韓国ドラマ『ベートーベン・ウィルス』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『ベートーベン・ウィルス』

一般公募で集められた個性派楽団員たちと音楽界で知らない人はいないほどの実力の持ち主だが、激烈な性格のマエストロ、カン・マエ が、クラシックオーケストラ結成という一つの夢に向かって奮闘していく。

タイトル:ベートーベン・ウィルス
ジャンル:ラブストーリー
キャスト:
キム・ミョンミン、チャン・グンソク、イ・ジア、イ・スンジェ
テレビ局:MBC
公式サイト http://www.so-netme.co.jp/adtv/content/kd_SO0000001640.html
話数:18話
最高視聴率:17.7%
2008年作品

 

出演者関連・参考サイト ※別のサイトへ飛びます

 

 

みどころ:

一般公募で集められた個性派楽団員たちと音楽界で知らない人はいないほどの実力の持ち主だが、激烈な性格のマエストロ、カン・マエ が、クラシックオーケストラ結成という一つの夢に向かって奮闘していく。


[スポンサーリンク]


あらすじ:

ソクラン市庁文化芸術課勤務の公務員ルミ(イ・ジア)が、締切りの10分前に提出され採用になった企画「プロジェクト・オーケストラ」。

 

しかしその資金が横領されてしまい、プロの楽団員たちはこの企画から去ってしまう。

 

なんとしてもこの公演を果たそうと別の楽団員を集めようとルミは奔走しますが、地下鉄でトランペットを演奏する警察官のカン・ゴヌ(チャン・グンソク)に出会って楽団に勧誘する。

 

そしてやっと寄せ集めた楽団員の指揮者として迎えるのは「オーケスト・キラー」のカン・マエ(キム・ミョンミン)だとルミは他の団員たちに発表する。

 

空港に着いたマエを迎えたルミ。

 

マエは神経質で頑固な性格をゴヌの部屋へと連れて行きます。
一人で住みたいと言うマエと、同じく一緒に住むことを嫌がっているゴヌを何とかなだめて一緒に住まわせることにしたルミ。
練習の初日、寄せ集めた楽団員たちを見て憤慨し、辞めると言い出すマエ。
何とか資金を集めるために街頭で演奏するルミとゴヌに、マエから愛犬のトーベンの様子がおかしいと電話が入る・・・。

 

登場人物:

カン・マエ(キム・ミョンミン)
世界的指揮者、飼い犬はトーベン

 

カン・ゴヌ(チャン・グンソク)
天才音楽家、トランペット担当、元警察官

 

トゥ・ルミ(イ・ジア)
オーケストラ楽長、バイオリン担当、公務員

 

キム・ガプヨン(イ・スンジェ)
オーボエ担当、元ソウル市響

 

情報掲載サイト
・テレビ東京 < http://www.tv-tokyo.co.jp/beethoven_virus/ >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング