韓国ドラマ『嵐の女』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『嵐の女』

一人の男の妻で、子どもの母として平凡な幸せを夢見ていた女が、ある日夫に裏切られ、娘が校内暴力の被害者になったことで富と権力という巨大な嵐に立ち向かって戦うために、自ら嵐になるという内容を描いたドラマ。

タイトル:嵐の女
ジャンル:愛憎劇
キャスト:
パク・ソンヨン、コ・ウンミ、ヒョン・ウソン、チョン・チャン
テレビ局:MBC
公式サイト http://www.imbc.com/broad/tv/drama/wos/
話数:140話
最高視聴率:16.3%
2014年作品

 

みどころ:

一人の男の妻で、子どもの母として平凡な幸せを夢見ていた女が、ある日夫に裏切られ、娘が校内暴力の被害者になったことで富と権力という巨大な嵐に立ち向かって戦うために、自ら嵐になるという内容を描いたドラマ。


[スポンサーリンク]


あらすじ:

愛する夫ムヨンと娘の三人で幸せに暮らしていたジョンイム(パク・ソンヨン)。

 

一方、愛がない政略結婚をしていた夫のヒョンソン(チョン・チャン)との夫婦関係が完全に冷え切っていたヘビン(コ・ウンミ)。

 

ヘビンはある日、旅行で行った済州島で、死んだはずの昔の恋人に似ているムヨンと出会います。

 

そのムヨンが、自分の夫が経営する会社「KPグループ」の社員だと知り、ヘビンはムヨンに愛人になってほしいとお願いするのでした。

 

その後、ヘビンはムヨンが親友ジョンイムの夫だと知るのですが、二人は愛人関係となってしまいます。

 

ジョンイムの今までの幸せは、親友であるヘビンと夫のムヨンの裏切りにより、嵐のように崩れ去ってしまうのでした。

 

そんな中でジョンイムは、追っ手から逃げているヒョヌ(ヒョン・ウソン)とぶつかってしまい、その後ヒョヌはジョンイムと同じ店で働くことになります。

 

ジョンイムは、ヒョヌと一緒に、嵐になって運命に立ち向かうのですが・・・。

 

登場人物:

ハン・ジョンイム(パク・ソンヨン)
主婦、スーパーのバイト

 

ト・ヘビン(コ・ウンミ)
ジョンイムの友人

 

パク・ヒョヌ(ヒョン・ウソン)
ヘビンの義弟、映画監督志望

 

パク・ヒョンソン(チョン・チャン)
ヘビンの夫、ヒョヌの兄

 

情報掲載サイト
・ホームドラマチャンネル < http://www.homedrama-ch.com/special/arashinoonna >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング