韓国ドラマ『死六臣』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『死六臣』

首陽大君(スヤンテグン)の王位簒奪に反対し、端宗復位を試みて死を迎える歴史的な事件を扱った作品。

タイトル:死六臣
ジャンル:歴史
キャスト:
パク・ソンウク、キム・リョナ、チョ・ミョンエ、キム・スイル
テレビ局:KBS
公式サイト http://www.kbsworld.ne.jp/drama/detail.php?cno=49
話数:24話
最高視聴率:-
2007年作品

 

みどころ:

首陽大君(スヤンテグン)の王位簒奪に反対し、端宗復位を試みて死を迎える歴史的な事件を扱った作品。


[スポンサーリンク]


あらすじ:

朝鮮王朝の第4代世宗治世末期の頃、王位継承の問題を巡って王宮内には暗く重い雲が掛かり始めていました。

 

そしてもう30歳を過ぎたが、いまだに跡継ぎがいない王世子のイヒャンの病状は日に日に悪化していく・・・。

 

病弱なイヒャンに跡継ぎがいないことによって長男、初孫と続いていく王位継承の原則を守れなくなってしまった世宗は、止むを得ず王世子の弟の首陽大君に大計を定めさせることを決心するのでした。

 

一方で首陽大君は、土地調査の為に巡視に出掛けた南部地方で、海岸周辺を奇襲した倭寇たちを鎮圧していました。

 

ところが、結局王世子妃のクォン氏が息子を産んで嫡流系統の王世孫が誕生し全ての状況が急変する。

 

王世孫の誕生の知らせを受けて、急遽、首陽大君は王宮に戻りますが、動揺を隠せません。

 

世間では二番目の子供が国を継ぐのでは?という噂が流れてしまい、臣下たちも病弱な王世子や、まだ生まれて間もない王世孫に比べて、あまりにも強い首陽大君の力に危機感を抱き始めるのですが・・・。

 

登場人物:

ソン・サンムン(パク・ソンウク)
集賢殿の学士。

 

チョン・ソヨン(キム・リョナ)
チョン・モンジュの庶孫。

 

ク・ソルメ(チョ・ミョンエ)
山の頭領ク・セチャンの娘。

 

キム・ジョンソ(キム・スイル)
ク・ソルメの養父。

 

情報掲載サイト
・コリタメドットコム < http://www.koretame.com/products/detail13485.html >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング