韓国ドラマ『笑ってお母さん』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『笑ってお母さん』

『妻の誘惑』の脚本家が贈る三つの家族の物語 強くやさしく、そして激しい母と娘の愛憎劇

タイトル:笑ってお母さん
ジャンル:愛憎劇
キャスト:
イ・ミスク、カン・ミンギョン、イ・ジェファン、ユン・ジョンヒ
テレビ局:SBS
公式サイト http://www.kntv.co.jp/prog/detail/?p=22355
話数:50話
最高視聴率:15%
2010年作品

 

みどころ:

『妻の誘惑』の脚本家が贈る三つの家族の物語 強くやさしく、そして激しい母と娘の愛憎劇


[スポンサーリンク]


あらすじ:

“カンヌ国際映画祭”の女優賞を受賞したシン・ダルレ(カン・ミンギョン)と母親のチョ・ボッキ(イ・ミスク)は、栄光の絶頂期にあった。

 

そして韓国で祝賀レセプション中に、婚約者や家族、そしてマスコミの目の前でダルレは衝撃の行動に出ます。

 

その二年前、ボッキは娘ダルレを女優に育てる為に余念がなく、ダルレはその母親からの期待に息苦しさを感じていました。

 

カン・シニョン(ユン・ジョンヒ)は国会議員を目指していた夫のシン・モル(イ・ジェファン)を支えて忙しい日々を送っていました。

 

ある日、ボッキはダルレのことを侮辱した女優をやりこめるのですが、怒ったその女優は演技にかこつけてダルレに何度も平手打ちを食らわす。

 

ボッキはその女優と取っ組み合うのですが、モーニングショーのクルーと揉み合い、カメラを壊してしまいます。

 

カメラを壊した事によってダルレは、ドラマから降板させられますが、トップ歌手のマックのミュージックビデオ主演の話が舞い込みます。

 

制作費を出すことが出演の条件でしたが、ボッキは自分の貴金属を売ってお金を工面することに。

 

その後マックはダルレをもて遊ぼうとしますが拒まれた為、ダルレを降板させます。

 

ユン・ミンジュは准教授の昇進がライバル男性教員に決まったことに落胆してしまい、落選理由を学科長に問いただすのですが、学科長の侮辱的な言葉に腹を立ててしまい、酔った勢いで学科長室のドアを破損させてしまう。

 

窮地に立たされてしまったミンジュを助手のイ・ガンソが救うのですが・・・。

 

登場人物:

チョ・ボッキ(イ・ミスク)
娘に全てを捧げる母親

 

シン・ダルレ(カン・ミンギョン)
ボッキの娘、女優、飼い犬はチャールズ

 

シン・モル(イ・ジェファン)
ボッキの息子、ダルレの兄、議員補佐官

 

カン・シニョン(ユン・ジョンヒ)
モルの妻、翻訳家

 

情報掲載サイト
・BSフジ < http://www.bsfuji.tv/unmeinoyuuwaku/ >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング