://www.kbsworld.ne.jp/drama/detail.php?cno=323
話数:16話
最高視聴率:-
2003年作品

 

みどころ:

今や韓国のトップアーティストとなったピ(Rain)が、病弱な娘を抱えた未婚の父を好演。


[スポンサーリンク]


あらすじ:

2003年、ソウル・・・。
27歳になるチャ・サンドゥ(Rain(ピ))は、お金持ちのマダム専門にしている「ツバメ」をしていました。

 

全ては売れないモデルのハン・セラとの間に生まれた子供のチャ・ポリ(ソン・ミンジュ)の入院費用の為だったのです。

 

ところが、サンドゥには15年前に愛していた今でも忘れられない女(ヒト)がいたのです・・・。

 

同じ27歳のチェ・ウナン(コン・ヒョジン)は、高校の数学の教師をしていました。
カン・ミンソク(イ・ドンゴン)という医者の恋人がいて、何もかも順調な生活を送っていました。
そう、彼女こそがサンドゥの愛した女(ヒト)だったのです。

 

サンドゥには、ツバメの仕事を一緒にしているサギ師の叔父がいました。
その叔父が援助交際斡旋のターゲットにしてしまったのが、高校生に変装したウンファンだったのです。

 

証拠に写メールを撮るウンファン。
叔父の代わりにその携帯を奪い返す為に、追いかけるサンドゥ。

 

しかしサンドゥから追われる途中に、ウンファンは車に轢かれてしまうのでした。
涙を流して、自分の運命を恨むサンドゥ・・・。
その後、ウンファンが無事であるとを知ったサンドゥは、ポリの病院に赴任したミンソクに対抗意識を燃やして、ウンファンへの接近を試みるのですが・・・。

 

登場人物:

チャ・サンドゥ(Rain(ピ))
詐欺師、未婚の父

 

チェ・ウナン(コン・ヒョジン)
高校教師、サンドゥの初恋の人

 

カン・ミンソク(イ・ドンゴン)
医者、ウナンの恋人

 

チャ・ポリ(ソン・ミンジュ)
サンドゥの娘、難病、ミンソクの患者

 

情報掲載サイト
・KNTV < http://www.kntv.co.jp/prog/dra/p0071.php >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング